関連資料・リリース情報

「産業保健への支援の在り方に関する検討会 報告書の取りまとめ」

「産業保健への支援の在り方に関する検討会 報告書の取りまとめ」
(厚生労働省/2011年10月5日)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001qjfu.html

産業保健への支援の在り方に関する検討会報告書 概要(PDF)
産業保健への支援の在り方に関する検討会報告書(PDF)

○ ポイント
・職場での産業保健活動を支援するために、都道府県産業保健推進センターにて、産業医などの産業保健関係者を対象に相談、研修等が実施されているが、国の事務・事業の見直しにより、同センターの統廃合などによる運営の効率化が求められている。一方で、職場におけるメンタルヘルス問題が大きな課題となっている。

・労働者数50人未満の小規模事業場は、労働者への産業保健サービスを独自で提供することが困難であり、支援を強化して、健康管理水準の向上やメンタルヘルス対策の充実をはかる必要がある。

・都道府県産業保健推進センターの集約後も、現在の支援サービスが低下しないよう配慮が必要。メンタルヘルス対策支援センターの支援活動は、地域産業保健センターと連携し、地域産業保健センターは地域のニーズを踏まえた、きめ細かいサービスを提供する必要がある。

・将来的には、この3つの事業に労働基準行政機関等が加わり、総合調整を行いながら都道府県単位で統括的に運営される必要がある。

(厚生労働省/2011年10月5日)

[soshinsha]
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶