関連団体の活動

日本健康運動研究所

日本健康運動研究所ホームページ
日本健康運動研究所ホームページ

はじめに

菅野 隆
代表 菅野 隆

 生涯を通して自分自身、そして家族が、「健康で、幸福に暮らす」ということは、誰しもの願いだと思います。それを叶えるための大事な要素のひとつが、「運動(<身体活動)を無理なく生活の中で習慣化すること」であると、確実に言える時代になりました。

 切実な健康問題として、生活習慣病であるメタボリックシンドロームはもとより、高齢者の介護問題に直結するロコモティブシンドロームを含んだ、腰痛・肩こりなどの身体的痛みや不定愁訴、さらには、うつ・自律神経失調症などの心の病に至るまで、現在多くの方が直面している健康問題の予防と改善には、「無理なく適度な運動(<身体活動)を自然に、当たり前に行う」ことが必要不可欠なのです。このことは、世界的に研究され、多くのエビデンス(科学的根拠)に裏付けられています。

 しかし、多くの方は運動を生活習慣として実践することが大事だと頭では分かっていても、なかなかそこまでの時間、体力、精神的余裕がないとか、実際に、“どのような”運動を“どれぐらい”行うと効果的なのかなどが分らないとか、既に行っているという方でも、誤った運動方法で行ってしまっているなどの状況が多々見受けられます。

 ネットやテレビ、雑誌には様々な健康情報があふれ、健康運動の方法等も、多々紹介されてはいるのですが、そのほとんどが流行的、断片的であり、それを体系立てて、原理原則を分かりやすく情報提供している媒体やコンテンツがありそうでないというのが現状ではないでしょうか。

 そこで、“運動と健康の関係をより根本的に、シンプルに、その原理原則を提示し、日常生活に簡単に取れ入れることができる運動方法や運動プログラムを研究開発し、一般の方や、健康や運動について指導する立場にある方々にお役立ていただきたいというコンセプトのもと、「日本健康運動研究所」が設立されました。

主 催

日本医療・健康情報研究所
株式会社健康創研

設立

2007年10月設立

設立目的

  1. 心身を快適にし、疾病の予防・改善に効果的な日常生活の中での、無理のない運動方法についての研究開発とその方法を公開、提供する。
  2. 病態、症状、目的別に分けて、写真でわかりやすく、シンプルに具体的な運動方法を提示するとともに、運動と健康の関係について原理原則を探求、明確化し、提示する。
  3. 生活の中で運動実践を習慣化するための具体的方法について探求、創意工夫し、その方法について提案する。

活動概要

  1. ホームページを中心とする情報提供
  2. 運動分野を通しての生活習慣病予防・改善の指導、監修
  3. 運動と健康に関する啓発運動の協力・協賛
  4. その他

事務局・お問合せ

〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-11 第7東洋海事ビル8階(株)創新社内 TEL.03-5521-2881 FAX.03-5521-2883 E-mail;info@jhei.net

日本健康運動研究所ホームページ ▶

最新ニュース

2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用
2019年03月25日
【新連載】住み慣れた地域で最期まで暮らすことを目指した「暮らしの保健室」~医療・看護・介護を通じた住みよいまちづくりの試み~
2019年03月25日
地域保健・健康増進事業報告②~健康診査についてなど「健康増進事業」の概要
2019年03月22日
2017年度 特定健診の実施率は53.1%、特定保健指導の終了者は19.5% 目標との隔たり埋まらず
2019年03月22日
【健やか21】春本番、自転車の思わぬ事故に注意! ~安全のために知っておきたいポイント~
2019年03月20日
運動は若さを保つための最善の策 40歳以降は筋肉を増やす運動が必要
2019年03月20日
糖尿病リスクはBMIが22以上から上昇 若い頃からの体重管理が重要 順天堂大学
2019年03月20日
保健指導と介護予防を一体的に実施 フレイル対策を強化 厚労省が方針
2019年03月20日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
2019年03月20日
長時間労働が心筋梗塞リスクを1.6倍に上昇 日本人1.5万人を20年調査
2019年03月20日
歯周病がCOPDの引き金に 歯周病の人は発症リスクが4倍に上昇
2019年03月19日
地域保健・健康増進事業報告①~母子保健など「地域保健事業」の概要
2019年03月14日
【健やか21】募集開始!周産期メンタルヘルスと児童虐待予防セミナー
2019年03月14日
保健師の職業紹介番組を放映(テレビ神奈川、3/17)
2019年03月14日
「産業保健プロフェッショナルカンファレス」主催者変更のお知らせ
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
【新連載】LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月12日
【参加申込受付中】産業保健師会 2019年度 第1回研修会「産業保健師活動のあり方の本質に迫る―今どきの職場不適応の背景とその対応―」
2019年03月08日
睡眠に不満がある人は9割超―求められる十分な睡眠時間と質の高い眠り
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月07日
【健やか21】世界自閉症啓発デー2019(4/6東京) 参加申込み受付中
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年03月06日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶