働く人のがん対策
働く人のがん対策
現在、がんは生涯のうち2人に1人が罹患する確率があり、そのうち3人に1人は就労期間中にがんになるとされています。就労世代の死因は、がんと自殺が多い中、がん対策については保健指導担当者の対応が遅れているのが現状です。法制度や社会保障について、職場復帰など、働く人のがん対策の情報を掲載しています。

「働く人のがん対策」に関するニュース

2017年11月22日
女性の6割は「乳がんを発症しても働く」 パートナーは「治療優先」希望
2017年11月08日
「第3期がん対策推進基本計画」目標受診率を50%に ゲノム医療も推進
2017年11月08日
血液検査で「9割」のがんを判別 膵臓、大腸、前立腺、乳、子宮体がん
2017年11月01日
高齢者に手厚い社会保障 「全世代型」の社会保障へ転換を 厚労白書
2017年11月01日
お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意 飲み過ぎると怖い「がんリスクの上昇」
2017年11月01日
がんを発症した女性の仕事と治療の両立 「柔軟に働ける制度」が必要
2017年10月25日
「乳がん」早期発見のきっかけはセルフチェック 定期的な検診が決め手
2017年10月25日
日本人の最大規模の「バイオバンク」を構築 長寿医療研究センターなど
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的

もっと見る ▶

「働く人のがん対策」に関する資料

2017年10月27日
肝がんと放射線被ばくに関する医学的知見を公表
2017年10月25日
「がん対策推進基本計画」の変更について
2017年10月02日
「治療と仕事の両立支援」のキャラクターを決定しました
2017年09月22日
2016年 国民健康・栄養調査の結果
2017年09月12日
第3回職域におけるがん検診に関するワーキンググループ
2017年08月08日
2017年度 健康増進普及月間の実施について
2017年07月28日
第2回職域におけるがん検診に関するワーキンググループ 資料
2017年07月10日
規格不適合の防じんマスクの流通が判明
2017年07月10日
第1回職域におけるがん検診に関するワーキンググループ 資料
2017年06月12日
第22回がん検診のあり方に関する検討会 資料

もっと見る ▶

「働く人のがん対策」に関するオピニオン

連載・特集「オピニオン/保健指導あれこれ」 一覧へ ▶

基本情報

各種資料・その他

相談・医療機関

その他

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,587 人(2017年11月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶