関連資料・リリース情報

2020年版「日本人の食事摂取基準」報告書

「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書

 このたび厚生労働省は、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」策定検討会報告書を取りまとめ公表した。

 主な改定のポイントは以下のとおり。

○活力ある健康長寿社会の実現に向けて
・きめ細かな栄養施策を推進する観点から、50歳以上について、より細かな年齢区分による摂取基準を設定。
・高齢者のフレイル予防の観点から、総エネルギー量に占めるべきたんぱく質由来エネルギー量の割合(%エネルギー)について、65歳以上の目標量の下限を13%エネルギーから15%エネルギーに引き上げ。
・若いうちからの生活習慣病予防を推進するため、以下の対応を実施。
 - 飽和脂肪酸、カリウムについて、小児の目標量を新たに設定。
 - ナトリウム(食塩相当量)について、成人の目標量を0.5 g/日引き下げるとともに、高血圧及び慢性腎臓病(CKD)の重症化予防を目的とした量として、新たに6g/日未満と設定。
 - コレステロールについて、脂質異常症の重症化予防を目的とした量として、新たに200 mg/日未満に留めることが望ましいことを記載。

○EBPM(Evidence Based Policy Making:根拠に基づく政策立案)の更なる推進に向けて
・食事摂取基準を利用する専門職等の理解の一助となるよう、目標量のエビデンスレベルを対象栄養素ごとに新たに設定。

(厚生労働省/2019年12月24日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2020年05月22日
「新型コロナウイルスの関連情報(地域保健・学校保健)」
2020年05月22日
「新型コロナウイルスの関連情報(産業保健)」
2020年05月11日
新型コロナに関する代表的な労務問題について「新型コロナ労務Q&A」ページを開設
2020年05月01日
令和元年度11月「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表
2020年04月21日
「いのちのほっとライン@かながわ」LINE相談を開始
2020年04月15日
「緊急解説:人事が取り組む新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)対策」を掲載
2020年04月13日
「事業場におけるメンタルヘルス対策の取組事例集~いきいきと働きやすい職場づくりに向けて~」を公開
2020年03月19日
「不妊治療と仕事の両立に関するマニュアルとハンドブック」を作成
2020年03月13日
「糖代謝異常者における循環器病の診断・予防・治療に関するコンセンサスステートメント」を公開
2020年03月04日
「健康経営銘柄2020」に40社を選定

「産業保健」に関するニュース

2020年05月21日
「健康診断・健康相談・ストレスチェックに潜む問題点 健康情報の管理と守秘義務」産業保健と看護 2020年3号
2020年05月19日
糖類の多い甘い飲み物を1日1杯飲むだけで、糖尿病や心臓病のリスクが上昇 低カロリー甘味料は効果的
2020年05月19日
【新型コロナウイルス】メンタルヘルス危機を乗り越えるために多くの対策が必要 WHOが強調
2020年05月19日
「職場のがん対策を考える」へるすあっぷ21 5月号
2020年05月18日
【新型コロナウイルス】経団連が「感染予防対策ガイドライン」を発表 職場の"新しい様式"を作る必要が
2020年05月18日
【新型コロナウイルス】COVID-19の迅速診断法の開発に成功 唾液から25分で判定でき、機器も不要
2020年05月18日
高性能マスクの開発に着手 再使用が可能でウィルス除去効果の高いマスクを 名古屋大など
2020年05月18日
【新型コロナウイルス】オゾンでウイルスを1万分の1に不活化 除菌が効率良くできるように
2020年05月15日
【健やか21】「妊娠中の女性労働者の新型コロナウイルス感染症に関する母性健康管理措置」の適用について
2020年05月13日
【新型コロナウイルス】健康な食事スタイルを維持するために 国連食糧農業機関(FAO)がアドバイス

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶