関連資料・リリース情報

墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン

墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン

◆高所からの墜落が原因の労働災害防止を推進

 このガイドラインの内容は、関係政省令等や、2017年6月13日に取りまとめた検討会報告書等を踏まえて、墜落制止用器具を使用して行う作業の適用範囲や、墜落制止用器具の選定、使用方法、点検・保守・保管、廃棄方法等で構成したもの。

<主な内容>
1 ガイドライン策定の趣旨や適用範囲、用語の説明
2 墜落制止用器具(フルハーネス型、胴ベルト型)の選定
3 墜落制止用器具を安全・適切に使用するための方法
4 墜落制止用器具の点検・保守・保管方法(点検結果などの記録)
5 廃棄基準:衝撃がかかった器具、点検時に異常があったものなどの不使用
6 特別教育:安全に作業を行うための学科科目や実技科目の受講

(厚生労働省/2018年6月22日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2021年11月29日
「第10回 健康寿命をのばそう!アワード」受賞企業・団体・自治体決定
2021年11月25日
アプリ「みんチャレ」を特定保健指導に活用する臨床研究を開始
2021年11月24日
「不妊治療を受けやすい休暇制度等導入支援セミナー」配信中
2021年11月24日
健康経営の効果予測が可能な「LifeMark 健康経営ソリューション」販売開始ーアルゴリズムを東京大学川上研究室と共同開発
2021年11月22日
「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する職域接種向け手引き(第4.1 版)」を公開

「産業保健」に関するニュース

2021年11月30日
牛乳やヨーグルトなどの乳製品が高齢者の骨折や転倒のリスクを減少 カルシウムとタンパク質を十分に摂ることが大切
2021年11月30日
内臓脂肪が多いと認知症リスクが上昇 脳の異常も発生 内臓脂肪を減らせばリスクを減らせる
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大の影響で食生活も変化 食育への関心は高いが実行がともなわない 食育を紹介したピクトグラムを作成
2021年11月30日
【新型コロナ】医療機関の受診控えにより、がん発見が大幅に減少 胃がんでは男性11.3%、女性12.5%減少 適切なタイミングの受診が重要
2021年11月30日
【新型コロナ】感染拡大で価値観を揺るがされ抑うつや不安に 感染対策に協力できているという達成感が救いに

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶