関連資料・リリース情報

「マタニティマークは3月10日で11周年を迎えます」

「マタニティマークは3月10日で11周年を迎えます」
(厚生労働省/2017年3月9日)

 平成18年3月に母子保健の国民運動計画「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保をめざし発表した「マタニティマーク」は、誕生から11周年を迎える。

 厚生労働省は、これまでのマタニティマークに関する取組を振り返るとともに、これからの10年に向けた取組を進めていくため「マタニティマーク ファクトブック」を作成した。

 厚生労働省では、ホームページや政府広報などさまざまな機会・ルートを通してマタニティマークを広めるとともに、公共機関や職場などに取組への協力をお願いすることで、引き続き妊産婦さんにやさしい環境づくりを進めていくとしている。

(厚生労働省/2017年3月9日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「地域保健」に関する資料・リリース

2022年09月28日
Withコロナの新たな段階への移行に向けた全数届出の見直しについて
2022年09月26日
令和3年(2021)人口動態統計(確定数)の概況
2022年09月22日
よく寝た子は食いしばらない エコチル調査から見えた乳幼児期の睡眠時間と歯ぎしり癖との関連
2022年09月22日
「児童虐待防止対策の更なる推進について」を決定しました
2022年09月20日
令和4年版厚生労働白書-社会保障を支える人材の確保-

「地域保健」に関するニュース

2022年09月30日
10月1日から「産後パパ育休」「育児休業の分散取得」を開始-改正育児・介護休業法
2022年09月26日
【社会生活基本調査】男性の家事・育児などの時間は過去最長 でも女性はその4倍に 「男性中心型社会」からの脱却が必要
2022年09月26日
【特定健診】健診の無償化に受診促進の効果が 「若年層や低所得層への受診促進策も必要」
2022年09月26日
保健指導では規則正しい生活リズムを重視 活動的な高齢者は幸福を感じやすく認知能力も高い
2022年09月26日
肥満・メタボ改善のためのウォーキングは1日1万歩が必要? 2000歩増やしただけでも健康効果が

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶