ニュース

お酒を飲むと赤くなる人は大腿骨の骨折に注意 リスクが2.5倍に

 慶應義塾大学の研究グループは、お酒を飲むと赤くなりやすい遺伝子をもつ人は、ふだんの飲酒量に関係なく、骨粗鬆症による「大腿骨近位部骨折」を起こしやすくなることを明らかにした。
 ビタミンEを摂取すると、予防の効果を得られる可能性があるという。
「大腿骨近位部骨折」が寝たきりや要介護の原因に
 遺伝的にお酒を飲むと赤くなりやすい体質の人は、骨粗鬆症による「大腿骨近位部骨折」を起こしやすいことを、慶應義塾大学の研究グループが明らかにした。

 大腿骨は、体を支えている体の中でもっとも大きい骨で、その骨が脚の付け根付近で折れてしまうのが「大腿骨近位部骨折」だ。

 大腿骨は股関節の近くにある大腿骨頸部で曲がっている。その曲がった部分は転倒や転落の時に外力が集中しやすく、骨折しやすい。

 この骨折は、骨粗鬆症で骨がもろくなった高齢者に多発することが知られる。多くが骨折をきっかけに寝たきりや要介護になってしまい、社会問題となっている。

 骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折の患者数は増え続けており、2014年には年間に19万件が発生し、今後さらに増加することが予想されている。

 骨折発生後1年で亡くなる人も多く、死亡率も増加させることから、その予防が重要となっている。

 特に女性は、閉経後に女性ホルモンの分泌量が下がると、カルシウム量が減り、骨密度が急激に低下し骨折リスクが高まるので、注意が必要だ。
お酒に弱い遺伝子をもつ人で骨折リスクが2.48倍に
 お酒を飲むと体内では、「ALDH2」という酵素が働き、アルコール代謝の過程で発生する「アセトアルデヒド」を分解している。

 お酒を飲んだ際に赤くなりやすい人は、このALDH2が、遺伝子的に活性が弱いか欠けている。この遺伝は、日本人など東アジアの人種に多いとされている。

 ALDH2の機能が失われると、アセトアルデヒドが蓄積し、骨を生成する骨芽細胞の機能不全が生じる。

 研究グループは、大腿骨近位部骨折を起こした92人の患者と、骨折を起こしておらず骨粗鬆症の診断基準も満たさない48人に協力してもらい、それぞれのゲノムDNAを回収した。

 アルコール代謝の過程でアセトアルデヒド分解に関わるALDH2遺伝子多型のうち、お酒をのむと赤くなる体質の原因となる遺伝子多型である「rs671」に着目し、その保有率を比較した。

 その結果、骨折を起こした人では正常な人に比べ、「rs671」の保有率が高く、それにより骨折のリスクが2.48倍高くなることが明らかになった。
ビタミンEを摂取すると骨折予防に効果的
 今回の調査では、お酒を飲むと赤くなる人が、遺伝的にALDH2遺伝子多型をもつかを調べる検査において、感度と特異度はそれぞれ80.0%と92.3%と高かった。

 このことは、お酒を飲むと赤くなることと、ALDH2遺伝子多型をもっていることとが一致することを示している。つまり、お酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい体質である可能性が高いことを示唆している。

 「お酒で赤くなりやすいことが、遺伝子検査をしなくても、骨折のリスク遺伝子を保有していることを知るための手がかりになる」と、研究グループは述べている。

 さらに研究グループは、機能不全をおこした骨芽細胞にビタミンEを添加することで、機能不全を回避できることを試験管培養で明らかにした。

 「もって生まれた遺伝子多型は変えようがありませんが、ビタミンEの摂取で遺伝子多型の影響が減少し、骨折予防につながる効果が期待できます」としている。

 研究グループは、「お酒を飲むと赤くなることが、本人あるいは家族など周りの人が骨折のリスクに気づくための分かりやすい指標となる」としながら、「家庭で高齢者の骨折を予防するために、骨折を未然に防ぐ取り組みを講じるきっかけにしてほしい」と、期待感を示した。

 研究は、慶應義塾大学医学部整形外科学教室の宮本健史(先進運動器疾患治療学寄附講座特任准教授)らによりもので、科学誌「Scientific Reports」に発表された。

慶應義塾大学医学部整形外科学教室
A missense single nucleotide polymorphism in the ALDH2 gene, rs671, is associated with hip fracture(Scientific Reports 2017年3月27日)
[Terahata]

「」に関するニュース

最新ニュース

2017年06月28日
がん検診の受診率 50%超は男性肺がんのみ 乳がんと子宮頸がんは低迷
2017年06月28日
週1回のセックスが脳の老化を防止 50歳以降の性生活が健康に関与
2017年06月28日
1日20分の運動でも効果がある 「クロスフィット」が糖尿病の改善に有用
2017年06月28日
植物性食品ベースの食事療法で2倍の減量に成功 筋肉脂肪を減らす効果も
2017年06月28日
妊婦の半数以上が妊娠前・妊娠中に医薬品・サプリを使用 10万人を調査
2017年06月28日
膵臓がん 簡易な血液検査で早期発見 鹿児島で臨床研究を開始
2017年06月27日
【新連載】日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶