ニュース

お酒を飲むと赤くなる人は大腿骨の骨折に注意 リスクが2.5倍に

 慶應義塾大学の研究グループは、お酒を飲むと赤くなりやすい遺伝子をもつ人は、ふだんの飲酒量に関係なく、骨粗鬆症による「大腿骨近位部骨折」を起こしやすくなることを明らかにした。
 ビタミンEを摂取すると、予防の効果を得られる可能性があるという。
「大腿骨近位部骨折」が寝たきりや要介護の原因に
 遺伝的にお酒を飲むと赤くなりやすい体質の人は、骨粗鬆症による「大腿骨近位部骨折」を起こしやすいことを、慶應義塾大学の研究グループが明らかにした。

 大腿骨は、体を支えている体の中でもっとも大きい骨で、その骨が脚の付け根付近で折れてしまうのが「大腿骨近位部骨折」だ。

 大腿骨は股関節の近くにある大腿骨頸部で曲がっている。その曲がった部分は転倒や転落の時に外力が集中しやすく、骨折しやすい。

 この骨折は、骨粗鬆症で骨がもろくなった高齢者に多発することが知られる。多くが骨折をきっかけに寝たきりや要介護になってしまい、社会問題となっている。

 骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折の患者数は増え続けており、2014年には年間に19万件が発生し、今後さらに増加することが予想されている。

 骨折発生後1年で亡くなる人も多く、死亡率も増加させることから、その予防が重要となっている。

 特に女性は、閉経後に女性ホルモンの分泌量が下がると、カルシウム量が減り、骨密度が急激に低下し骨折リスクが高まるので、注意が必要だ。
お酒に弱い遺伝子をもつ人で骨折リスクが2.48倍に
 お酒を飲むと体内では、「ALDH2」という酵素が働き、アルコール代謝の過程で発生する「アセトアルデヒド」を分解している。

 お酒を飲んだ際に赤くなりやすい人は、このALDH2が、遺伝子的に活性が弱いか欠けている。この遺伝は、日本人など東アジアの人種に多いとされている。

 ALDH2の機能が失われると、アセトアルデヒドが蓄積し、骨を生成する骨芽細胞の機能不全が生じる。

 研究グループは、大腿骨近位部骨折を起こした92人の患者と、骨折を起こしておらず骨粗鬆症の診断基準も満たさない48人に協力してもらい、それぞれのゲノムDNAを回収した。

 アルコール代謝の過程でアセトアルデヒド分解に関わるALDH2遺伝子多型のうち、お酒をのむと赤くなる体質の原因となる遺伝子多型である「rs671」に着目し、その保有率を比較した。

 その結果、骨折を起こした人では正常な人に比べ、「rs671」の保有率が高く、それにより骨折のリスクが2.48倍高くなることが明らかになった。
ビタミンEを摂取すると骨折予防に効果的
 今回の調査では、お酒を飲むと赤くなる人が、遺伝的にALDH2遺伝子多型をもつかを調べる検査において、感度と特異度はそれぞれ80.0%と92.3%と高かった。

 このことは、お酒を飲むと赤くなることと、ALDH2遺伝子多型をもっていることとが一致することを示している。つまり、お酒を飲むと赤くなる人は骨折しやすい体質である可能性が高いことを示唆している。

 「お酒で赤くなりやすいことが、遺伝子検査をしなくても、骨折のリスク遺伝子を保有していることを知るための手がかりになる」と、研究グループは述べている。

 さらに研究グループは、機能不全をおこした骨芽細胞にビタミンEを添加することで、機能不全を回避できることを試験管培養で明らかにした。

 「もって生まれた遺伝子多型は変えようがありませんが、ビタミンEの摂取で遺伝子多型の影響が減少し、骨折予防につながる効果が期待できます」としている。

 研究グループは、「お酒を飲むと赤くなることが、本人あるいは家族など周りの人が骨折のリスクに気づくための分かりやすい指標となる」としながら、「家庭で高齢者の骨折を予防するために、骨折を未然に防ぐ取り組みを講じるきっかけにしてほしい」と、期待感を示した。

 研究は、慶應義塾大学医学部整形外科学教室の宮本健史(先進運動器疾患治療学寄附講座特任准教授)らによりもので、科学誌「Scientific Reports」に発表された。

慶應義塾大学医学部整形外科学教室
A missense single nucleotide polymorphism in the ALDH2 gene, rs671, is associated with hip fracture(Scientific Reports 2017年3月27日)
[Terahata]

「」に関するニュース

最新ニュース

2018年02月19日
妊娠子育て期の女性に医師・管理栄養士伴走による遠隔指導研究を開始
2018年02月15日
「たばこ規制」をどうする? 多方面で厚労省の法改正素案に反対の声
2018年02月15日
「足の冷え」「むくみ」は血管の老化が原因 足の動脈硬化を改善
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年02月15日
喫煙と飲酒が口腔・咽頭がんのリスクを上昇 たばこ、お酒でリスクは4倍に
2018年02月15日
日本発のバイオマーカー 尿中L-FABPを活用した腎疾患管理
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2018年02月11日
【健やか21】平成29年度「子ども予防接種週間」の実施について
2018年02月09日
花粉症予防アプリ「アレルサーチ」で発症要因解明と予防の啓もうを(順天堂大学)
2018年02月08日
「おにぎりダイエット」で体重が減少 ご飯と運動で腹囲は減らせる
2018年02月07日
いま知っておきたい「花粉症」対策 最新の治療で上手に乗り切ろう
2018年02月07日
気温差が大きいと「脳卒中」のリスクが上昇 季節の変わり目に注意
2018年02月07日
「時間栄養学」の新たな発見 食事のタンパク質が「体内時計」を調整
2018年02月07日
アルツハイマー病を簡単に検査できる技術を開発 わずか0.5ccの血液で判別
2018年02月06日
「働く女性の健康~今日的な課題への対応~」へるすあっぷ21 2月号
2018年02月05日
【健やか21】平成30年度「児童福祉週間」の標語が決定しました!
2018年02月05日
健康寿命日本一を目指す大分県、県民総ぐるみの健康づくりを軌道に
2018年01月31日
子宮頸がんワクチンの有効性を強調「理解と判断を」 厚労省がリーフレット
2018年01月31日
特定保健指導の効果を「ビッグデータ」で検証 3年後にメタボが31%減少
2018年01月31日
国立がん研究センターとヤフーが連携 検索で「がん情報サービス」を表示
2018年01月31日
楽しくできる「インターバル運動」で脳を活性化 体力が低下した人にも有用
2018年01月31日
大豆イソフラボンが「サルコペニア」を軽減 筋肉細胞の減少を抑える効果
2018年01月29日
【健やか21】 自治体・企業・NPO「子育て支援連携事業」全国会議開催
2018年01月29日
糖尿病予備群にIoT活用による健康改善の介入研究を開始~国立国際医療研究センターなど
2018年01月26日
野菜から食べて30回噛む~長野市「ベジライフ宣言」で生活習慣病予防
2018年01月25日
自殺予防を地域で強化 自治体向け「自殺対策計画」ガイドライン策定
2018年01月25日
妊娠期に魚を食べた女性で「抑うつ」が減少 DHAとEPAは女性に有用
2018年01月25日
「男のストレス」ががんリスクを高める 肝臓がんは33%上昇
2018年01月25日
乳がんの死亡率が半分に減少 専門家は「乳がん検診」の重要さを強調
2018年01月25日
糖尿病の予防 「抗酸化物質」が豊富な野菜や果物が効果的
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,852 人(2018年02月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶