関連資料・リリース情報

「平成23年度特定健康診査・特定保健指導の実施状況(確報値)」

「平成23年度特定健康診査・特定保健指導の実施状況(確報値)」
(厚生労働省/2014年1月24日)

 厚生労働省は、2011年度の「特定健康診査・特定保健指導の実施状況」について、確報値を取りまとめ公表した。

○ポイント
1. 特定健康診査の実施率

 ・特定健康診査の対象者数は約5,253万人(2010年度確報値約5,219万人)

 ・受診者数は約2,347万人(同2,255万人)

 ・実施率は44.7%(同43.2%)

2. 特定保健指導の実施率

 ・特定保健指導の対象者数は約427万人(2010年度確報値約413万人)

 ・健診受診者に占める割合は18.2%(同18.3%)

 ・特定保健指導の終了者数は約64万人(同54万人)、
  保健指導対象者に占める割合は15.0%(同13.1%)

3. メタボリックシンドロームの該当者及び予備群の割合

 ・約629万人で割合は26.8%(2010年度確報値約596万人、割合26.4%)

4. 薬剤を服用している者の割合

 ・高血圧症治療の薬剤を服用している者 約471万部人、20.1%

 ・脂質異常症治療の薬剤を服用している者 約282万部人、12.0%

 ・糖尿病治療の薬剤を服用している者 約105万部人、4.5%

「平成23年度特定健康診査・特定保健指導の実施状況(確報値)」(PDF)

実施状況の詳細 集計表(厚生労働省)

(厚生労働省/2014年1月24日)

[soshinsha]

「データヘルス計画」に関する資料・リリース

2019年10月01日
「地域・職域連携推進ガイドライン」を公表
2019年09月05日
「社会人として働き始めてからの労働法」電子ファイル版を公開
2018年10月31日
健康管理の一元管理システム「Carely」に勤怠管理サービスが連携
2018年09月26日
平成29年度 健保組合決算見込の概要
2018年09月25日
「平成29年度 医療費の動向」~概算医療費の年度集計結果~
2018年08月16日
2018年度「レセプト・健診情報等を活用したデータヘルスの推進事業」採択組合一覧を公表
2018年08月14日
AIを活用した「健康経営」のためのリスク予測技術の開発およびサービスの検討開始について
2018年08月01日
500万人のヘルスケアデータを解析~「健康に関する解析データ」一斉公開(ドコモ・ヘルスケア)
2018年08月01日
第4回データヘルス改革推進本部 資料
2018年05月30日
健康スコアリングの詳細設計に関するワーキング・グループ 報告書

「データヘルス計画」に関するニュース

2020年03月25日
健康診断でパーキンソン病・認知症のリスクが分かる 健診で早期発見・予防できる可能性が
2020年03月11日
健診結果から冠動脈疾患・脳卒中の10年以内の発症を予測するスコアを開発 国立循環器病研究センター
2020年03月04日
「フレイル健診」が4月からスタート 75歳以上の後期高齢者のフレイル対策を強化 保健指導と介護予防を一体化
2020年02月19日
医療ビッグデータの利活用が本格化 EHRは医療者にも患者にもメリットがある 「千年カルテプロジェクト」が進行中
2020年02月11日
健保組合加入者の41%が肥満 「リスクなし」はわずか21% 業態によって健康状態に差が 健保連が調査
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年07月23日
タブレットを特定保健指導に活用 忙しい40~50歳代への実施率向上を目指す
2019年07月22日
市町村職員を対象に母子保健情報の利活用について説明 厚労省
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年04月08日
日本健康会議「健康スコアリング(2018年度版)の効果検証結果」を発表

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶