関連資料・リリース情報

「がん患者さん・がん患者さんのご家族における意識・実態調査」

「がん患者さん・がん患者さんのご家族における意識・実態調査」
 -患者さん・ご家族ともに7割以上が治療サポート制度の存在を知らない
 -セカンドオピニオン制度も8割以上は知っているが、活用は2割以下
(ファイザー/2012年10月11日)
http://www.pfizer.co.jp/pfizer/company/press/2012/2012_10_11.html#

●資料:「がん患者さん・がん患者さんのご家族における意識・実態調査」(PDF)

○ポイント
 ・患者さん・ご家族ともに7割前後の人が治療サポート制度の存在を知らない実際に利用した経験のある人は1割未満

 ・治療を受ける際、「治療サポート制度」について説明を受けていない割合は、患者さん・ご家族ともに半数以上

 ・患者さんの9割近くはセカンドオピニオンの存在を知っているが、利用は2割以下ご家族でも8割近くは知っているが、患者さんに利用を勧めた経験は2割

 ・がんの診断を受けてから「家族との関係が変化した」と回答した人は2割強、しかし、がんが原因で就労をやめた患者さんでは、「関係が変化した」割合が3割半ばに増加

 ・診断結果を聞いてから、家族・周囲の人にサポートをお願いした経験は3割半ば、一方、がんが原因で就労をやめた患者さんでは、5割半ばとサポートを必要とする割合が増加

(ファイザー/2012年10月11日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2024年04月25日
令和5年度「地方公務員のメンタルヘルス対策の推進に関する研究会報告書」
2024年04月19日
不妊治療と仕事との両立について
2024年04月17日
ニュースレター『Obesity Report』 第12号
2024年04月16日
令和5年度「地域保健対策・保健師活動 ワーキンググループ」報告書
2024年04月16日
糖尿病性腎症重症化予防プログラムの改定について

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2024年04月25日
厚労省「地域・職域連携ポータルサイト」を開設 人生100年時代を迎え、保健事業の継続性は不可欠
2024年04月18日
令和4年度 健保組合医療費、対前年比6.5%増―1人当たりの医療費の伸び率、「新型コロナ関連等」が110%
2024年04月18日
人口10万人あたりの「常勤保健師の配置状況」最多は島根県 「令和4年度地域保健・健康増進事業の報告」より
2024年04月18日
健康診査の受診者数が回復 前年比で約4,200人増加 「地域保健・健康増進事業の報告」より
2024年03月28日
東京都がヤングケアラー支援のHPを公開 当事者や周囲の人が気付きやすいよう啓発を進める

関連コンテンツ

アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶