関連資料・リリース情報

長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表

長時間労働が疑われる事業場に対する監督指導結果を公表

 厚生労働省では、2017年度に、長時間労働が疑われる25,676事業場に対して実施した、労働基準監督署による監督指導の結果を取りまとめ公表した。

 この監督指導は、各種情報から時間外・休日労働数が1か月当たり80時間を超えていると考えられる事業場や、長時間にわたる過重な労働によ る過労死等に係る労災請求が行われた事業場を対象としているもの。

 対象となった25,676事業場のうち、11,592事業場(45.1%)で違法な時間外労働を確認したため、是正・改善に向けた指導を行いました。なお、このうち実際に1か月当たり80時間を超える時間外・休日労働が認められた事業場は、8,592事業場(違法な時間外労働があったものの74.1%)だった。

(厚生労働省/2018年8月7日)

[soshinsha]

「産業保健」に関する資料・リリース

2021年09月17日
「働く人のメンタルヘルスとサービス・ギャップの実態調査」を公開
2021年09月17日
「脳・心臓疾患の労災認定基準」が改正されました
2021年09月16日
インタビュー「コロナ禍において保健指導の本質を読み解く」を掲載
2021年09月14日
職場での検査に関する一般事業者からの問合せに対応できる医薬品卸売業者等について
2021年09月13日
新型コロナウイルスに関する受診・相談センター/診療・検査医療機関等

「産業保健」に関するニュース

2021年09月15日
【新型コロナ】肥満や糖尿病などリスク因子が多いほど新型コロナは重症化 リスク因子を減らすことが重要
2021年09月14日
肥満やメタボはメンタルヘルスにも悪影響 幸福感も低下 スティグマなどのサポートが必要
2021年09月14日
【子宮頸がん】HPVワクチンの積極的な接種勧奨の再開を 接種機会を逃した女性に対する支援も必要
2021年09月14日
「産後うつ」は産後1年でもあらわれる 母親となった女性には長期的なケアを 1万人超の妊婦を調査
2021年09月10日
【新型コロナ】年齢や基礎疾患による死亡リスクが判明 基礎疾患があると死亡率は5.6倍に上昇 慢性腎臓病は14%

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶