関連資料・リリース情報

サル痘患者とサル痘疑い例への感染予防策

サル痘患者とサル痘疑い例への感染予防策

 2022年5月以降、欧米を中心にサル痘患者が相次いで報告されており、常在国外では前例のない流行となっています。サル痘は接触感染や飛沫感染を起こすが、日常生活の中で空気感染を起こすことは確認されていませんが、ただし、空気感染を起こすと考えられている麻しんや水痘との臨床的な鑑別が困難であるため、発熱と発疹がありそれらの感染症が否定できない間は、サル痘疑いの患者には空気予防策の実施が求められます。

 国立感染症研究所が、サル痘患者とサル痘疑い例への感染予防策についてまとめて公開しています。

(国立感染症研究所/2022年 6月15日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2022年10月05日
11月は「過労死等防止啓発月間」です
2022年10月05日
令和4年度 保健師活動領域調査(領域調査)の結果について
2022年09月28日
Withコロナの新たな段階への移行に向けた全数届出の見直しについて
2022年09月27日
【2022年7月修正版】ストレスチェック制度の効果的な実施と活用に向けて
2022年09月26日
令和3年(2021)人口動態統計(確定数)の概況

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2022年10月11日
10月10日は「転倒予防の日」小売業や社会福祉施設に急増する「行動災害」に注意を ―「転倒防止・腰痛予防対策の在り方に関する検討会」より―
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告 ―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月06日
第4期特定保健指導に「アウトカム評価」導入へ ―主要達成目標として「腹囲2cm・体重2kg減」
2022年08月23日
中性脂肪の判定値「空腹時150mg/dL、随時175mg/dL」修正案を提示―第4期特定健診・特定保健指導の見直しに関する検討会より
2022年07月22日
厚労省研究班が一層の推進を目的に「地域・職域連携推進事業の進め方」を公表

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶