ニュース

顔などの突然のむくみは「遺伝性血管性浮腫」(HAE)かも 「HAEの日」

 急に皮膚や粘膜がはれる「血管性浮腫」という病気がある。「遺伝性血管性浮腫」(HAE)は遺伝子異常によって起こる先天性の血管性浮腫だ。治療法は進歩しており、早期に発見し治療を開始すれば、患者の生活の質(QOL)が大きく向上する。5月16日はこの疾患を啓発する「HAEの日」。HAEの認知向上をはかるマスコミセミナーが東京で開催された。
その「むくみ」はどうして?
数日で治る場合でも、そのままにしないで受診を
 「遺伝性血管性浮腫」(HAE)は、皮膚や腹部(腸)など、身体中のあらゆる部位に「腫れ」(浮腫)や「むくみ」が起こり、3~4日で治ることを繰り返す疾患。まぶたやくちびる、顔、手足などに、突然に「腫れ」が出ては消え、体のあらゆるところに症状が出る可能性がある。

 遺伝子の変異が原因で血液中の「C1インヒビター」(C1インアクチベーター)というタンパク質が生まれつき少ないか働きが弱いため起こる病気で、国の指定難病「原発性免疫不全症候群」の疾患のひとつに認定されている。認定されると医療費助成を受けられる。

 HAEの発作のほとんどは、若年期から身体の各所に繰り返し生じる。発作の引き金になるのは身体的、精神的ストレスなどで、特に抜歯などの歯科治療や出産、外科手術、検査などでの侵襲を伴う処置は、急性発作の強力な誘因として知られている。
診断されるまでに10年以上かかるという報告も
 まぶたや唇、顔や手足の一部が突然腫れて、3~4日で治るようなむくみを経験したことがあり、血縁に同じような症状を起こした人がいれば、HAEを発症している可能性がある。HAEには個人差があって、はっきり症状が出ない人もいるので、家族に症状がなくてもHAEの可能性はある。

 消化管に腫れやむくみが起きると腹痛や嘔吐、下痢などの症状が起こる。喉が腫れると、気道をふさいで呼吸困難に陥り、命に関わる場合もある。浮腫の症状は72時間程度で収まることが多いものの、慢性的に繰り返すため、日常生活に支障をきたすことが多い。

 稀な疾患とされているが、診断されて治療を開始するまでに、最初の発作から10年以上かかっているという報告もある。疾患の認知が低いために、適切な診断や治療を受けることができない患者が数多くいると考えられている。

 原因をしっかりと明らかにすれば、治療や対策を立てることができるので、HAEを早期発見することが重要だ。
治療薬の急性発作の発症抑制の適応が承認
 HAEの発作時にもっとも有効な治療法はC1インヒビターを補充することだ。「ベリナート」は、国内唯一のC1インアクチベーター製剤。「ベリナート」を販売する製薬企業は3月に、「ベリナート」に対し、侵襲を伴う処置によるHAEの急性発作の発症抑制の適応が承認されたと発表した。

 これまで、HAE患者に対する外科的処置や歯科処置など侵襲を伴う治療が誘因となり、舌や喉頭に浮腫を起こして死に至った症例が国内外で報告されていたことから、日本口腔外科学会、日本皮膚科学会は、同剤に対する処置前における短期予防について「適応外薬の要望」を提出した。

 この要望は、「医療上の必要性の高い未承認・適応外薬検討会議」で公知申請が妥当と判断され、2016年11月24日の「薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会」で了承された。
HAEの症状や治療法を解説するサイトを公開
 「ベリナート」を販売するCSLベーリングは、HAEの症状や治療法を解説するサイト「HAE情報センター」を公開している。サイトでは、HAEに関するさまざまな疑問について医師が動画で分かりやすく解説。患者や家族の疑問に答えるQ&Aも公開している。

 その他、医療費助成制度をわかりやすく解説し、遺伝子診断や家系調査の不安を取り除く情報も提供。受診の際に持っていけるセルフチェックシートや、急な発作が起きた際に活用できる「緊急時連絡カード」もダウンロードできる。

遺伝性血管性浮腫 HAE情報センター
NPO法人 血管性浮腫情報センター
[Terahata]

「」に関するニュース

最新ニュース

2017年12月14日
科学的根拠に基づく「産業保健における復職ガイダンス2017」を公開
2017年12月14日
「腸内環境」を整えアンチエイジング 腸内細菌の多様性が長寿の秘訣
2017年12月14日
糖尿病リスクを減らすためには「運動を継続」することが必要
2017年12月14日
加熱式たばこも血管には有害 血管内皮機能が低下 「iQOS」で実験
2017年12月14日
「ビワの種」に天然の有害物質 「食べないで」と農水省が注意喚起
2017年12月14日
【健やか21】学校の管理下の災害 (平成29年版)の発行について
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年12月12日
未成年者のインフルエンザ罹患後異常行動に具体的な注意喚起を追加
2017年12月11日
女性は健康維持にバランスの良い食事や歯磨き習慣-中高年者縦断調査
2017年12月08日
【健やか21】不育症治療の助成について(Fuiku-Faboフイクラボ)
2017年12月07日
冬のウォーキングの効果を高める5つの方法 寒い冬には注意が必要
2017年12月07日
米を中心とした日本型食生活が健康寿命を延ばす 食育健康サミット2017
2017年12月07日
糖尿病と肥満が80万人のがんの原因に 肥満が原因のがんは54万例
2017年12月07日
長野市が「ベジライフ宣言」で糖尿病対策 野菜から食べ30回噛む
2017年12月06日
【HAMIQ】認知症の社会的処方箋/おもいやり災害食認証制度
2017年12月04日
【新連載】超高齢社会への提言「エイジング・リテラシー」(有料老人ホーム入居支援センター)
2017年12月02日
浮世絵風のポスターなどでインフルエンザ予防を呼びかけ(東京都)
2017年12月01日
【健やか21】思春期アンケート「高校生の性交経験と生活環境・保健指導」
2017年12月01日
「新たな自殺総合対策に向けて」へるすあっぷ21 12月号
2017年11月30日
「心が健康な人」を増やす・支えていくことが産業保健師ならではのメンタルヘルス事業の心得【産保PC第3回レポート】
2017年11月30日
【くるみpro更新情報】クリスマスプレゼント付き資料請求実施中!
2017年11月30日
ママから笑顔がきえるとき―文京学院大が産後うつ予防リーフレット作成
2017年11月29日
食塩の摂取量を減らすと医療費を削減できる 「減塩」の効果は大きい
2017年11月29日
「ウォーキング」で重要なのは継続 少し歩いただけで健康効果を得られる
2017年11月29日
高カフェインの「エナジードリンク」で健康被害が 摂取の制限を検討
2017年11月29日
「早食い」が原因で肥満やメタボに よく噛んで食べるための6つの対策
2017年11月29日
糖尿病の男性は「ED」(勃起不全)のリスクが高い EDは治療できる
2017年11月28日
【新連載】がん患者さんのアピアランス・サポート (みなとアピアランス・サポート相談室)
2017年11月27日
【健やか21】産後うつ予防リーフレット・動画公開(文京学院大学)
2017年11月27日
【保健師募集】研修制度充実・人財育成に力を入れている鶯谷健診センター
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,681 人(2017年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶