ニュース

バーベキューなどで食中毒を防ぐ方法 食中毒はこうして防ぐ

 高温多湿の夏がやってくる。この気候を好む細菌による食中毒が増える時期だ。消費者庁はバーベキューなどで食中毒を防ぐ方法を公開している。
屋外でのバーベキューには安全対策が必要
 夏は高温多湿を好む細菌による食中毒が増える。消費者庁によると、7月から9月までの間に、1年間のおよそ40%が発生している。

 また、この時期は夏季休暇などで、屋外でのバーベキューなど、ふだん調理をしない人が食肉などを調理し、喫食する機会が多くなる時期でもある。

 食中毒の原因になる細菌は、主に肉や魚や卵に付着していて、食べ物と一緒に体内に入ると腸の中で増えて腸に炎症を起こす。その結果、腹痛、下痢、吐き気やおう吐、発熱、血便などの症状があらわれる。

 発症するまでの時間は、細菌の種類により異なる。「黄色ブドウ球菌」が食品の中で繁殖した場合には平均約3時間後に症状があらわれる。魚についている「腸炎ビブリオ」は8~24時間後、鶏・卵の「サルモネラ菌」は6時間~3日後、O-157などの「腸管出血性大腸菌」は4~8日後に症状があらわれる。

 いずれの細菌も熱や乾燥に弱いので、▽調理器具は使用後に良く洗浄し、熱湯消毒・乾燥すること、▽加熱不十分な食肉やその臓器あるいは食肉などの生食を避けることが重要だ。
生焼けの肉が原因で食中毒になることも
 食中毒を防ぐには、「つけない」「増やさない」「やっつける」という食中毒予防の3原則が大切だ。

 消費者庁は、2015年に全国の消費者2,000人を対象に、バーベキューに関する意識・行動のアンケート調査を実施し、バーベキューの際に注意すべき点を公表している。

1. 食材を調理の直前まで冷やして保管する

 肉などの食材は調理直前まで、クーラーボックスや保冷剤を使って冷やして保管しよう。

 調査では、調理の直前までの冷蔵などに気を付けている人は54%にとどまった。

2. トング、箸は用途によって使い分ける

 バーベキューでは、生肉を取り扱うときと、焼き上がった肉を取り分けるとき、食べるときとでは、使用するトングや箸を使い分けることが重要だ。 使い分けをしないと、トングなどを介して、生肉から焼けた肉に細菌が移る可能性がある。

 調査では、44%がトングや箸の使い分けに注意していないことが分かった。

 細菌の中には、少ない細菌数でも食中毒を起こすものもある。そのひとつが「カンピロバクター」。これは細菌による食中毒で発生件数が特に多く、肉類、特に鶏肉から感染する。まれに「ギラン・バレー症候群」という手足の麻痺や、呼吸麻痺を引き起こすこともあるので、注意が必要だ。

 サラダなどの生野菜を取り分ける際にも、生肉を扱ったトングなどを使わないよう気をつけよう。

3. 肉類は中心部までよく焼く

 肉には、少量でも食中毒を起こす可能性がある細菌が付いていることがあるが、よく焼くことで殺菌をすることができる。

 特に肉や脂をつなぎ合わせた結着肉などの成型肉やハンバーグ、タレなどに漬け込んだ肉などは細菌が中心まで入り込んでいる可能性がある。

 手指や食品を介して感染するノロウイルスなどのウィルス性食中毒についても、食品の中心温度が85℃以上の状態で、1分間以上の加熱を行うと防ぐことができる。

 表面が焦げていても、中まで火が通っていないことがある。肉を食べる際には中心部までよく焼けているか確認してから食べよう。

 調査では、肉(ハンバーグや成型肉などを含む)が中心までよく焼けているか確認している人は40%にとどまった。

4. おにぎりは、ラップやビニール手袋で握る

 手に傷があるときなどに素手でおにぎりを握ると、熱に強い毒素を作る菌が付着し、夏の気温下では増殖することがある。

 焼きおにぎりにしても毒素は無毒化されないので、おにぎりを握る際には素手で握らず、清潔なラップやビニール手袋などで行うことが重要だ。

5. ふだん調理をしない人は特に注意が必要

 調査では、ふだんあまり調理をしないが、バーベキューの際には調理を担当するという人が24%いることが分かった。

消費者安全―消費者の生命・身体の安全の確保に取り組みます―(消費者庁)
食中毒を起こす微生物(東京都福祉保健局 食品衛生の窓)
[Terahata]

「」に関するニュース

最新ニュース

2017年06月28日
がん検診の受診率 50%超は男性肺がんのみ 乳がんと子宮頸がんは低迷
2017年06月28日
週1回のセックスが脳の老化を防止 50歳以降の性生活が健康に関与
2017年06月28日
1日20分の運動でも効果がある 「クロスフィット」が糖尿病の改善に有用
2017年06月28日
植物性食品ベースの食事療法で2倍の減量に成功 筋肉脂肪を減らす効果も
2017年06月28日
妊婦の半数以上が妊娠前・妊娠中に医薬品・サプリを使用 10万人を調査
2017年06月28日
膵臓がん 簡易な血液検査で早期発見 鹿児島で臨床研究を開始
2017年06月27日
【新連載】日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶