オピニオン/保健指導あれこれ
働く人のメンタルヘルス

健康管理スタッフに大切なメンタルヘルス支援とは

神戸親和女子大学大学院教授
丸山 総一郎

ストレスフルな現在社会や職場環境において、『ストレス』を耳にしない日はないかもしれません。Googleで検索すれば、現在3千万件超ヒットします。2015年12月1日の施行に向け、いよいよ、ストレスチェック制度の実施が差し迫った課題となり、「ストレスチェック」という言葉をネットや書籍でもよく目にするようになりました。

しかし、ストレスに関する知識や技術について、時宜に適った正確な内容をわかりやすく説明することは意外に難しいのです。それが、日本で"ストレス学"ともいうべき体系的な専門書の刊行が待望されながらも、出版されてこなかった所以ではないでしょうか。

これまでのストレス関連本の多くは、入門書や事典、臨床家向けの実践書、欧米の専門書や百科事典の翻訳、ハウツーものでした。

プロフィール

  • 丸山 総一郎
  • 丸山 総一郎
    神戸親和女子大学大学院教授

    経 歴

    大阪大学医学部卒業後、大阪大学医学部助手・講師・助教授を経て神戸親和女子大学教授・同大学院教授。医学博士、精神科医。専門は、産業精神医学、ストレス医学。

    日本産業ストレス学会常任理事、日本産業精神保健学会常任理事、日本ストレス学会理事、日本精神神経学会精神保健に関する委員会委員、日本産業衛生学会代議員、兵庫県健康づくり審議会委員。

    第18回日本産業ストレス学会会長、第47回産業精神衛生研究会会長、第55回近畿産業衛生学会会長ほか。

    最近の主な著書と論文

    ストレス学ハンドブック(編著、創元社)

    ストレス学ハンドブック

    編:丸山総一郎、発行所:創元社  発行日:2015年3月

    ストレスに関する基本的な知識から最新の研究成果までを体系的に網羅した待望のハンドブック。ストレスの発生メカニズム、測定・評価の方法、医学的・心理学的対応や環境調整による対応、そして自殺やうつ病などストレスが関わるさまざまな問題について、第一線で活躍する研究者・医師総勢45人がわかりやすく、丁寧に解説する。ストレスについて学びたい初学者から実務家、最新動向をフォローしたい研究者まで、必携のレファレンス。(出版社より)

    産業ストレスとメンタルヘルス(共編著、中央労働災害防止協会)
    リスクマネンジメントとしてのメンタルヘルス対策(共著、産業医学振興財団)
    非正規雇用と労働者の健康(共著、労働科学研究所)ほか
    女性労働者のストレス問題とメンタルヘルス対策(産業ストレス研究, 22, 183-195, 2015)ほか

「働く人のメンタルヘルス」に関するニュース

2020年06月29日
なぜ運動? 運動により世界の390万人以上の命が救われている 運動はメンタルにも良い
2020年06月29日
ボランティア活動に参加すると寿命が延び幸福感も向上 コロナ後の社会整備の鍵に
2020年06月26日
【健やか21】「コロナ×こどもアンケート」第1回調査報告書を公開
2020年06月24日
【新型コロナウイルス感染症】テレワークを3割以上が経験 64%が「生活を重視するように変化した」 内閣府調査
2020年06月17日
「コロナで運動不足に」 運動を楽しく長続きさせる秘訣 健康運動は自分を守るために必要
2020年06月16日
寝る前のドカ食いはなぜダメ? 肥満や糖尿病のリスクが上昇 夕食は就寝の4時間以上前に
2020年06月16日
ビールのホップの苦味成分が認知機能を改善 物忘れのある中高年者を対象に臨床試験を実施
2020年06月12日
【健やか21】コロナ×こどもアンケートの中間報告(保育機関向け​)
2020年06月09日
【新型コロナウイルス】肥満が世界で深刻な問題に 食事や運動など生活スタイルに深刻な悪影響
2020年06月09日
「今見直したい職場の感染症対策」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,696 人(2020年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶