オピニオン/保健指導あれこれ
データヘルス/健康経営

イラストで魅せる!健康啓発「見せ方」の工夫

保健指導リソースガイド編集部

プロフィール

  • 保健指導リソースガイド編集部
  • 保健指導リソースガイド編集部
     保健師・看護師・管理栄養士などの医療健康に関わる専門職向けの情報を日々配信する本サイト「保健指導リソースガイド」の運用をしています。

     このオピニオンでは情報の伝え方の工夫について考えていきたいと思っています。

     こんな情報が欲しい、こんな資材があれば嬉しいなどの意見がありましたら是非、ご連絡ください。今後の運用の参考にさせていただきます。

    情報の見せ方の重要性

     医療・健康情報は、どんなに有用な情報であってもヘルスケア分野を職にしていない方々にとっては、難しく感じることが多く、少しでも難しい用語が出てくると理解することを諦める方が多いのが現状です。

     興味があまりない対象者にとってはどんなに有用な情報でも、なかなか頭に入らないので、伝える工夫が必要になります。また、興味があっても日常の限られた時間の中で長い理解してもらうためにはできるだけわかりやすく、短時間で伝えなければいけません。

     そんなとき、情報をイラスト、図、またはインフォグラフィックなど「情報を可視化」することで伝わりやすくすることができます。

     特に、漫画やイラストは私たち日本人にとって身近で馴染みやすい手法です。文字で説明していたものを、直感的に伝えることで読み疲れをなくし、ポイントを明確に伝えることができます。静止画だけでなく動画も身近な存在になってきましたので注目していきます。

     健康情報に興味を持つことが、自分の健康を考えるきっかけとなり、「自分ごと化」させることで自身の健康管理につながると考えています。

     このオピニオンでは、そんな「きっかけ」となる情報提供時の工夫について考えていきます。

「データヘルス/健康経営」に関するニュース

2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年07月23日
タブレットを特定保健指導に活用 忙しい40~50歳代への実施率向上を目指す
2019年07月22日
市町村職員を対象に母子保健情報の利活用について説明 厚労省
2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年04月08日
日本健康会議「健康スコアリング(2018年度版)の効果検証結果」を発表
2018年10月23日
生活習慣病リスクを予測するAIを開発 100万人の健診データを解析
2018年10月18日
帝京大学産業保健プログラム 受講生募集
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年08月21日
「データヘルス改革」第2期の工程表を公表 2020年度に本格稼働 厚労省
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶