関連資料・リリース情報

「平成25年度地域・職域連携推進事業関係者会議 資料」

「平成25年度地域・職域連携推進事業関係者会議 資料」
(厚生労働省/2013年10月31日)

○資料
「地域・職域連携推進事業について」
「地域・職域連携推進事業に対する期待~健康づくり大キャンペーンをふまえて~」
「労働衛生行政における健康確保対策について」
「平成26年度に向けた保健事業をめぐる動きについて」

○講演
「地域・職域連携に基づく健康づくりの実践に向けて」
松田 晋哉 氏(産業医科大学医学部公衆衛生学教室 教授)

○事例報告
「地域・職域連携による健康づくりについて」
司会・コーディネーター:
荒木田 美香子 氏(国際医療福祉大学 学科長/教授)

事例1
「青森県における地域・職域連携推進事業の取組
~健康管理特別指導モデル事業場制度~」
片野 圭介 氏(青森労働局労働基準部 健康安全課長)

事例2
「がん検診・特定健診受診率向上のための取組
~京都市のがん検診と協会けんぽの特定健診の同時実施~」
田坂 泰士 氏(京都市保健福祉局保健衛生推進室保健医療課 健康増進係長)

事例3
「三重県地域・職域連携推協議会における三重の健康づくり基本計画について」
長谷川 早苗 氏(全国健康保険協会三重支部保健グループ グループ長)

「平成25年度地域・職域連携推進事業関係者会議 資料」

(厚生労働省/2013年10月31日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「データヘルス計画」に関する資料・リリース

2023年08月15日
国保のデータヘルス計画策定・推進ガイド〔第3期版〕
2023年08月03日
令和5年度保健師中央会議 資料
2023年06月20日
経済財政運営と改革の基本方針2023
2023年06月12日
令和4年度 食育白書
2023年06月01日
「健康日本21(第三次)」を推進する上での基本方針を公表します

「データヘルス計画」に関するニュース

2024年02月26日
運動でメンタルヘルスを改善 すべての運動にうつ病を軽減する効果が ウォーキング・ヨガ・ダンス・筋トレを調査
2024年02月26日
子供の肥満傾向は成長してから肥満やメタボのリスクに スマホのスクリーンタイムが長い子供は高リスク
2024年02月26日
近くの「検体測定室」で糖尿病チェック PHRアプリでデータ連携 保健指導のフォローアップなどへの活用も
2024年02月19日
【新型コロナ】ウォーキングなどの運動をしている人は重症化しにくい 運動不足の人は高リスク 運動習慣は大切
2024年02月19日
ショッピングモールとスマホを活用し歩数を増やす ウォーキングプログラムの成果 どんな人に効果があったか?

関連コンテンツ

アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶