関連資料・リリース情報

「平成25年度地域・職域連携推進事業関係者会議 資料」

「平成25年度地域・職域連携推進事業関係者会議 資料」
(厚生労働省/2013年10月31日)

○資料
「地域・職域連携推進事業について」
「地域・職域連携推進事業に対する期待~健康づくり大キャンペーンをふまえて~」
「労働衛生行政における健康確保対策について」
「平成26年度に向けた保健事業をめぐる動きについて」

○講演
「地域・職域連携に基づく健康づくりの実践に向けて」
松田 晋哉 氏(産業医科大学医学部公衆衛生学教室 教授)

○事例報告
「地域・職域連携による健康づくりについて」
司会・コーディネーター:
荒木田 美香子 氏(国際医療福祉大学 学科長/教授)

事例1
「青森県における地域・職域連携推進事業の取組
~健康管理特別指導モデル事業場制度~」
片野 圭介 氏(青森労働局労働基準部 健康安全課長)

事例2
「がん検診・特定健診受診率向上のための取組
~京都市のがん検診と協会けんぽの特定健診の同時実施~」
田坂 泰士 氏(京都市保健福祉局保健衛生推進室保健医療課 健康増進係長)

事例3
「三重県地域・職域連携推協議会における三重の健康づくり基本計画について」
長谷川 早苗 氏(全国健康保険協会三重支部保健グループ グループ長)

「平成25年度地域・職域連携推進事業関係者会議 資料」

(厚生労働省/2013年10月31日)

[soshinsha]

「データヘルス計画」に関する資料・リリース

2021年07月26日
医療機能情報提供制度に関する全国統一的な検索サイトの構築に向けた進捗状況について
2021年04月22日
「データヘルス計画に基づく保健事業の実態調査等事業」を公開
2021年03月08日
「健康経営銘柄2021」に48社を選定しました!
2021年03月08日
「健康経営優良法人2021」認定法人が決定しました!―大規模法人部門1801法人、中小規模法人部門7934法人を認定―
2020年12月28日
「よこはまウォーキングポイント事業」の効果を分析した結果を公表

「データヘルス計画」に関するニュース

2021年10月26日
特定健診のデータヘルス 年齢とともに薬剤利用は増加し生活改善の意欲も高まる 特定健診のビッグデータを分析
2021年10月19日
【新型コロナ】コロナ禍でうつ病が増加 自然のもつメンタルヘルス改善の効果 「グリーンインフラ」に期待
2021年10月04日
運動・身体活動が5年間の多面的アプローチで地域全体で増加 慶應義塾大学・藤沢市の身体活動促進プロジェクト「ふじさわプラス・テン」
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月01日
実行しやすい健康改善プランを提案するAI(人工知能)を開発 健診データから1人ひとりに最適なプランを選択

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶