業界キーパーソン直撃インタビュー保健指導のみちしるべ
「データヘルス計画」について ~どう計画し、運用するか~

第2回 「データヘルス計画」について ~どう計画し、運用するか~

データヘルス計画の背景 保健事業におけるPDCAサイクルの実施

 第2回は、いま、業界内で今後の動向が一番注目されている「データヘルス計画」についてです。
 国民皆保険制度が日本に発足した昭和36年から半世紀。国は、『新たな「データヘルス計画」は、各種のデータを収集・分析することで、被保険者全体への効率的な働きかけを可能とし、そのうえで生活習慣を改善することが必要な者や早期の治療が必要な者など、焦点を絞り込んだ事業が展開できる利点がある』と述べています。平成26年度に全健保で計画作成を行い、平成27年度から実行に移すという内容です。
 第1回目協会けんぽのインタビューを終えて、当該事業について今後の行方や予算配分等々、様々な領域の方からインタビュー要望を頂きました。実際に事業の企画立案をされた厚生労働省保険局保険課の方々から、事前に伺いたい内容をまとめ訪問してきました。ポイントを絞ってテーマ毎にヒアリングして参りましたので、最後までお付き合い頂ければと存じます。

(左から)
木村 大地(インタビュアー)

鳥井 陽一さん
厚生労働省保険局保険課長

吉村 和也さん
厚生労働省保険局保険課

高橋 雅之さん
厚生労働省保険局保険課

木村: まずはじめに、皆さん共通で伺っているのですが、鳥井課長が厚生労働省に入省したきっかけは何でしょうか?

鳥井: まず、社会政策に興味があったことが一つです。また入省する時期がバブル時代だったので、周りが民間企業に就職するなかで人と違う道を選びたかったということもあります。

木村: なるほど、今後の夢は何でしょうか?

鳥井: この組織(厚生労働省)は、国民のQOLを高めるためにあると考えています。そのような観点から、必ずしも全てのミッションが叶えられているとは言えませんが、限られた予算や与えられた役割の中で少しでもQOL向上を実現できるよう努めていきたいと考えています。

木村: それではデータヘルス計画に関してお聞きしたいと思います。
 今回インタビューさせて頂く前に、事前に複数の健保組合の担当者にデータヘルス計画についてのご意見や質問をヒアリングしてきました。その内容も踏まえてお伺いさせていただきます。まずはデータヘルスの背景についてお聞かせください。

鳥井: 2008年に特定健診が始まり、レセプトも歯科を除いては大部分が電子化され、データを分析しPDCAサイクルを行う基盤ができるようになってきました。つまり、医療保険者の保健事業においても、効果的・効率的にやっていける状態になってきたという背景があります。

 すでに一部の健保組合では、保健事業をPDCAサイクルでまわして実施しているところもあり、保険者において保健事業をきちんと実施できる時代になっています。また、「日本再興戦略」や「健康・医療戦略」の中でもデータヘルスが位置づけられ、より一層の推進が求められました。


参考資料:厚生労働省保険局保険課

鳥井: 他方、保険者側からみると、高齢化などにより医療費が伸びている中、なかなか労働者の賃金が上がらず保険料の収入が上がらない現状が続いていて、どこも財政的に苦しい状況が続いています。これまでは、対策として一部負担金の引き上げを主にやってきました。しかし、最近ではそれも限界となり、【(1)医療提供体制を効率化すること】【(2)健康増進・疾病予防の推進によって医療費の効率化を図る】この二つの対策が大きな流れとなっています。これが、もう一つの背景です。


参考資料:データヘルス計画の推進について(厚生労働省保険局保険課)

木村: メタボ健診制度が始まる前、「保険者機能の強化」といった言葉が様々なところで明記されるようになってきました。今回のデータヘルス計画は、今まで外部に公表されていなかった保健事業を「見える化」し、世間に示していく方向ということでしょうか?

鳥井: そうですね。それも当然やっていただきたいと期待しています。少なくとも保健事業の対象者の方にはきちんと説明できるようにしていくことが必要と考えています。事例集もその一環ですが、そういった取組を外から見えるような仕掛けをつくっていきたいと考えています。

木村: レセプトの電子化の話ですが、現在は歯科を含めて92%になっていますが、保険者からは「電子化は、まだ不十分。今後上がっていくかどうか」といった声があります。

鳥井: 歯科は取組みの始まりが遅かったため、これから上がっていくと思います。他の医科は、レセコンの更新の関係で、切り替えが猶予されているところもあります。その猶予期間が終了すればもう少し上がる部分はあります。(平成27年3月まで)

【参考資料】
データヘルス計画の推進について(厚生労働省保険局保険課)[PDF:1.5MB、22頁]

「「データヘルス計画」について ~どう計画し、運用するか~」もくじ

最新ニュース

2017年10月19日
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
2017年10月03日
「AMR対策いきまぁーす!」―厚労省がガンダムとコラボし啓発活動を実施
2017年10月02日
【患者さん向け】「糖をはかる日」クッキングセミナー2017 参加者募集開始!!
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶