オピニオン/保健指導あれこれ
健診・検診

より効果的な行動変容の促しを行うために必要なこととは?

医療・保健ジャーナリスト
西内 義雄

行動変容は生活習慣病対策において重要なキーワードのひとつです。関連するシンポジウムや論文でも、この言葉は必ずといっていいほど登場します。しかしながら、その重要性を説くことはあっても、

  • どうしたら上手に促すことができるのか
  • 促す側は何をするべきなのか
  • なぜ、相手(住民・受診者)は素直に応じてくれないのか

まで、現場目線で踏み込んだものは少ないと感じています。

もしかすると、当たり前のことだからスルーされているのもしれませんが、私はあえて、ここをもう一度考えてみたいと思い、2015~2016に参加した東京大学公共政策大学院医療政策・研究ユニット医療政策実践コミュニティ(H-PAC)のグループ研究で、自身がリーダーとなり提言書を作成しました。

タイトルは「国保被保険者に対する行動変容の促しを、より効果的におこなうための提言書」です。なんだか堅苦しいタイトルですが、中身はいたってシンプルでして、副題は「わがままな中高年の健康意識を高めるために、何をすべきか」としました。今回は、その内容についてご紹介します。

プロフィール

  • 西内 義雄
  • 西内 義雄
    医療・保健ジャーナリスト

    経 歴

    1984年 専修大学法学部法律学科卒業
    1986年~ (株)徳間書店の契約社員として編集者の道へ。後にフリーランスとなり、雑誌では旅行・経済・料理・住宅・家電、某ラジオ局でラブ・ストーリーの脚本、某テレビ局報道でマルチ商法潜入の企画を実行などにも参加。
    2002年~ 心臓弁膜症が発見され、心臓大動脈弁を機械弁(SJM)に置換。術後3ヶ月目にはアナフィラクトイド紫斑を発症し緊急入院するなど、1年近く仕事から離れた時期もあります。その経験から、医療・保健に興味を持ち、保健師雑誌での活動を開始。全国各地を周りながら、行動変容の事例、新人保健師、東日本大震災に関わった保健師たちへの取材を通して、保健師の楽しさも辛さも、全て含めてもっと世に広めるべく活動中。現在は執筆のほか、国民健康保険団体連合会、県、市、看護協会などの保健師研修会での講演活動も全国各地で実施中。
    2007年~ 高知県観光特使
    2009年 HSP東京大学医療政策人材養成講座修了
    2010年 国立がん研究センター メディア・セミナー修了
    2013年~ All About保健師ガイド
    2016年 H-PAC東京大学公共政策大学院医療政策・研究ユニット、医療政策実践コミュニティ修了

「健診・検診」に関するニュース

2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
2019年07月17日
厚労省、国保保険者インセンティブ評価指標の変更案を通知
2019年07月11日
女性だけの病気ではない 「男性乳がん」孤立しがちな患者を支援
2019年07月09日
【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」
2019年07月09日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年07月09日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月09日
肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶