オピニオン/保健指導あれこれ
企業で働く保健師のキャリアプランを考える ~攻めの保健師養成を目指して~

No.3 攻めの保健師 そして今編

保健師(株式会社オフィス・アニバーサリー 、産業医事務所)
久保さやか

目標は「人事担当者の役に立ち、力になること」

 これまで3回に渡り、私の半生をご紹介しました。いよいよ、最終回の今回は、今の自分と今後について、お話したいと思います。

 プロローグでもお伝えしたように、私は今、中小企業の産業保健師と並行して、ビジネスマンを対象にマネジメントやリーダーシップについて教育する、人材育成・組織開発の仕事をしています。

 中小企業の保健師としての私の目標は、「人事担当者の役に立ち、力になること」です。前職では、人事部の多忙さを知り、彼らの対応している膨大な課題の中で、産業保健に関するものは、ほんの一部であることも分かりました。

 また、当然の事ながら、中小企業に保健師が訪問できる回数は限られ、常勤と同じ対応は出来ません。その様な中で、産業保健師としてどんな活動をしていくか。独自のスタイルを創る必要があります。

活動の一例として、人事担当者とのミーティングをご紹介します!

 担当する中小企業には、月に2回訪問し、1回は産業医面談の運営、もう1回は人事担当者とのミーティングを行っています。ミーティングでは、病気に関連した従業員を全部洗い出し、現在の状況を確認します。私のそこでの役割は、ファシリテーターとして、対象となった従業員の課題を明確にし、産業医・保健師・人事のうち、誰が関わる案件なのかを整理します。

 勿論、その場では、医学的な事も論点になります。しかし、それだけに限定されません。雇用契約等の人事的な手続に関するものや、人材育成に関するもの、制度や体制構築にも及びます。

 このミーティングを軸にする事で、人事部内での情報共有も進み、役職者による判断も同時にされるので、うやむやになりがちな話題についても、話が進むようになります。同時に、人事担当者の自発的な対応が増えて来ました。「人事担当者の力になる事」は、その結果として、「人事担当者に力をつける事」に繋がるのだと、実感しています。

人材育成・組織開発のお仕事

 そして、もう1つの仕事である人材育成・組織開発の仕事。

 組織の中でのリーダーに働きかけ、マネジメントのインフラを整備し、機能させるべく、講師としての活動を行っています。コーチングとファシリテーションを活用し、「単なる研修」の位置づけではなく、実際に「業務で実践される」よう、プログラムを運営しています。

 受講生たちが、楽しみながらプログラムに参加し、素晴らしい成果を笑顔で報告してくれる場面を見るたびに、これが産業保健の目指すべき方向性なのではないかと思います。今後は、2つの仕事を融合させた形として、ストレスチェックの組織分析の結果とマネジメント研修を組み合わせられないか、試行錯誤中です。

 連載の冒頭で、「組織で他者を動かすリーダーシップを発揮し、産業保健師は、どんな価値を提供できるのか。」という疑問を投げかけました。私の今の働き方や仕事の内容は、自分が何のために働くのか、その「意味」の答えそのものです。皆さんは、如何でしょうか。

「6つの問い」に答えられますか?

 最後に、組織開発をご専門にされている立教大学の中原先生の「6つの問い」をご紹介します。所属組織の目標に対して、以下の問いに、チームやご自身は答えられますか?

【Our story : わたしたちのチームのストーリー】
  1.Why do?(なぜ、私たちはやるのか? 私たちは何をめざすのか?)
  2.Why us?(なぜ、わたしたちが、やらなくてはならぬのか?)
  3.Why now?(なぜ、今なのか?)

【My story:現場のわたしが感じるストーリー】
  1.Why do?(なぜ、自分がやるのか? 自分は何をめざすのか?)
  2.Why me?(なぜ、わたしが、やらなくてはならぬのか?)
  3.Why now?(なぜ、今なのか?)

皆さまのご意見お待ちしております!

 今後の活動として、産業看護職の皆さんにも、何かお役に立つ事をしたいと考えていますが、まだはっきりとした形が見えて来ていません。この連載をお読み下さった方達と考えていければと思っていますので、是非感想や今後のご要望を頂ければ、嬉しいです。

感想やお問合せはこちらから≫ 株式会社オフィス・アニバーサリー WEBページ

【参考】
立教大学経済学部中原研究室

「企業で働く保健師のキャリアプランを考える ~攻めの保健師養成を目指して~」もくじ

「産業保健」に関するニュース

2018年11月15日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」
2018年11月15日
【産保PC第6回(2018年度 第2回)レポート】テーマ:メンタルヘルス
2018年11月14日
世界糖尿病デー 「糖尿病の警告サイン」を5人に4人が知らない
2018年11月14日
厚労省がイクメン企業アワード受賞企業取組事例集などを発行
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 家族や大切な方が糖尿病と言われたら
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月13日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月13日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明
2018年11月13日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大
2018年11月09日
【健やか21】妊娠中・産後のママのための食事BOOK(ダウンロード無料)

最新ニュース

2018年11月16日
【健やか21】平成30年度「医療安全推進週間」
2018年11月15日
【参加募集中】第7回 産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~」
2018年11月15日
【産保PC第6回(2018年度 第2回)レポート】テーマ:メンタルヘルス
2018年11月14日
世界糖尿病デー 「糖尿病の警告サイン」を5人に4人が知らない
2018年11月14日
厚労省がイクメン企業アワード受賞企業取組事例集などを発行
2018年11月14日
11月14日は「世界糖尿病デー」 家族や大切な方が糖尿病と言われたら
2018年11月14日
"防ごう、備えよう!低血糖―低血糖時のアクションプラン"公開 糖をはかる日
2018年11月13日
がん患者の就労支援 働く患者の75%が「産業医」の存在を知らない
2018年11月13日
サマータイムは「睡眠障害」の原因に 生物時計に障害 日本学術会議
2018年11月13日
妊娠中の低栄養やストレスが子の高血圧の原因に 遺伝子レベルで解明
2018年11月13日
なぜ「朝食を抜くと体重が増える」? 体内時計で解明 名古屋大
2018年11月12日
「糖尿病になったらいくらかかる?」を改訂 糖尿病の医療費
2018年11月09日
【健やか21】妊娠中・産後のママのための食事BOOK(ダウンロード無料)
2018年11月08日
適切な情報選択の一助に!「アレルギーポータル」を開設~日本アレルギー学会
2018年11月08日
「効果を上げる! 健康教育のツボ」へるすあっぷ21 11月号
2018年11月07日
【新連載】がん治療と仕事の「両立支援」を考える~産業保健師の乳がん経験~
2018年11月06日
簡易に測定できる「フレイルチェック」を産官学協働で開始 九州大学など
2018年11月06日
新しい「発芽玄米」で脳内「BDNF」が増える 脳卒中や認知症などを予防
2018年11月06日
肥満やメタボの新たな治療 肝臓の「アクチビンE」が脂肪を燃焼
2018年11月06日
チョコレートが閉経後女性の高血糖、高血圧、高コレステロールを改善
2018年11月05日
生活改善の「三日坊主」を防止するアプリ チームで励まし治療を継続
2018年11月02日
【健やか21】児童虐待防止推進月間「愛の鞭ゼロ作戦」
2018年11月01日
ブレインフードレシピを提供します(くるみヘルスケアプロジェクト)
2018年10月31日
なぜ朝食は食べた方が良いのか? 肥満と脂質異常症を予防するのに有利
2018年10月31日
生涯でがんに罹患する確率は男性62%、女性47%~最新がん統計
2018年10月31日
歯周病を治療すると血糖値が改善 心血管疾患や腎臓病のリスクも低下
2018年10月31日
乳がんの原因遺伝子を解明 日本人1万8,000人のデータベースを構築
2018年10月31日
世界の長寿国ランキング 日本は2040年に2位に転落 社会格差が課題に
2018年10月31日
女性は50歳を越えると骨粗鬆症のリスクが上昇 「定期的に検査を」
2018年10月31日
非アルコール性脂肪性肝疾患の有無を判定するバイオマーカーを発見
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶