オピニオン/保健指導あれこれ
栄養/食生活

元気づくりの栄養指導をめざして

神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授
鈴木 志保子

北京オリンピックで金メダルに輝いた日本女子ソフトボール代表チームなど、トップアスリートからジュニアアスリートまで多数のスポーツ現場で栄養サポートや指導に携わっています。

最近は、独立行政法人 日本スポーツ振興センター「平成22年度児童生徒の食事状況等調査委員会」などの委員も務め、健康増進やメタボリックシンドロームの予防・改善、子どもの発育・発達についても研究や指導を行っています。

ここでは、保健指導について自信を持ち、説得力のある指導を実施するために必要なことを考えます。保健指導を進める(勧める)ことは難しいことです。しかし、日本の将来のために、前進していくしかありません。頑張りましょう!

プロフィール

  • 鈴木 志保子
  • 鈴木 志保子
    神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授

    管理栄養士・博士(医学)、公認スポーツ栄養士、NPO法人 日本スポーツ栄養研究会会長

    ファジアーノ岡山などのトップアスリートからジュニアアスリートまで多数のスポーツ現場で栄養サポートや指導を行う。また、健康増進やメタボリックシンドロームの予防・改善、子どもの発育・発達についても研究や指導を行っている。

    経 歴

    実践女子大学卒業後、同大学院修了。国立健康・栄養研究所研修生を経て、東海大学大学院医学研究科修了。博士(医学)取得
    2000年 鹿屋体育大学 助教授
    2003年 神奈川県立保健福祉大学栄養学科 准教授
    2009年4月より現職

「栄養/食生活」に関するニュース

2021年03月02日
なぜ体重は正常なのに「代謝異常」に? 体脂肪の「質」が肥満・メタボや糖尿病に影響 順天堂大学
2021年03月02日
人工知能(AI)により生活習慣病の将来リスクを予測 保健指導での意識・行動の改善に貢献 国際医療研究センターなどが共同研究
2021年02月26日
【プレゼント】カロリー・糖質コントロール中にも甘みを「パルスイート® カロリーゼロ」サンプル&糖尿病の食事ガイド
2021年02月24日
「健康寿命延伸のための提言」を公開 横断的根拠にもとづき具体的にアドバイス 国立がん研究センターなど6機関が連携
2021年02月24日
ラクトフェリンが冬の急性胃腸症状を抑制 ノロウイルスを抑える作用の報告も 信州大学など産官学連携の取組み
2021年02月17日
「食物繊維」は肥満・メタボ・糖尿病の人にもメリットが大きい 玄米・大麦・雑穀など「全粒穀物」でリスク低下
2021年02月16日
魚を食べる人は認知症になりにくい 魚の摂取量が多いと認知症リスクが61%低下 日本人を対象に調査
2021年02月16日
日本酒の「酒粕」を再利用した酒粕クッキーや酒粕ショコラテを開発 酒粕には多くの栄養素が 福井大学のSDGsへの取り組み
2021年02月10日
「がんになっても笑顔で暮らせる社会」 がんサバイバーのためのプロジェクト「LAVENDER RING」 206人の向き合い方をフォトブックに
2021年02月10日
「食と認知機能」についての意識調査 医療従事者の8割が食事による認知機能の改善を期待 8割は「認知症は理解されていない」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶