オピニオン/保健指導あれこれ
栄養/食生活

元気づくりの栄養指導をめざして

神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授
鈴木 志保子

北京オリンピックで金メダルに輝いた日本女子ソフトボール代表チームなど、トップアスリートからジュニアアスリートまで多数のスポーツ現場で栄養サポートや指導に携わっています。

最近は、独立行政法人 日本スポーツ振興センター「平成22年度児童生徒の食事状況等調査委員会」などの委員も務め、健康増進やメタボリックシンドロームの予防・改善、子どもの発育・発達についても研究や指導を行っています。

ここでは、保健指導について自信を持ち、説得力のある指導を実施するために必要なことを考えます。保健指導を進める(勧める)ことは難しいことです。しかし、日本の将来のために、前進していくしかありません。頑張りましょう!

プロフィール

  • 鈴木 志保子
  • 鈴木 志保子
    神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授

    管理栄養士・博士(医学)、公認スポーツ栄養士、NPO法人 日本スポーツ栄養研究会会長

    ファジアーノ岡山などのトップアスリートからジュニアアスリートまで多数のスポーツ現場で栄養サポートや指導を行う。また、健康増進やメタボリックシンドロームの予防・改善、子どもの発育・発達についても研究や指導を行っている。

    経 歴

    実践女子大学卒業後、同大学院修了。国立健康・栄養研究所研修生を経て、東海大学大学院医学研究科修了。博士(医学)取得
    2000年 鹿屋体育大学 助教授
    2003年 神奈川県立保健福祉大学栄養学科 准教授
    2009年4月より現職

「栄養/食生活」に関するニュース

2020年07月01日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE) 2020年度申込を受付中 講習会はeラーニング開催
2020年07月01日
「フレイル」のリスクは太り過ぎでもやせ過ぎでも上昇 低栄養を減らして予防
2020年06月25日
食育推進基本計画の目標は多くが未達成―「令和元年度食育白書」を公表
2020年06月24日
外食が肥満や糖尿病の原因? ファストフードにカロリーを表示すれば医療費を減らせる
2020年06月24日
骨折は運動や食事で防げる 肥満・メタボが骨折リスクを高める 納豆が効果的という研究も
2020年06月24日
高齢者の「誤嚥」は1月1日に多く、場所は家が多い 正月の餅が原因か 全国実態調査で明らかに
2020年06月16日
寝る前のドカ食いはなぜダメ? 肥満や糖尿病のリスクが上昇 夕食は就寝の4時間以上前に
2020年06月16日
ビールのホップの苦味成分が認知機能を改善 物忘れのある中高年者を対象に臨床試験を実施
2020年06月09日
【新型コロナウイルス】肥満が世界で深刻な問題に 食事や運動など生活スタイルに深刻な悪影響
2020年06月09日
「今見直したい職場の感染症対策」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,696 人(2020年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶