オピニオン/保健指導あれこれ
QOL

終の棲家を決めるときの支援者の判断根拠

一般社団法人 有料老人ホーム入居支援センター理事長(代表理事)
上岡榮信
 死と向き合うことで、死を考えることで、人生がくっきりと見えてきます。退職後の人生は、臨終から遡って組み立てを考える事も賢明です。

 私のオピニオンでは、終の住処を決めるときの支援者の判断根拠について、超高齢社会を背景に、「利用できる、存在する 制度、施設、仕組みとその運用に実態」、「探し、比べ、見分けて、選ぶ 知識・情報・データ・物差し」を持つ大切さ、そして、それを生かすか、無駄にするか、非常に大切なことを申し上げます。

プロフィール

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶