関連資料・リリース情報

「地域特性に応じた保健活動推進ガイドラインの開発」研究報告書を掲載

「地域特性に応じた保健活動推進ガイドラインの開発」研究報告書

 厚生労働省はこのほど、「地域特性に応じた保健活動推進ガイドラインの開発」(研究代表者:聖路加国際大学大学院看護学研究科教授 麻原 きよみ氏)研究報告書を厚生労働科学研究成果データベースに掲載した。

(厚生労働省/2019年6月27日)

[soshinsha]

「地域保健」に関する資料・リリース

2020年01月17日
平成30年「国民健康・栄養調査」の結果を公開
2019年11月21日
「東京都における就労支援のあり方について」報告書
2019年11月08日
「看護基礎教育検討会 報告書」を公表
2019年10月15日
平成29年度「児童虐待死亡ゼロを目指した支援のあり方について」報告書
2019年10月03日
「平成30年度 高額レセプト上位の概要 」を発表
2019年10月01日
「地域・職域連携推進ガイドライン」を公表
2019年09月30日
「令和元年版 労働経済の分析」を公表
2019年09月27日
「平成29年度 国民医療費の概況」
2019年09月20日
「平成30年衛生行政報告例(就業医療関係者)」の概況
2019年09月19日
産業保健職からの視点で「職域におけるがん検診マニュアル」 の効果的な運用を検討するワーキンググループ報告書

「地域保健」に関するニュース

2020年01月17日
男性の3人に1人超が肥満 高齢者の「低栄養傾向」も課題に 2018年「国民健康・栄養調査」(2)
2020年01月17日
「主食・主菜・副菜が揃った食事」は低所得層ほど少ない 2018年「国民健康・栄養調査」(1)
2020年01月15日
「介護離職ゼロ」を目指して 介護と仕事の両立を支援するも企業の48%は「対策が不十分」
2020年01月15日
ピザ1切れのカロリーは30分のウォーキングに相当 肥満やメタボを抑制する食品ラベルを開発
2020年01月15日
糖尿病を予防するための6つの生活スタイル 糖尿病の発症が75%減少 100万人超を調査
2020年01月15日
人工知能(AI)を使い乳がんを早期発見 グーグルが医師をサポートするAIの開発に成功
2020年01月15日
コンニャクの「セラミド」でアルツハイマー病を予防 原因物質が減少し認知機能が改善
2020年01月10日
【健やか21】「ネット安全安心全国推進フォーラム~子供とネットについて考える!~」を開催
2020年01月07日
女性の運動不足は深刻 仕事や子育てが大変 スポーツ参加を促進するダンスを制作 スポーツ庁
2020年01月07日
主食の炭水化物は50~55%を摂るのが最も健康的 「低炭水化物ダイエット」には限界があることも判明

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶