業界キーパーソン直撃インタビュー保健指導のみちしるべ
全国健康保険協会(協会けんぽ)

第1回 全国健康保険協会(協会けんぽ) 【前編】

中小企業と二人三脚で健康管理 協会けんぽの保健師の活動とは(1)

 第一回は、日本の人口1億3,000万人に対し、3,500万人(約4人に1人)の加入者を有する全国健康保険協会(協会けんぽ)本部の、保健事業を牽引する保健第二グループ長、六路恵子さんにお話を伺いました。

六路恵子さん
全国健康保険協会 本部
保健第二グループ グループ長
URL http://www.kyoukaikenpo.or.jp/

木村:まずはじめにお伺いします。六路さんが思う保健師としての夢はなんでしょうか。

六路:「協会けんぽの加入者と事業主が手を取り合って健康を考え、その後ろから保健師が付いていく」そんな姿が実現し、協会けんぽの全国の保健師が「これこそ保健師活動!」と誇りと意欲を持った活動ができる環境をつくることが夢です。定年まであと4年ですが、少しでもここに近づけなければならないと思っています。

木村:保健師になられた経緯、これまでの略歴を教えてください。

六路:私が大学を受験する前年に、千葉大学に看護学部が新設され、「国立大学に看護単独の学部が初めてできた」と話題になり、何となく周りと違った進路も良いかなぁとの思いがあったため進学しました。

 教養の授業で、社会学や人類学などとても興味深い授業を受ける機会があったことや、地域保健の実習で大学のフィールドにおいて全戸訪問して健康相談を行ない、その報告会を開くなど、自由に考え広がりのある仕事があると気付くことができ、保健師になる希望を持つことができたと思っています。

 卒業後は、東京都中野区、埼玉県、長野県の保健所に勤めて、精神や虐待、未熟児など、いろいろな家庭に関わりました。「人の幸せ」や「人が生きる事」など考えると、投げ出したくなる事も度々ありました。

木村:最近の六路さんの活動を教えてください。

六路:都道府県支部で取り組んでいる健診、保健指導について実態把握のために支部を回っています。先日、宮城、岩手支部に訪問し、特定健診・保健指導の内容をヒアリングしてきました。

 労働安全衛生法に基づく保健指導は事業主の努力義務ですが、特定保健指導は保険者が事業主にお願いをして行なっています。ここがこれまでとは決定的に違う点です。都道府県に対して、保険者との連携を強く打ち出すように要望するとともに、商工会議所との連携も重要と考えています。

 また、被災地では、医療施設、医師不足が起こっており、復興の進捗の停滞等から「疲れ」「行き詰まり感」などからメンタルの問題も出てきています。これは、保健指導者も保健指導対象者も同様のようです。

 被災直後から刻々と状況が変わっており、随時適切な支援が行えるような勉強の必要性と、特定保健指導以外の枠組みを推奨できるような環境が必要と感じました。

木村:従来の産業保健指導ということですね

六路:まさにそうですね。特に被災地では、特定保健指導対象者以外の方も含めた、柔軟な指導の対応を考えていきたいです。

木村:本日はざっくばらんにお伺いさせてください。
 今回のインタビューは、健診・保健指導業界で最大級の情報サイト「保健指導リソースガイド」の連載コーナーの第一弾です。
健康診断事業に携わる方々に、国や関係団体、現場の方々や学術団体等様々な立場の方々に、取組み事例や、事業に対する想い、今後の対策等を「よりシンプルに」お届けすることにより、ヘルスケアリテラシーの向上を目指すことを目的として、私が業界のリーダーの方々に、テーマに沿ったお話をヒアリングして進めるものです。
 インタビューを受ける立場である協会けんぽとしてのメリットを、どのようにお考えですか?

六路:今回のインタビューは、事業所や健診機関、自治体等、幅広い方々に実情や取組みを知ってもらう良い機会と捉えています。なかなかこのような場所が無いので有難いと感じています。

木村:先日、都内で毎月開催されている「さんぽ会(産業保健研究会)」という勉強会で六路さんが発表された内容が素晴らしく、より多くの人に「情報」として届けたいと思いました。
 健診業界の方々に取っては大変わかりやすく貴重なデータです。ただし、公表されているとは言えホームページの「どこに」アクセスすればいいのか分からないので、触れる機会があまりにも少ないのが現状です。
 できればこのようなデータを、自治体、医療保険者、健診機関、事業者がそれぞれの顧客のために比較値として活用できることは大変価値があると感じています。

六路:情報が若干古いものではあるが、皆様のお役に立てるのであれば、ご活用ください。

【参考資料】
協会けんぽ加入者の健康課題(全国健康保険協会)[PDF:5.81MB、30頁]

 協会けんぽの加入者は住民の約1/3に上るため、自治体や関係機関の方と実態を共有し、地域施策を考えるためにデータを使いたいと考えています。また、国立保健医療科学院の横山徹爾先生にご協力いただき47都道府県のデータをまとめ、支部間格差等を示すための評価分析に取り組んでいます。

※協会けんぽの加入状況

参考資料:全国健康保険協会

最新ニュース

2017年10月19日
賞金5万円「全国生活習慣病予防月間2018」川柳とイラストを募集
2017年10月18日
「買物弱者」問題は深刻 700万人に増加 対策事業の半数以上が赤字
2017年10月18日
脳の健康を保つための「ライフ シンプル 7」 認知症は予防できる
2017年10月18日
結婚生活が安定すると男性の肥満や健康状態は改善 夫婦仲が健康に影響
2017年10月18日
心・脳血管疾患に注意 3人に1人が「発症前に知っていたら」と後悔
2017年10月18日
1回の採血で「4年以内の糖尿病発症リスク」を判定 アミノ酸バランスに着目
2017年10月18日
在宅介護高齢者の4人に1人が睡眠薬を使用 ケアマネジャー「見直し必要」
2017年10月17日
【アンケート協力のお願い】第3期特定健診・特定保健指導の改正内容について(保健指導従事者実態調査)
2017年10月17日
【生活習慣病予防月間2018】インスタグラムキャンペーン 「少食ごはん」 募集中!
2017年10月16日
【HAMIQ】医療機関・介護機関の皆様へ~会員募集中~
2017年10月13日
【連載更新】高齢者の外出、移動の問題を考える No.3
2017年10月12日
30代後半女性の体力が最低に 高齢者は過去最高 体力・運動能力調査
2017年10月12日
「薬剤耐性」(AMR)問題を知ろう AMR対策アクションプランで啓発を開始
2017年10月12日
【健やか21】孫育てのススメ(祖父母手帳)の発行(鳥取県)
2017年10月12日
禁煙治療のアプリを開発 空白期間をフォロー 日本初の治験を開始
2017年10月12日
妊娠中うつ症状の発症に食事パターンが影響 「日本型」では発症が少ない
2017年10月11日
厚労省が過労死等防止対策白書を公表~現状や調査研究結果を報告
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を食事と運動で改善 「糖をはかる日」講演会(1)
2017年10月06日
「血糖値スパイク」を薬物療法で改善 「糖をはかる日」講演会(2)
2017年10月06日
【健やか21】0歳児身長が伸びやすい季節は夏(育児ビッグデータ解析より)
2017年10月05日
【連載更新】心とからだにかかわる専門職の人材育成/スーパー売り場での気づきから開業保健師へ
2017年10月04日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2017年10月03日
妻が肥満だと夫は糖尿病になりやすい 家族対象の保健指導が効果的
2017年10月03日
「低カロリー食」で老化を防げて寿命も延びる 腹八分目で若返ろう
2017年10月03日
うつ病のリスクは魚を食べると減少 「n-3系脂肪酸」の予防効果
2017年10月03日
医療費抑制 27%が「患者の負担増」に理解 65歳以上でも3割 健保連調査
2017年10月03日
スニーカー通勤でウォーキング スポーツ庁「FUN+WALK PROJECT」
2017年10月03日
「AMR対策いきまぁーす!」―厚労省がガンダムとコラボし啓発活動を実施
2017年10月02日
【患者さん向け】「糖をはかる日」クッキングセミナー2017 参加者募集開始!!
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,501 人(2017年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶