オピニオン/保健指導あれこれ
ケアのちから

No.1 老年期の医療と介護をつなぐには

ノンフィクション・ライター
中澤 まゆみ

 この3月に『おひとりさまでも最期まで在宅』という本を出しました。認知症になった15歳年上の友人の介護を引き受け、その過程で"おひとりさまシリーズ"を書き続けるなかで、老齢期の医療のことがずっと気になっていたからです。

 誰でもそうでしょうが、介護の当初は動顛、驚愕、七転八倒の毎日です。私の場合は「患者の権利」や「当事者の尊厳」をなまじ知っていた、少々頭でっかちのライターでしたから、理想と現実のギャップにおおいに悩みました。

 認知症や「老年医学」についてさまざまな本を買い込み、これからの彼女にはパーツごとではなく「からだ丸ごと」の医療が必要・・・と、近隣の医療機関を当たりましたが、彼女は「先生が若いからイヤ」「病院が大きすぎるからイヤ」「遠いからイヤ」のイヤイヤづくし。しかも、地域の医療機関についての情報はなかなか見つかりません。

 いま思えば彼女は、「なぜ自分が認知症に」という怒りや不条理感、「これからどう生きていったらいいのか」という不安、「記憶がなくなる」ことの恐怖など、一気に押し寄せてくる混乱と葛藤を、私にぶつけていたのでしょう。とはいえ、ヘルパーも拒否、デイサービスも拒否、お弁当も文句たらたら・・・。

 彼女を支える自信がなくなって、「有料老人ホームに行かない?」と勧めたことも何度かありましたが、「集団生活はイヤ」と言い張られ、「お願いだから家にいさせて」と泣きつかれる始末。半ば根負け、半ば「それなら、とことん」の覚悟で、彼女の在宅生活を支えることになりました。

 知人の協力で優秀なケアマネジャーに出会い、二人三脚の呼吸も合って介護はうまく回るようになったものの、問題は医療でした。老年期の病気はドミノ倒しのようにやってきますが、彼女の場合も例外ではありません。ようやく老年医療に慣れた「内科」と「精神科」のある小規模病院を見つけましたが、「精神科」は近隣の大病院からの出向で医師が毎年変わるので、毎回いちから出直しです。

 心筋症になった彼女が入院した地域の中核病院には、「精神科」を含めたさまざまな診療科がありました。「ここなら、からだ丸ごとOKかも」と期待を抱いたのですが、肝心の「精神科」は若い患者が中心。認知症の人の治療には不慣れだったので、とても彼女をまかせることはできませんでした。

 入退院の環境の変化で認知症が進んだのか、退院後、「拒食状態」が深刻になってきたため「入院で状態改善を」と、退院先の病院を含め、近隣の病院を片っ端から当たりました。しかし、認知症の彼女を受け入れてくれる病院はありません。ようやく入院させてくれたのは都下の精神病院。「拒食」はなんとか落ちついたので、一息つきましたが、いい「かかりつけ医」は依然として見つかりません。

「地域保健」に関するニュース

2021年04月09日
【健やか21】「妊産婦のための食生活指針」の改定について(厚生労働省)
2021年04月08日
新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力
2021年04月07日
小児のがん患者体験調査を初めて実施(国立がん研究センター)
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年04月05日
朝食は「1日でもっとも重要な食事」 朝8時30分までに食べると糖尿病リスクは低下 朝食を改善する4つの方法
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック
2021年04月05日
慢性腎臓病(CKD)の重症化を予防するために 看護師・栄養⼠による保健指導が戦略に 地域連携の強化が重要
2021年04月02日
【健やか21】子どもの事故防止プロジェクト・レポート「子育てを経た保護者の事故防止に対する意識の変化」の掲載について(消費者庁)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶