オピニオン/保健指導あれこれ
地域保健

川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョンの策定に関わって

公益社団法人 川崎市看護協会/保健師
広瀬 壽美子

一生住み続けたい最幸のまち・川崎をめざして、川崎市では平成27年3月に「川崎市地域包括ケアシステム推進ビジョン」を策定しました。

このビジョンは、「誰もが住み慣れた地域や自分が望む場で安心して、暮らし続けることができる地域の実現」を基本理念として、すべての住民を対象とする、川崎市におけるさまざまな関連計画の上位概念として位置付けられています。

また、地域包括ケアシステムの構築に向けた取り組みを進めるにあたっては、行政内部ばかりでなく、保健・医療・福祉の関係機関、町内会、自治会、地域・ボランティア団体、住民など地域を支える様々な主体においても、その考え方を共有し、それぞれにおいて取組を進めていくことが期待されています。

プロフィール

  • 広瀬 壽美子
  • 広瀬 壽美子
    公益社団法人 川崎市看護協会/保健師

    経 歴

    昭和51年3月東邦大学高等看護学校卒業後、同大学大森病院で3年間の勤務。

    昭和55年3月神奈川県立看護教育大学校卒業後、川崎市多摩保健所勤務をはじめ市内4ヶ所の保健所(平成15年4月より保健福祉センター)に勤務。平成17年4月より健康福祉局に勤務する。本年3月定年退職。6月公益社団法人川崎市看護協会理事に就任。現在に至る。

「地域保健」に関するニュース

2019年11月14日
【健やか21】電気カーペットや湯たんぽによる低温やけどに注意!
2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月13日
11月14日は世界糖尿病デー ウォーキングで世界につながろう 糖尿病の半分以上を予防できる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月12日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験で実証
2019年11月11日
待機児童数過去最少に~厚労省が保育所等関連状況取りまとめを公表
2019年11月08日
【健やか21】11月は児童虐待防止推進月間です
2019年11月08日
「産業保健機能の強化と健康情報の取り扱い」へるすあっぷ21 11月号
2019年11月06日
【申込開始】あらゆる世代・分野の健康づくりをサポート 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2020年版」 
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,889 人(2019年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶