オピニオン/保健指導あれこれ
元気づくりの栄養指導をめざして

No.1 保健指導の難しさ

神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授
鈴木 志保子

 皆さんは、対象者が「グッとくる一言」を持っていますか?

 「グッとくる一言」を探し続けた結果、万人に共通の言葉がないこと、探すことが難しいことがわかりました。どうして難しいかをまとめました。

 保健指導の意義は、「健康(現状)を維持・増進(改善)させる」ことでしょうか?

 個人の目線で意義を考えると、「大切だとわかっていても、すぐにやらなくてはいけないことではない」と思うでしょう。会社などの組織で考えると、社員が健康でいてくれれば、確実な労働力が確保され、健保組合での運用が良好になります。国で考えると、大きな問題である医療費の削減になります。

 個人と集団では保健指導のとらえ方が違います。個人では意義を感じづらいけれども集団が大きくなればなるほど意義は高まります。しかし、個人の成果が上がらなければ、会社も国も効果を得ることができません。したがって、個人を行動変容に導くための「グッとくる一言」は、重要なのです。

 「グッとくる一言」は、エビデンスにより導かれた自分の身体に起こるメリットであると考えます。たとえば、病気になって「この治療をすると95%の確率で効果が上がる」というエビデンスを提示されればグッときます。

 さて、健康に関してこのような表現でエビデンスを示すことはできるのでしょうか?

 先日、「健康づくりのための運動基準」の改正検討会の席で、基準で示す身体活動量を高齢者が実施することによってどのくらいの成果を上げることができるのかという質問に対し、「エビデンスを分析した結果、3か月間寿命が長くなります」と宮地先生(国立健康・栄養研究所)がお答えになりました。

 フロアからは笑いが起こりました。笑いは、フロアにいた人たちは、個人の目線で考えたため起こったと思います。しかし、国として考えたならば「大きな成果」となります。個人と集団では、エビデンスのとらえ方が違います。

 残念ながら、個人の目線でグッとくるエビデンスを示すことができません。なぜなら、同一の対象者で比較することができないからです。たとえば、同一人でタバコを吸わずに生きた場合と、タバコを吸って生きた場合でデータを取って、その比較した結果からタバコの害を示すことができません。したがって、疫学的に得られたエビデンスが個人にぴったりと当てはまるかわかりません。

 現場では、「当てはまるかもしれないからやってみましょう!」としかエビデンスを使うことができないのです。遠い将来かもしれないエビデンスしかないので、「グッとくる一言」をエビデンスの中から探し出すのが難しいわけです。

 しかし、エビデンスを理解して指導することによって、自信を持って指導でき、説得力のある説明をすることができます。エビデンスを活用した保健指導は必要です。

 保健指導を進める(勧める)ことは難しいですね。しかし、日本の将来のために、前進していくしかありません。頑張りましょう!

「元気づくりの栄養指導をめざして」もくじ

「栄養/食生活」に関するニュース

2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始

最新ニュース

2017年06月27日
【新連載】日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要
2017年06月07日
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険
2017年06月07日
「自分で測り健康データを収集」 5000人規模のコホート研究 東北大学
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月06日
「8020」を2人に1人以上が達成し過去最高に~平成28年歯科疾患実態調査
2017年06月06日
初の出生数100万人割れで過去最少 厚労省・人口動態統計月報年計
2017年06月02日
厚生労働省が平成28年の職場における熱中症死傷者発生状況を取りまとめ

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶