オピニオン/保健指導あれこれ
郁子の栄養指導あれこれ

No.3 おれはメタボじゃない

管理栄養士 (フリー)
佐藤 郁子

 予定の時間になっても対象者さんは来られず、もう少しで連絡を入れようとした時にその方は来られました。入られた時の第一声は「俺はプロスポーツ選手のAと身長も体重も同じだ。Aはメタボなのか?」です。あまりにも突然の出来事に唖然としながら、挨拶を済ませ、座っていただくように声をかけましたが、怒っておられるようで、「座らない」の一点張りです。とりあえず、立ったままでは…と何とか座ってもらい、指導を始めようとしたのですが、私に話す隙も与えないくらい早口で話し始めました。

 「Aがメタボじゃないなら、俺もメタボじゃない」「メタボの基準値は誰が決めたのか」「大体、この基準に俺を当てはめるのが間違っている」等々、いい加減うんざりするくらいの文句です。そして、「俺は自分で既にダイエットを始めている。お前が俺に何をやれと言うのだ。」と言われ、やっと口を挟むことができました。

 まずは、体重と腹囲の確認です。確かに検診時より体重は落ちていますが、BMIは30近く、腹囲も100cmを超えていて、正常値には程遠い値です。A選手と同じ体重でも同じ体型ではないことは明らかです。それに血液検査では中性脂肪とLDL、血圧が高値、運動していると言ってもHDLはぎりぎりです。聞けば武道の経験者で現役のころは減量とリバウンドを繰り返していたようで、体脂肪は現役のころから26%と多く、今はもっと増えているようです。

 私が、現役のころから体脂肪が多めだったことと、腹囲が大きくなっていることは内臓脂肪が増えてきていることなどをお話ししましたが、全て自分は違うと否定してきます。その後、質問(文句?)1つ1つに丁寧に回答し、すでに取組み初めていることについてだけは聞くことができました。取組み方法には問題が山積みでしたが、「頑張っておられるのですね。実際に効果も出ているのであれば、今、取り組まれていることを継続してください。」と言うと、急にニコニコしだし、「それなら話を聞いてやってもいい。」と言われたのです。

 ほっとしながらも、私は取り組まれていることを行動計画にし、目標体重だけを伝えることにしました。実際は何も指導していないのですが、既に取組み始めていることがいくつもありましたし、ここまで来るのにかなりの時間を使ってしまったのと、本人に私の指導を受け入れる気がまるでなかった為、そうせざるを得なかったのです。行動計画の立案までたどり着いたので、あとは今後の継続支援の流れ等を説明して終わろうとしたのですが、なぜか話は止まりません。

 あげくの果てには、「こんなのにお金をかけている方がおかしい」「若い子の痩せすぎの方が問題なのに、それに対する指導はしないのか。痩せすぎからくる無月経が少子化を進めている。」と焦点が完全にずれてきました。

 仕方がないのでそれにもきちんとお答しましたが、結局、予定の時間を15分もオーバーしてしまいました。

 かなり疲れる指導でしたが、一体何を言いたかったのかよくわかりませんでした。いくら制度でも、そんなに嫌なら受けなければいいと思いますし、結局、改善する気もないのに指導を受けることでも、お金を発生させていることに全く気付いていないのです。

 ただ、直接あって文句を言ってやらないと気が済まなかったのでしょう。こんな指導は多々あります。

 指導者の技術力の問題でもあるのでしょうが、保健指導とはどんなものなのか理解されていない場合が多く、何をされるのかわからないまま指導を受けにくる人が多いことは問題だと思っています。

 まだまだ「特定保健指導」という言葉は浸透していないということなのです。 限られた時間のなかで、「特定保健指導の概略」から「指導の目的」等を話し、理解を得るのは厳しいですが、そうしていかないと浸透していかないのでしょう。

 ただ単に指導するだけでなく、いかに指導を受けることが重要なのかを伝えて行くことも、私たち管理栄養士の使命なのだとわかっていても、何か府におちないまま指導に携わっています。

「栄養/食生活」に関するニュース

2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始

最新ニュース

2017年06月27日
【新連載】日本の元気を創生する ‐開業保健師の目指していること‐
2017年06月26日
3つのアプリを開発「考えよう!いじめ・SNS@Tokyo」
2017年06月26日
子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性を発表
2017年06月22日
【健やか21】子どもの健康の地域間格差が拡大している可能性
2017年06月21日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)、東京CDS 講習会の日程を発表
2017年06月21日
日本の介護の現状をレポート 「介護社会」の本格的な到来に備える
2017年06月21日
世界の3人に1人が肥満か過体重 世界規模で保健指導が必要
2017年06月21日
ブロッコリーで糖尿病を改善? 「スルフォラファン」が血糖値を下げる
2017年06月21日
糖尿病+高血圧 どうすれば治療を両立できる? 高血圧の治療が進歩
2017年06月21日
「健康長寿新ガイドライン」を策定 東京都健康長寿医療センター
2017年06月20日
「血糖トレンドを知るには。」を公開 血糖トレンドの情報ファイル
2017年06月19日
広がる電子母子手帳~健康情報を管理するアプリとも連携(神奈川県)
2017年06月16日
【健やか21】子ども外傷患者初期対応アセスメントシート 活用マニュアル
2017年06月15日
乳がん検診は今後はどう変わる? 「高濃度乳房」の実態調査を開始
2017年06月15日
食育推進計画を策定した市町村は78%に上昇 「平成28年度食育白書」
2017年06月15日
日本初の「心房細動リスクスコア」を開発 検診項目からリスクが分かる
2017年06月15日
赤ワインのポリフェノールで血管が柔らかく 糖尿病の動脈硬化も改善
2017年06月15日
内臓脂肪が増えるとがんリスクが上昇 腹囲の増加は「危険信号」
2017年06月15日
HbA1cを測定できる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に1,500ヵ所以上
2017年06月08日
【健やか21】子ども・若者育成支援「専門分野横断的研修」研修生募集
2017年06月07日
若い世代の産業保健師を育成するプロジェクトがスタート
2017年06月07日
産業保健プロフェッショナルカンファレンス サイトを公開
2017年06月07日
糖尿病医療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始
2017年06月07日
健康に生きるための5つの「ライフ スキル」 人生で勝つために学びが必要
2017年06月07日
睡眠を改善するための10ヵ条 睡眠不足とメタボが重なると危険
2017年06月07日
「自分で測り健康データを収集」 5000人規模のコホート研究 東北大学
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月06日
「8020」を2人に1人以上が達成し過去最高に~平成28年歯科疾患実態調査
2017年06月06日
初の出生数100万人割れで過去最少 厚労省・人口動態統計月報年計
2017年06月02日
厚生労働省が平成28年の職場における熱中症死傷者発生状況を取りまとめ

おすすめニュース

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,135 人(2017年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶