オピニオン/保健指導あれこれ
「熱中症」の健康障害を防ぐために

No.4 いま、求められている熱中症予防策

山田誠二産業保健センター所長
山田 誠二

スポーツにおける熱中症死と賠償責任

 熱中症による死亡者数を年齢階級別に調べた実験結果(1968年~2014年)によると、15歳で約180人死亡している。これは練習や試合中のスポーツで起こった熱中症のため死亡した少年・少女の数である。身体を鍛えるために行なっているスポーツで死亡することは許されない。中・高等学校の部活や少年クラブ中に熱中症が起こり、部やクラブの責任者がその責任を問われることが多くなり、新聞などで繰り返し報道されているが、事件は毎年起こっている。

事例①

 硬式野球部のコーチの指示で、全員の練習後、ある生徒が100m走を100本以上走ることを命じられ、さらに30本追加された。あと数本というところで意識が朦朧となって倒れた。この間の給水は2度だけだった。コーチは「気合いを入れ直さないといけない」と考えたが、体罰に近いものだった。県高校野球連盟よりコーチは無期限指導停止となり、監督は厳重注意となった。この事例では、生徒は熱中症から回復しているが、死亡した事例もある。

事例②

 中学校の部活練習で熱中症を起こしたのに、すぐに対応がなされずに死亡した事例がある。ラグビーの練習中に熱中症で倒れた中学1年生の部員を運動場で放置し、1時間以上の後、保健室に運び、緊急対応をしたが本人は死亡した。裁判所は、緊急対応をしなくてはいけないのにしなかったのは「安全配慮義務違反」だとして、市に賠償を命じた。この際、部長として指導をしていた教員の責任は、国家賠償法により問われなかった。両親はこれを不服として、県の検察審査会に審査請求をし、審査会は裁判所が出した“不起訴”は不当であると結論付け、この教諭は「業務上過失致死罪」で起訴された。

 その後、元教諭(すでに依願退職)に対して「早い段階で救護措置を取っていれば死に至らなかった」として「業務上過失致死罪」で起訴した。簡易裁判所は50万円の罰金刑とした。たかが50万円と思ってはいけない。50万円という額は、労働安全衛生法の第119条、第120条という一番多く事業者に適応される罰金刑の最高額である。罪は重いものであると考えている。

熱中症への対応の遅れは、「安全配慮義務違反」あるいは「業務上過失致死罪」

 若い人が死ぬと最低1億円の損害賠償が必要になるが、死亡せず介護が必要な場合には、介護料として、さらに最低1億が加算される。

 一学期の期末テストが終えた直後の部活の練習でキャプテンだった女性が指示された練習メニューをこなそうとして練習中に熱中症で倒れ、一時心停止になった。命はとりとめたが、重度の意識障害が残り、寝たきりになった。裁判所は、「学校側が熱中症への注意義務を怠り、部活動中に倒れて重い障害が残った」として、県側の責任を認定して約2億4千万円の賠償請求を命じた。将来の介護費用として、約1億円を算出している。

 このように、熱中症への対応の遅れは、「安全配慮義務違反」あるいは「業務上過失致死罪」を問われることになり、スポーツに係る監督やコーチは意識していなければならない。最近の少年野球には、暑熱をさけるためのテントが必ず張られ、テントでできた日陰に冷たい飲物が置かれている。また、監督やコーチには熱中症に関する研修を受講することが義務付けられている。

熱中症予防策を考え、実践しよう

産熱の抑制と放熱の促進

 人間は寒冷環境には比較的強く、暑熱環境には弱い。体温上昇の安全域は3℃ぐらいしかない。

 体温上昇を防ぐために体内水分(体液)を発汗により蒸発させ体温上昇を防ぐ。しかし体液量が不足してくると循環血液量を維持することを優先させ発汗は止まり、体温が上昇することによる温熱障害(「熱中症」)が起こる。喪失水分量の補給を定期的に行うことにより体温上昇は抑えられる。補給水分量の温度は、5~15℃ぐらいに冷やしたものがよいが、温度は関係なく水分量さえ確保されていれば十分である。脱水による体温上昇は、脱水が体重の1%ごとに0.3℃の体温上昇が認められる。

 体温を一定の温度を超えない条件にするには、産熱と放熱の平衡で定まる。暑熱状態では、①産熱の抑制、②放熱の促進が重要である。

①産熱の抑制
 伝導・対流、輻射などの物理的熱伝導因子が高い環境に近寄らない。断熱服などを利用する。また、作業などによる筋肉からの熱産生を抑えるには、一連続作業時間の短縮、作業・運動強度の上限の設定、休息時間の設定を行なって対処すべきである。

②放熱の促進
 放熱がもっぱら発汗による暑熱条件下では、1Lの発汗により580kcalの熱が放出される。それゆえ有効な発汗を行う。汗は皮膚面から蒸発して、はじめて熱を奪う。それゆえ、サウナ風呂などで、ボトボトと落ちる汗は蒸発していないので、水を蒸発させるという体温調節には役だっていない。そのために、有効発汗を起こしやすくすることが大切である。風を起こす、服装などにも注意することである。暑熱環境に適応した作業者を作業に就かせることにより、有効発汗による水分喪失量を減少させる。

現場での処置の重要性

 いかに早く体温を下げて意識を回復させるかが予後を左右するので、現場での処置が重要である。

体温を下げる方法
・身体に水を掛けたり、濡れタオルを当てて扇いで、身体の体温を下げる。
・頸・腋の下・足の付け根など太い動脈の走る部分に氷やアイスバックをあてる。

循環が悪い場合の対応
・足を高く(頭を低く)してマッサージをする。

症状としての意識状態への留意
・意識障害が軽い場合もみられるが、応答が鈍い、言動がおかしいなど少しでも異常が見られる時には重症として処置する。

熱中症予防には

1) 熱中症に関する労働衛生教育が必要である。とくに屋外作業を行う建設業や土木作業作業者などの中小企業への教育・啓発が必要である。

2) 「自発的脱水」により脱水量に相当する水分量を一度に補給できない我々は、高温熱環境下では、口渇 がなくても定期的に水分・塩分補給をする必要がある。

最新ニュース

2019年01月16日
慢性腎臓病(CKD)対策 透析を防ぐために「睡眠」の改善が必要 大阪大
2019年01月16日
産後うつと関連して対児愛着が悪くなる 母親を早期支援し「ボンディング障害」を予防
2019年01月15日
糖尿病腎症の重症化予防 保健師・管理栄養士・薬剤師が連携 先進的な取組みを紹介 厚労省
2019年01月15日
乳がん手術の革新的な診断技術を開発 迅速・簡易な検査で「乳がんの取り残しなし」
2019年01月15日
アルコール依存症の飲酒量を低減する薬が登場 飲酒の1~2時間前に服用
2019年01月10日
【先着順申込み受付中!】 2/6 市民公開講演会 全国生活習慣病予防月間2019
2019年01月10日
【健やか21】ピアサポーター養成講座受講生の募集について(難病のこども支援全国ネットワーク)
2019年01月09日
「働き方改革と健康経営」へるすあっぷ21 1月号
2019年01月09日
【産保PC第7回(2018年度 第3回)レポート】職場巡視~ありのままの現場を見られる産業保健師になる~
2019年01月08日
高齢者の肥満症のガイドラインを公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月08日
大人のがん教育を始めよう がん患者の就労問題に取り組む企業を支援 がん対策推進企業アクション
2019年01月08日
がん終末期患者の3割が「苦痛あり」 介護など家族の負担も大きい 国立がん研究センター調査
2019年01月08日
「冷え性」を克服するための6つの改善策 足の冷えに動脈硬化が隠れていることも
2019年01月07日
保健指導リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト20
2019年01月04日
妊娠~子育て期にだれもが切れ目ない支援を受けられるように―成育基本法が成立
2019年01月04日
厚労省が医療的ケア児と家族を支えるサービスの事例紹介の報告書を作成
2019年01月03日
IT導入で「障がい者雇用の可能性を広げる」期待高まる―野村総研調査
2018年12月26日
連休の夜更かし朝寝坊が体調不良の原因? 朝型生活でメタボや糖尿病のリスクを低下
2018年12月26日
認知症の発症を予想する新たなマーカーを発見 久山町研究の成果 九州大学
2018年12月26日
がん患者のための情報サイトを公開 就労や生活上の課題などの情報が中心
2018年12月26日
学生時代の運動歴が将来の健康を左右? 大学時代のスポーツ経験が影響
2018年12月26日
慢性腎臓病(CKD)患者はBMIが高値だと生命予後が良好 2万6,000人を調査
2018年12月21日
【健やか21】「アドバンス助産師1万2,000人に」日本助産評価機構が新たに992人認証
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み② ~仕事と育児・介護の両立支援 編~
2018年12月20日
経団連の「働き方改革事例集」掲載企業の取り組み① ~健康経営・健康増進活動の展開 編~
2018年12月19日
肥満や病気の予防を「まちづくり」から推進 健康になるための「都市デザイン」とは 千葉大と竹中工務店
2018年12月19日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測 国立国際医療研究センター
2018年12月19日
果物は肥満・メタボに良いのか悪いのか? 果物の健康効果を科学的に検証
2018年12月19日
「10の食品群」の栄養バランスをチェックできる無料アプリ 東京都健康長寿医療センターなど共同開発
2018年12月19日
転倒経験がある高齢者は、自転車での転倒発生率も高い 肥満も転倒の要因に
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶