• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
 国民健康づくり運動「健康日本21(第二次)」では、栄養・食生活について各ライフステージで重要となる適正体重の維持や、適切な食事に加え、食品中の食塩含有量等の低減など栄養・食事管理について目標が定められています。指導者には、栄養指導の重要さとともに幅広さがますます求められてきます。
佐野 喜子
神奈川県立保健福祉大学プライマリー栄養ケア研究室
「間食指導」で考える生活習慣改善アセスメント
~行動変容ステージに応じた成功アプローチを伝授します!

第5回:維持期
“目標を達成しても終わりじゃない!「維持期」の間食指導とは?”

 維持期とは、「行動変容が6カ月以上続いている時期」とされています。健康への改善行動が、生活習慣として定着している状況です。また、本人がその効果を実感できている時期でもあり、継続への意欲も高い時期です。(2014/8/26)

本文を読む

佐藤 郁子
管理栄養士(フリー)
郁子の栄養指導あれこれ

No.3 おれはメタボじゃない

 予定の時間になっても対象者さんは来られず、もう少しで連絡を入れようとした時にその方は来られました。入られた時の第一声は「俺はプロスポーツ選手のAと身長も体重も同じだ。Aはメタボなのか?」です。(2013/6/27)

本文を読む

鈴木 志保子
神奈川県立保健福祉大学 保健福祉学部栄養学科 教授
元気づくりの栄養指導をめざして

No.1 保健指導の難しさ

 皆さんは、対象者が「グッとくる一言」を持っていますか?「グッとくる一言」を探し続けた結果、万人に共通の言葉がないこと、探すことが難しいことがわかりました。どうして難しいかをまとめました。(2013/2/28)

本文を読む

「保健指導リソースガイド」トップへ