業界キーパーソン直撃インタビュー保健指導のみちしるべ
【特別編】 データヘルス計画セミナー

データヘルス計画、健康経営、コラボヘルス、保健事業の新たな挑戦!

 当コーナーを企画する株式会社リンケージ 木村大地氏が企画協力したセミナー「データヘルス計画、健康経営、コラボヘルス、保健事業の新たな挑戦!」が、6月3日にアイビーホール青学会館にて開催され、健保組合や健診機関の方々約160名が参加されました。
(主催:株式会社新社会システム総合研究所)
 そこで今回、セミナーにご登壇いただいた講師の方々へ実施した「データヘルス計画」についてのアンケート結果と、当日配布した資料を公開することになりました。
 講師からのコメント/配布資料

本コーナーをご覧になっている皆様へ

 皆さまは、「なぜ」このコーナーをご覧になり、「どのような」ことを知りたいと思い、現在置かれた立場で個人として「なに」ができますでしょうか?

 このコーナーはご覧になられる方々の、様々な背景を思い描きながら、正しい情報を、真面目にお伝えできればと思い発信させて頂きます。

なぜ、今回のセミナーを企画をしたか

 平成25年6月14日に閣議決定された「日本再興戦略」で、国民の健康寿命の延伸のために医療保険者がレセプトデータと健診データを突合した情報を分析活用することで、積極的な健康づくり事業、重症化予防、疾病予防等を行なう保健事業が開始されることになりました。

 私は、特定健康診査・特定保健指導の制度が始った平成20年度の前年、平成19年度まで新潟県の健診機関に所属していました。
 制度施行の前年(19年度)はトライアル期間として、複数の医療保険者と恊働してトライアル実施及び実施計画に携わっていました。

 しかし、委託する医療保険者も受託する健診機関も、当時は国が示す正確な情報や、他の医療保険者の取組み(どのように制度解釈をし、どのような計画をたて、どのようにトライアル実施をしているのか)が、不透明なことが多く、新潟では厚労省の検討会を傍聴することもできず、大変苦労していました。

 当時の上司と業務時間外や休日に、厚生労働省のホームページに掲載されていた検討会議事録を隅々まで読み漁り、実施の手引きの暫定版(複数回更新)を細部にいたるまで赤線を引き、顧客(医療保険者及び加入者)に適切な健診受診環境を提供できるよう、四苦八苦しておりました。

 その後、私は縁があって平成20年度から、厚生労働省が運営する特定健診保健指導XMLデータ作成フリーソフトの企画開発運営のマネージャーを行なうことになるのですが、厚生労働省や健康保険組合連合会、日本医師会、国保中央会、保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS)等の団体の方々とディスカッションを行なうことが増えるにつれ、あまりにも最新の正確な情報が現場に届いて無いことに気づきました。その影響で、「知れないことによる責任放棄」や、「曖昧に解釈することで生じる誤認識」が現場に生まれ、国民に対する健康管理の不徹底が多く発生していることに歯痒い思いをしておりました。

 前置きが長くなりましたが、そのような背景から、今回データヘルスがヘルスケア市場で話題になり始めた昨年(平成25年)の春くらいから厚労省および関係省庁の動向をウォッチし、本サイトにて厚生労働省保険課の方々と対談をさせて頂いたりと、ポピュレーションアプローチの企画をしておりました。
第2回 「データヘルス計画」について~どう計画し、運用するか~

 その一環として、ぜひ皆様に直接知って頂きたかった取組みとして、以前からお世話になっていた下記四名の方に甘えてご登壇の了承を頂き、今般のセミナーを企画し開催する運びとなりました。

今回のセミナー開催の主旨は、二つ

(1)国の制度設計の背景や想い、及び各医療保険者や企業側の取組み好事例を「生」で聞いてもらい、事業計画に取組むために正しく熱く取組んでもらうためのキッカケをつくり、加入者の健康管理の一助として頂きたい。

(2)セミナー内容を本サイトに公開することにより、エッセンスをより多くの業界関係者(閲覧数、約65,000人)に届けることで、現場の運用をより円滑に推進して頂きたい。

知らないではなく、知ろうとしないだけ
やれないではなく、やろうとしないだけ

 そんな、場面に多く触れることも多いかと思いますが、本コーナーが健康管理事業に情熱を持って、一歩を踏み出すことに繋がれば幸いです。

(株)リンケージ
代表取締役 木村大地

講師からのコメント/配布資料
■データヘルス計画の推進について
 吉村 和也氏(厚生労働省 保険局 保険課)
配布資料

■動き出したデータヘルス計画への取り組み
 -財政・保健事業の大改革の歩み-
 中家 良夫氏(内田洋行健康保険組合 事務長)
コメントを読む 配布資料

■日立健康保険組合における
 「データヘルス計画」策定と実行の事例
 根岸 正治氏(日立健康保険組合 保健事業推進課長)
コメントを読む 配布資料

■株式会社フジクラの健康増進・疾病予防活動
 -社員が活き活きと仕事をしている会社を目指して-
 浅野 健一郎氏(株式会社フジクラ 人事・総務部 健康経営推進室 副室長)
コメントを読む 配布資料

最新ニュース

2019年03月22日
2017年度 特定健診の実施率は53.1%、特定保健指導の終了者は19.5% 目標との隔たり埋まらず
2019年03月22日
【健やか21】春本番、自転車の思わぬ事故に注意! ~安全のために知っておきたいポイント~
2019年03月20日
運動は若さを保つための最善の策 40歳以降は筋肉を増やす運動が必要
2019年03月20日
糖尿病リスクはBMIが22以上から上昇 若い頃からの体重管理が重要 順天堂大学
2019年03月20日
保健指導と介護予防を一体的に実施 フレイル対策を強化 厚労省が方針
2019年03月20日
うつ病の発症原因は「仕事の不満足」 回復では「職場ストレス」が重要 職場でのヘルスマネジメント戦略
2019年03月20日
長時間労働が心筋梗塞リスクを1.6倍に上昇 日本人1.5万人を20年調査
2019年03月20日
歯周病がCOPDの引き金に 歯周病の人は発症リスクが4倍に上昇
2019年03月19日
地域保健・健康増進事業報告①~母子保健など「地域保健事業」の概要
2019年03月14日
【健やか21】募集開始!周産期メンタルヘルスと児童虐待予防セミナー
2019年03月14日
保健師の職業紹介番組を放映(テレビ神奈川、3/17)
2019年03月14日
「産業保健プロフェッショナルカンファレス」主催者変更のお知らせ
2019年03月13日
「睡眠負債」は週末の寝だめでは解消できない 睡眠を改善するための6ヵ条
2019年03月13日
認知症リスクは糖尿病予備群の段階で上昇 体と心を活発に動かして予防
2019年03月13日
【新連載】LGBTについて、学校保健分野・地域保健分野・産業保健分野で考える
2019年03月13日
994万人が高血圧 脂質異常症は221万人 糖尿病は過去最多の329万人 【2017年患者調査】
2019年03月13日
日本人妊婦で「静脈血栓塞栓症」が増えている 女性でも珍しいくない病気に エコチル調査
2019年03月13日
高齢者の多くが複数の病気を併発 医療費と介護費が増加 保健指導が必要
2019年03月12日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 動画を公開
2019年03月12日
【参加申込受付中】産業保健師会 2019年度 第1回研修会「産業保健師活動のあり方の本質に迫る―今どきの職場不適応の背景とその対応―」
2019年03月08日
睡眠に不満がある人は9割超―求められる十分な睡眠時間と質の高い眠り
2019年03月07日
【取材】多職種連携でも必要な「保健師の技術の可視化」を考える【平成30年度 日本保健師連絡協議会】
2019年03月07日
【健やか21】世界自閉症啓発デー2019(4/6東京) 参加申込み受付中
2019年03月06日
太っていなくても糖尿病やメタボに 日本人は少しの体脂肪増加や運動不足で異常が
2019年03月06日
糖質に着目した「1:1:1お弁当ダイエット法」 主食・主菜・副菜を最適に
2019年03月06日
大阪府が「健活10」を開始 健康寿命の延伸と健康格差の縮小が目標 1人ひとりの主体的な健康づくりを促す
2019年03月06日
認知症の発症を血液検査で予測 100%の的中率で判別に成功 長寿研
2019年03月06日
幼児の脳の発達に親の励ましが大きく影響 離婚は子のメンタルヘルスに影響
2019年03月06日
【書籍紹介】「増補新訂 医療機関における産業保健活動ハンドブック」※19年3月31日まで割引サービス中!
2019年03月05日
「どうする? 新入社員の健康支援」へるすあっぷ21 3月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,762 人(2018年12月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶