ニュース

高カロリーの清涼飲料は肥満やメタボの敵 腎臓病のリスクも高める

 高カロリーのコーラ、ソーダ、ジュースなどの清涼飲料の飲み過ぎは、2型糖尿病やメタボリックシンドロームの危険性を高める。
 高カロリーの清涼飲料には中毒性があり、慢性腎臓病(CKD)のリスクも高めるという研究も発表された。
高カロリー飲料が高血糖、内臓脂肪、脂質異常を引き起こす
 高カロリーで甘いコーラ、ソーダ、ジュースなどの清涼飲料を頻繁に飲むことを習慣としていると、2型糖尿病、高血圧、メタボリックシンドロームの危険性が高まることが、南アフリカ共和国のステレンボス大学などの研究で明らかになった。詳細は米国内分泌学会(ENDO)が発行する「Journal of the Endocrine Society」に発表された。

 高カロリーの清涼飲料の飲み過ぎは、高血糖、内臓脂肪型肥満、高中性脂肪、LDL(悪玉)コレステロールの上昇、HDL(善玉)コレステロールの低下など、さまざまな健康障害を引き起こす。

 米国内分泌学会は「ホルモン ヘルス ネットワーク」というキャンペーンを展開しており、不健康な食事や運動不足が、ホルモンの分泌や作用の異常を引き起こすと呼びかけている。ホルモン異常により、血圧や、コレステロールや中性脂肪などの血中脂肪が上昇しやすくなり、高血圧や脂質異常症のリスクが高まる。これらは心臓病や脳卒中の危険因子だ。

 世界保健機関(WHO)は、2型糖尿病やメタボリックシンドロームなどの代謝性疾患により、世界で年間1,900万人が死亡していると推定している。

関連情報
高カロリー飲料は吸収が早い
 ジュースやコーラなど清涼飲料や菓子類などの甘味の強い加工食品の多くに「果糖ブドウ糖液糖」や「ブドウ糖果糖液糖」が甘味料として使われている。

 コーンスターチ(トウモロコシから作られたデンプン)などから製造される「果糖ブドウ糖液糖」は、果糖(フルクトース)とブドウ糖(グルコース)を主成分とする異性化糖。工業的に安定して生産でき、価格が安いので、多くの食品に用いられている。

 ごはんやパン、穀類、いも、カボチャなどの野菜に含まれる炭水化物が複合糖質であるのに対し、フルクトースやグルコースは吸収されやすい単糖類だ。フルクトースは糖の中ではもっとも甘味が強く、多量を摂り続けると体重増加や肥満につながりやすい。

 研究チームは、過去10年間に発表された、糖質を加えた清涼飲料が心血管の代謝作用に及ぼす影響を調べた36件の研究を解析。ほとんどの研究は、高カロリーの清涼飲料の摂取が、2型糖尿病や心臓病などの健康に深刻なダメージをもたらす病気に関連していることを示した。
高カロリー飲料には中毒性がある
 高カロリーの清涼飲料を1日に1回以上飲んでいると血圧が上昇する。糖尿病にいたっては、週にたった2回飲むだけでリスクが上昇し、毎日飲むとリスクは2.4倍に跳ね上がることが明らかになった。

 「糖質を加えた清涼飲料の過剰摂取が危険であることを、広く社会に知ってもらう必要があります」と、ステレンボス大学生理学部のファーディール エソプ教授は言う。

 高カロリー飲料には、2型糖尿病や肥満などの慢性疾患のリスクを高めるだけでなく、中毒性もあるという研究を、米国のカリフォルニア大学が発表した。

 高カロリー飲料を飲むことを習慣としている13~18歳の若年者が、たった3日間摂取を制限されただけで、頭痛の増加、仕事への意欲の低下、集中力の欠如、糖質への欲求、全般的な幸福感の低下といった禁断症症があらわれたという。
広告を減らすなどの対策が必要
 研究に参加した25人の若年者は、全員が過体重で、高カロリー飲料を1日に3本以上飲んでいた。研究チームは、参加者にまず飲料をいつもどおり5日間飲んでもらい、その後3日間は水と糖質を加えていない牛乳だけを飲むことを求めた。

 「高カロリー飲料は多くの慢性疾患の原因になっていますが、中毒性もあることが明らかになりました。こうした飲料は、至る所に広告が表示されており、容易に手に入ります。広告を減らすなど、公衆衛生上の政策を見直す必要があります」と、カリフォルニア大学農業環境科学部ヒューマンエコロジー学科のジェニファー ファルベ助教授は言う。

 米国では10歳代の青少年がジュースやコーラなどの高カロリー飲料を消費する量が、1950年代から5倍に増えているという。若年者でそうした飲料の消費が多く、10年間で肥満が増えた最大の原因になっている。
高カロリー飲料は腎臓病リスクも上昇させる
 高カロリー飲料を長期間飲み過ぎると、腎臓にも悪い影響があらわれることも、米国のジョンズ ホプキンス大学の研究で明らかになっている。この研究は、米国腎臓学会誌に発表された。

 慢性腎臓病(CKD)とは、慢性的な腎臓の障害や、腎臓の働きが低下している状態の総称。腎臓の最大の役割は、血液中から老廃物を取り除き尿を作ること。しかし、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの慢性疾患があると、血管が傷つき、ろ過を担っている糸球体の細小血管が狭くなり、十分に老廃物をろ過できなくなる。

 腎臓は食事の影響を受けやすいため、日々の食事でカロリーや糖質、塩分などの摂り過ぎを防ぎ、腎臓の負担を軽減する必要がある。

 研究チームは、腎機能が正常な米国人3,003人を対象に、飲料の摂取とCKDリスクの関連について調査した。研究開始時(2000~04年)に飲料の摂取状況について調べ、2009~13年まで参加者の健康状況を追跡して調べた。
課税して減量に成功した都市も
 その結果、参加者の6%がCKDを発症し、高カロリー飲料の摂取量が上位3分の1に含まれる人では、下位3分の1に含まれる人に比べ、CKDになるリスクが61%上昇したことが分かった(オッズ比1.61)。

 調査を実施したジョンズ ホプキンス大学ブルームバーグ公衆衛生学大学院のケイシー レーブホルツ氏は、「どのような食品を摂ると腎臓病のリスクが上昇するかを調べた研究は少なく、特定の食品や飲料が原因になっていると断定することはできません」としながらも、「糖質の多い高カロリー飲料を長期間飲み過ぎている人は腎臓病の発症が多いことが示されました」と、結論している。

 「米国で高カロリー飲料に課税して消費を減らす政策をしている都市があり、こうした試みは成功を収めていますが、ほんどとの自治体にとって高カロリー飲料の大量消費は悩みの種です。高カロリー飲料の制限への抵抗は、米国で1960年代に進行した禁煙運動への社会的な動向を連想させます」と、レーブホルツ氏は指摘している。

Hormone Health Network(米国内分泌学会)
Sugar-sweetened drinks raise risk of diabetes, metabolic syndrome(米国内分泌学会 2017年11月2日)
Frequent Sugar-Sweetened Beverage Consumption and the Onset of Cardiometabolic Diseases: Cause for Concern?(Journal of the Endocrine Society 2017年11月2日)
Sugar-Sweetened Beverages Are Harmful to Health and May Be Addictive, Researchers Suggest(カリフォルニア大学 2018年11月19日)
Potentially addictive properties of sugar-sweetened beverages among adolescents(Appetite 2019年2月1日)
Sugar-sweetened beverage pattern linked to higher kidney disease risk(米国腎臓学会 2018年12月27日)
Patterns of Beverages Consumed and Risk of Incident Kidney Disease(Clinical Journal of the American Society of Nephrology 2019年1月7日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月15日
「2022年問題」に対策 団塊世代の後期高齢者入りに備えて健保組合が活動を強化
2019年05月15日
1日に摂取する食品数が多いと女性の死亡リスクは低下 日本は食の多様性で世界2位
2019年05月15日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間調査
2019年05月15日
ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要
2019年05月09日
保健師の役割拡大に向けた施策を 日本看護協会が厚労省へ要望書提出
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年05月08日
がんと就労を支援する「順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド−Cancer and Work−」を公開 順天堂大学
2019年05月08日
毎日1時間のウォーキングが認知症の予防にも効果的 軽い運動でも脳の老化を減らせる
2019年05月08日
食事を「朝型」にすると体重が減少し血糖値も安定 夕食を就寝直前にとるのは危険

最新ニュース

2019年05月17日
大阪・大東市で民間事業者が地域包括支援センターを運営、日本初
2019年05月16日
【健やか21】 『子どもに関わる多職種のための子ども虐待初期対応ガイド~子ども虐待を見逃さないために~(第1版)』の掲載について(日本小児保健協会)
2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月15日
「2022年問題」に対策 団塊世代の後期高齢者入りに備えて健保組合が活動を強化
2019年05月15日
1日に摂取する食品数が多いと女性の死亡リスクは低下 日本は食の多様性で世界2位
2019年05月15日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間調査
2019年05月15日
ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要
2019年05月14日
日本初の医師監修ウォーキングレッスンアプリがリリース
2019年05月10日
「小児のアレルギー疾患 保健指導の手引き」を掲載~アレルギーポータル
2019年05月09日
保健師の役割拡大に向けた施策を 日本看護協会が厚労省へ要望書提出
2019年05月09日
【健やか21】「児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検フォローアップ」の掲載について(文部科学省)
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年05月08日
がんと就労を支援する「順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド−Cancer and Work−」を公開 順天堂大学
2019年05月08日
毎日1時間のウォーキングが認知症の予防にも効果的 軽い運動でも脳の老化を減らせる
2019年05月08日
食事を「朝型」にすると体重が減少し血糖値も安定 夕食を就寝直前にとるのは危険
2019年05月08日
チーズなどの発酵乳製品に含まれる「βラクトリン」が中高年の記憶力を改善
2019年05月08日
「休み方改革」へるすあっぷ21 5月号
2019年04月26日
風しんの今年の累計患者数1000人突破、いまだ増加中
2019年04月25日
【健やか21】ダウン症のお子さんを持つ保護者のための手帳「+Happyしあわせのたね」を配布します(愛知県)
2019年04月24日
【PR】参加受付中!「伊藤園 健康フォーラム~お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵~」健康寿命延伸におけるお茶の役割とは?研究に基づく知見を紹介
2019年04月24日
健康寿命を2040年までに3年以上延伸 日本には健康寿命を延ばす余力がある 厚労省研究会が報告書
2019年04月24日
連休(GW)に「アルコール」を飲み過ぎないための7つの対策 「適量」でも高血圧と脳卒中のリスクは上昇
2019年04月24日
父親の赤ちゃんに対する「ボンディング障害」 産後のメンタルケアが重要と指摘 エコチル調査
2019年04月24日
生活習慣が夜型の子どもは虫歯のリスクが高い 夜型は肥満の原因にも
2019年04月24日
スマホ向けアプリで保険契約者の健康を増進 かんぽ生命のプロジェクト
2019年04月18日
【健やか21】全国一斉「あそびの日」キャンペーンの実施について(スポーツ庁)
2019年04月17日
厚労省「受診率向上施策ハンドブック」で受診率を上げる 強制ではなく自発的な行動に導く「ナッジ理論」とは
2019年04月17日
連休(GW)こそ健康管理に注意 食事・運動・体内時計の調整がポイント 8つの対策で連休を乗り切る
2019年04月17日
日本人のたばこ依存と関連する遺伝子を発見 心疾患、COPDなど11の病気の発症リスクと相関 理化学研究所
2019年04月17日
禁煙のメリットは体重増加のデメリットを上回る 糖尿病のコントロールも改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,121 人(2019年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶