オピニオン/保健指導あれこれ
健診・検診

保健指導サービスの質の管理

産業医科大学
森 晃爾

「保健指導は本当に有効なのか」と聞かれたら、自信を持って「はい」と答えられるでしょうか?私には自信がありません。

しかし、「しっかり研修を受けた質の高い保健指導実践者による保健指導は有効なのか」という問いには、「有効であるというエビンデスがある」と、答えることができます。

そして、保健指導サービス機関は、組織として保健指導サービスを提供するわけですので、個人の力量に任せられてきた保健指導から、しっかりと品質管理された保健指導に変えていく必要があります。

プロフィール

  • 森 晃爾
  • 森 晃爾
    産業医科大学

    経 歴

    産業医科大学産業生態科学研究所教授、産業医実務研修センター長

    産業医科大学医学部卒業、同大学院博士課程修了。
    西日本産業衛生会健康管理部長、エッソ石油(株)医務部長およびエクソンモービル(有)医務産業衛生統括部長等を経て、2003年より産業医科大学産業医実務研修センター所長として、主に産業医の教育・研修プログラムの開発と提供に従事し、2012年より現職。

    福岡県労働衛生指導医、日本産業衛生学会指導医、労働衛生コンサルタント。

    著 書

    企業医務部の挑戦 産業医奮戦す(日本経済新聞社)
    マネジメントシステムによる産業保健活動(労働調査会)
    健康会計入門
    など多数。

「健診・検診」に関するニュース

2019年09月19日
見慣れたパンフレットにおさらば!⑵ 受診率向上に役立つ【健康メモ】一挙ご紹介
2019年09月18日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月18日
遺伝性の脂質異常症「家族性高コレステロール血症」 若いうちからLDL-Cが上昇
2019年09月18日
厚労省が「食事摂取基準2020年版」の要点を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策
2019年09月18日
「減塩」はやはり必要 塩分の摂り過ぎが糖尿病のリスクを上昇
2019年09月12日
【PR】歩いて熊本地震の復興支援!ウォークビズキャンペーンで組合員の健康増進を
2019年09月11日
味覚の秋 「スローカロリー」なスイーツが登場 糖質をゆっくり吸収し、満足感も長持ち
2019年09月10日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病リスクを75%減少 生活改善の指導に大きな余地が
2019年09月10日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶