ニュース

ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護

 ミカンに多く含まれるポリフェノールである「ヘスペリジン」に、網膜を保護する作用があることが、東北大学の研究で明らかになった。失明原因の第1位になっている緑内障の新たな治療法につながる可能性がある。
ミカンのポリフェノール「ヘスペリジン」に網膜を保護する作用
 緑内障は、網膜神経節細胞が障害されて視野が狭くなる疾患で、日本人の中途失明原因の第1位となっている。40歳以上の5.0%が緑内障を発症しているとみられる。

 緑内障は、網膜神経節細胞と視神経が障害されることで発症する。現在、科学的根拠のある治療法は、薬物、レーザーまたは手術による眼圧下降療法のみだが、日本の緑内障患者の多くは眼圧が正常範囲である「正常眼圧緑内障」であり、眼圧下降以外の治療法の開発が求められている。

 研究グループは、眼圧以外の緑内障へ影響を与える因子として酸化ストレスに着目し、41種の食品成分の中から、マウス培養網膜細胞に対して抗酸化作用を有する素材を調査した。

 その結果、ミカンの皮に含まれるポリフェノールの一種である「ヘスペリジン」がもっとも高い抗酸化能をもつことを発見した。

 網膜障害を誘導したマウスにヘスペリジンを投与したところ、投与しなかったマウスに比べて、生き残った網膜神経節細胞の数が多いことが判明。

 これは、酸化ストレスの指標である脂質過酸化物や細胞死を誘導するタンパク質の「カルパイン」の活性化、「炎症性サイトカイン」の発現を抑制することで、神経保護作用を示したためと考えられる。

 さらに、ヘスペリジンは網膜障害により生じる脳波の減弱や視力低下を防ぐことが電気生理実験や行動学的評価から明らかになった。

 今回の研究結果により、ヘスペリジンには網膜神経節細胞を保護する効果があることが分かった。

 ヘスペリジンは食品素材であり、サプリメントなどで内服することにより、緑内障性の網膜神経節細胞障害を軽減できる可能性がある。

 この研究は、東北大学大大学院医学系研究科眼科学分野の中澤徹教授らのグループによるもの。成果は科学誌「Scientific Reports」に発表された。

東北大学大大学院医学系研究科眼科学分野
The neuroprotective effect of hesperidin in NMDA-induced retinal injury acts by suppressing oxidative stress and excessive calpain activation(Scientific Reports 2017年7月31日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年11月20日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明 便秘以外にも応用
2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月13日
11月14日は世界糖尿病デー ウォーキングで世界につながろう 糖尿病の半分以上を予防できる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月12日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験で実証
2019年11月06日
【申込開始】あらゆる世代・分野の健康づくりをサポート 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2020年版」 
2019年11月06日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月06日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月06日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,160 人(2020年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶