ニュース

うつ病を「インスタグラム」の投稿写真から早期発見 70%の精度で特定

 気持ちがブルーになっているときは、ソーシャルメディアに投稿する画像もブルーの色調が強くなる。気持ちが暗くなっているときは、投稿画像も暗いグレーが強くなりがちになる――うつ傾向と身体的な言語や行動は一致しやすいことが精神医療の分野で知られているが、ソーシャルメディアではそれが明確にあらわれやすいという研究が発表された。
インスタグラムの写真からうつ病やメンタル不調を早期発見
 「インスタグラム」は、写真などを共有するソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の中でもユーザー数の多いサービスだ。そのインスタグラムに投稿された写真の中に、投稿者がうつ傾向があるかどうかを予測する有力な手掛かりがあることが新たな研究で示された。

 インスタグラムに投稿された写真を、コンピュータによる機械学習により解析したところ、うつ状態の検出の正確性は70%と高く、一般診療の医師による診断の42%を大きく上回った。この研究は、データ解析を専門とする科学誌「EPJ Data Science」オンライン版に発表された。

 「インスタグラムの投稿写真の解析は、うつ病やメンタル不調を早期発見する有力なスクリーニング方法となる可能性があります。うつ病を検出するアルゴリズムを開発すれば、うつ病の早期発見につながるかもしれません」と、研究を主導したバーモント大学のクリス ダンフォース教授(数学・自然科学)は言う。

 ダンフォース教授らは、インスタグラムの投稿画像や、過去3年間の精神疾患の既往について研究グループに情報提供することに同意したユーザー166人の投稿画像4万3,950点を解析した。コンピュータのプログラムを用いて、投稿写真の特徴からうつ病を予測するモデルを開発した。

 画像の明るさや色彩、陰影の状態について、これまでの心理学研究で確立された病識をともに解析した結果、166人のうち71人にうつ病の既往があったが、健康なユーザーの写真と比べてうつ病のユーザーの写真は青みが強く、明度や彩度は低い傾向がみられた。

 インスタグラムにはスマートフォンで撮影した画像をユーザーがフィルタで加工できる機能が付いているが、健康なユーザーはバレンシアのような暖色系の明るい色調に変えるフィルタを好む一方で、うつ病のユーザーはグレーやセピアの色調やモノトーンに変えるフィルタを好む傾向がみられた。
自殺の抑止などの効果にも期待
 「うつ病で苦しんだ経験のある人は、ありのままに色彩の少ない暗いレンズを通して世界を見ている傾向があることが示されました。コンピュータは、膨大なデータから微妙なパターンを読みだす作業を得意としています。今回の研究は予備的なものですが、SNSの投稿写真からうつ傾向を早期発見できる可能性があります」と、ハーバード大学のアンドリュー氏(心理学)は言う。

 画像解析からはもうひとつの傾向も読み取れた。うつ病の既往のあるユーザーは健康なユーザーと同様に、人を撮影した写真を多く投稿していたが、それらの写真では人が少なく写っていることが多く、自分を撮った写真でも顔が小さく写っていた。これは社会的な相互関係と自己承認の低下を示している可能性があるが、これを実証するにはさらに多くの研究が必要だという。

 「うつ病の診断は医師によって行われるべきですが、メンタルヘルスの早期チェックや、より適切な精神保健サービスを実現するために、新しい低コストのスクリーニングを提供する必要があります。その点で、今回の研究は期待できます」と、アンドリュー氏は述べている。

 今回の研究では、写真投稿の日付と写真の内容から、いつ頃からうつ傾向が始まったかを検出するプログラムを作成することにも成功した。研究者は「この方法は自殺の抑止などの効果も期待できるのではないか」としている。

When You're Blue, So Are Your Instagram Photos(バーモント大学 2017年8月7日)
Instagram photos reveal predictive markers of depression(EPJ Data Science 2017年8月8日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年10月22日
現役保健指導スタッフと共同制作!「撃退!トリプルリスク」指導箋無料配付キャンペーンのお知らせ
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防
2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服

最新ニュース

2018年10月22日
現役保健指導スタッフと共同制作!「撃退!トリプルリスク」指導箋無料配付キャンペーンのお知らせ
2018年10月22日
【PR】病気を発見するAIや遺伝子検査予防法など最新技術が集結!無料の専門セミナーも多数開催【健康診断・健康管理EXPO】
2018年10月18日
【参加募集中】第6回(2018年度 第2回)産業保健プロフェッショナルカンファレンス テーマ「メンタルヘルス」※定員に達したため、応募を締め切りました
2018年10月18日
帝京大学産業保健プログラム 受講生募集
2018年10月18日
【健やか21】平成30年度「麻薬・覚醒剤乱用防止運動東京大会」(参加申し込み受付中)
2018年10月17日
日本肥満学会など23学会が「肥満症」の撲滅目指し「神戸宣言2018」
2018年10月17日
高齢者の体力が向上 女性の運動離れは深刻 【体力・運動能力調査】
2018年10月17日
母乳で育てた女性は脳卒中リスクが低下 8万人を12年以上調査
2018年10月17日
全身持久力を向上させ高血圧を予防 「身体活動基準2013」で検討
2018年10月17日
魚を食べると大動脈疾患リスクが低下 食べない人では死亡リスクが2倍に
2018年10月15日
パートナー企業とヘルスケア分野でオープンプラットフォーム構築―タニタヘルスリンク
2018年10月15日
厚労省専門委が5歳児虐待死亡事件の検証結果を公表
2018年10月12日
【健やか21】第 77 回日本公衆衛生学会総会 自由集会 ~知ろう・語ろう・取り組もう~
2018年10月10日
「歩幅プラス10cmウォーキング」でロコモ・サルコペニアを防ぐ
2018年10月10日
たった一晩の「不眠」でメタボや糖尿病に 睡眠を改善するための7ヵ条
2018年10月10日
「子宮頸がんワクチン」の効果は高い HPVウイルス感染を90%以上予防
2018年10月05日
乳がん検診に「人工知能(AI)」を導入 マンモグラフィの欠点を克服
2018年10月05日
肺の健康を守るには口の健康から 歯周病が進行すると呼吸機能が急速低下
2018年10月05日
「改正健康増進法成立! 受動喫煙対策を強化」へるすあっぷ21 10月号
2018年10月05日
厚労省が「働く女性の実情」を公表~女性活躍推進法に基づく取組状況を解説
2018年10月05日
「健康なまち・職場づくり宣言2020」2018年の達成状況を報告~日本健康会議
2018年10月04日
【講演会レポート】「10月8日は、糖をはかる日」講演会 「"これからの"血糖コントロール」
2018年10月04日
【回答期限延長(10/30 15:00まで)】「保健師の活動基盤に関する基礎調査」(日本看護協会)
2018年10月04日
【健やか21】若い世代に向けた妊娠・出産に関する普及啓発Webサイト(東京都)
2018年10月03日
【産保PC第5回(2018年度 第1回)レポート】テーマ:保健指導
2018年10月02日
心不全が急激に増えている 「心不全パンデミック」時代の3つの予防法
2018年10月02日
「なぜ運動が良いのか」メカニズムを解明 筋肉ホルモンが心臓を保護
2018年10月02日
魚のオメガ3系脂肪酸が「不安症状」を軽減 魚を食事療法に活用
2018年10月02日
10月は「乳がん啓発月間」 定期的なマンモグラフィ検診は効果的
2018年10月01日
保健指導リソースガイド「よろず相談センター」が誕生
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,558 人(2018年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶