ニュース

抗加齢を意識した「アンチエイジング弁当」 食材の抗加齢効果を明記

 近畿大学アンチエイジングセンターが監修した「アンチエイジング弁当」が、「第18回日本抗加齢医学会総会」で提供された。アンチエイジングにつながる食材がふんだんに使用されている。
アンチエイジング弁当を指向した弁当
 近畿大学アンチエイジングセンター副センター長の山田秀和・近畿大学医学部奈良病院皮膚科教授は、5月に大阪国際会議場で開催された「第18回日本抗加齢医学会総会」で、同センターが監修した「アンチエイジング弁当」を提供した。

 提供されたのは、近畿大学アンチエイジングセンターが監修した、抗加齢を意識した弁当。カロリーを詳細に表示し、使用食材のアンチエイジング効果を明記してある。弁当の製造は、日本料理店「味吉兆」が担当した。

 近畿大学アンチエイジングセンターは、予防医療としてのアンチエイジング効果を科学的エビデンスにもとづき実証することを目指す研究機関。今回監修した弁当では、近畿大学の研究成果である「金賞健康米」や「におわないブリ」などを使用。弁当をつくるという集約したものづくりによって、機能性表示を志向した農産品の掘り起こしを目指している。

 今回は1日100食限定で、ランチョンセミナー参加者に無償配布し、実食者のアンケート結果をもとに、今後の一般販売を目指すという。
「金賞健康米」や「におわないブリ」などを使用
 「アンチエイジング弁当」に含まれるのは、いずれもアンチエイジング弁当を指向した食品だ。▼脂肪の少ないタンパク質、▼血糖値の上昇がゆるやかな低GIの糖質、▼満腹感を得やすくなる食物繊維、▼動脈硬化を防ぐ抗酸化物質――などが豊富に含まれている。

 主食となるのは「金賞健康米」。近畿大学農学部応用生命化学科の白坂憲章教授を中心とするグループが技術協力し、幸南食糧、サタケと共同開発した新しい精米法を用いた米だ。ビタミンEに含まれる「トコフェロール」を強化してあるが、玄米のようなくせがなくおいしく食べられるという。

 今回は、今回はβカロチンを多く含む食材として注目される「しその葉」で巻いてあり、いっしょに摂取することで相乗効果を期待できるという。

 主菜となるのは「におわないブリ」。青魚の脂肪はそのままに、においを抑え、おいしさと機能性を追及している。国内外でのブリの需要拡大のため、近畿大学世界経済研究所の有路昌彦教授の監修により、独自の基準にもとづく仕入れと加工を行い開発された。

 ブリをはじめとした青魚が苦手な人でも無理なく食べられるという。ブリに多く含まれるビタミンB12やビタミンD、E、タウリンやDHA・EPAといった成分から、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞の予防をはじめ、肝機能の強化と、有害物質の解毒などの効果を期待できるという。
副菜やデザートにもアンチエイジングを配慮
 副菜となるのは「ごま豆腐」。機能性野菜として、本来は含まないリコピンを強化したニンジンのペーストを使用。リコピンにはビタミンEの100倍以上にもなる抗酸化作用があり、活性酸素の消去、動脈硬化の予防、美白、美肌といった老化防止などを期待できる。

 デザートは「寒天」。寒天には水溶性食物繊維が多く含まれており、甘味としてオリゴ糖を使用することで、腸内環境の改善が期待できる。また、抗酸化成分としてのポリフェノールが多く含まれる小豆を使用し、低カロリーの和のアンチエイジングスイーツを実現した。
近畿大学アンチエイジングセンター
[Terahata]

「栄養」に関するニュース

2020年11月10日
【新型コロナ】がん検診の受診者が減少 このままだと死亡率が上昇 コロナ下でも「がん検診は必要」
2020年11月10日
【新型コロナ】医療機関への通院を抑制した人は25% コロナを契機に健康に関心をもった人も多い 健保連調査
2020年11月09日
「循環器病対策推進基本計画」を決定 健康寿命の3年延伸と循環器病死亡率の減少を目指す
2020年11月04日
保健指導プログラムで「糖尿病性腎症」の重症化を予防 生活習慣改善率は90%以上という結果に 神戸市で日本初のSIBを実施
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査3】男性の41%が「食習慣の改善ができない」 運動も38%が「関心がない」「やる気がない」
2020年10月30日
【2019年国民健康・栄養調査1】男性の3人に1人が肥満 女性の5人に1人超が高コレステロール 高齢者の「低栄養傾向」も課題に
2020年10月27日
【新型コロナ】なぜ肥満と高齢の人は重症化しやすい? いま求められている対策は何か?
2020年10月27日
睡眠が足りていないと「人生を楽しめなくなる」との研究結果 睡眠不足でストレス反応が悪化
2020年10月27日
【新型コロナ】マスク着用は効果がある ウイルスの吸い込みと拡散を両方減らす効果が
2020年10月20日
納豆などの「発酵性大豆食品」が女性の循環器疾患や脳卒中のリスクを低下 日本人8万人を調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,382 人(2021年01月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶