ニュース

早期乳児の腸管内ビフィズス菌 母親の分娩時の抗菌薬投与で減少

 日本人の早期乳児期の腸管内のビフィズス菌の定着が、分娩直前の母体への抗菌薬投与により低下するという研究を、順天堂大学が発表した。
 ビフィズス菌の定着を促すために、プロバイオティクスの使用などの介入が必要となる可能性がある。
腸内フローラはあらゆる病気と関連
 ヒトの腸管内には100~1000兆個もの細菌が定着しており、「腸内フローラ」(腸内細菌叢)と呼ばれる。

 近年の技術進歩にともない、腸内細菌叢を網羅的に解析することが可能となり、細菌叢とヒトの健康との密接な関わりが分かってきている。

 たとえば、腸内細菌叢の乱れによって、アレルギー疾患や肥満、糖尿病、がん、うつ病などの精神疾患といった、あらゆる種類の病気の発症と関連していると考えられている。

関連情報
ビフィズス菌が少ない乳児はアレルギーの発症率が上昇
 とりわけ乳児においては、生後6ヵ月間における腸内菌種、とくにビフィズス菌の割合(占有率)の変化や腸管内への定着が、アレルギーなどの疾患発症に影響するとされる。

 ビフィズス菌が少ない乳児は、その後の生活の中でアレルギーの発症率が高くなる可能性が指摘されている。

 このビフィズス菌の占有率や腸管への定着には、分娩様式(自然分娩、帝王切開)、栄養(母乳、ミルク)などが影響すると考えられているが、その要因は分かっていない。

 また、分娩時に感染予防を目的に母体の血液中に抗菌薬が投与されることがあるが、抗菌薬投与による影響についてはほとんど報告がなかった。
抗菌薬投与により腸内のビフィズス菌が低下
 研究では、分娩時に感染予防のため行われることがある母体血管中への抗菌薬投与が、早期乳児の腸内細菌叢にどのような影響を与えるかを、健常な日本人乳児33人の糞便を集め検証した。

 33人のうち、帝王切開や前期破水などの理由で分娩直前の母体血中に抗菌薬が投与されたのは19人で、残りの14人に抗菌薬の投与はなかった。

 その結果、母体血中への抗菌薬投与によりビフィズス菌の占有率は有意に低下し、腸内細菌の多様性に関しても抗菌薬投与の有無により明らかな差が認められた。

 一方、分娩様式(帝王切開か自然分娩か)の違いで、ビフィズス菌の占有率および腸内細菌の多様性について大きな差はみられなかった。
プロバイオティクスの投与などの介入を検討
 研究では、早期乳児期における腸内細菌叢へのビフィズス菌の定着には、分娩直前の母体血中への抗菌薬投与が影響することが示された。

 一方、分娩直前の抗菌薬投与は、安全な分娩のためには必要不可欠なもので、その有用性も明らかだ。

 「分娩直前に抗菌薬を投与された母親から生まれた乳児に対し、ビフィズス菌の定着を促すために、プロバイオティクスの使用など、何らかの介入を検討する必要がある」と、研究グループは述べている。

 研究は、順天堂大学大学院医学研究科マイクロバイオーム研究講座の井本成昭助手、渡邉心准教授、救急災害医学研究室の橋口尚幸教授らの研究グループと、アサヒグループホールディングスのコアテクノロジー研究所、岩手県立磐井病院小児科・新生児科が共同で行ったもの。詳細は科学雑誌「Journal of Perinatology」に掲載された。

順天堂大学大学院医学研究科
Maternal antimicrobial use at delivery has a stronger impact than mode of delivery on bifidobacterial colonization in infants: a pilot study(Journal of Perinatology 2018年7月24日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月15日
「2022年問題」に対策 団塊世代の後期高齢者入りに備えて健保組合が活動を強化
2019年05月15日
1日に摂取する食品数が多いと女性の死亡リスクは低下 日本は食の多様性で世界2位
2019年05月15日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間調査
2019年05月15日
ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要
2019年05月09日
保健師の役割拡大に向けた施策を 日本看護協会が厚労省へ要望書提出
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年05月08日
がんと就労を支援する「順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド−Cancer and Work−」を公開 順天堂大学
2019年05月08日
毎日1時間のウォーキングが認知症の予防にも効果的 軽い運動でも脳の老化を減らせる
2019年05月08日
食事を「朝型」にすると体重が減少し血糖値も安定 夕食を就寝直前にとるのは危険

最新ニュース

2019年05月17日
大阪・大東市で民間事業者が地域包括支援センターを運営、日本初
2019年05月16日
【健やか21】 『子どもに関わる多職種のための子ども虐待初期対応ガイド~子ども虐待を見逃さないために~(第1版)』の掲載について(日本小児保健協会)
2019年05月15日
脳卒中は夏にも多い? 特定健診でも早期発見が焦点に 5月25日から「脳卒中週間」
2019年05月15日
「2022年問題」に対策 団塊世代の後期高齢者入りに備えて健保組合が活動を強化
2019年05月15日
1日に摂取する食品数が多いと女性の死亡リスクは低下 日本は食の多様性で世界2位
2019年05月15日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間調査
2019年05月15日
ストレスが「乳がん」の発症に関連している がん患者のストレスを軽減する治療が必要
2019年05月14日
日本初の医師監修ウォーキングレッスンアプリがリリース
2019年05月10日
「小児のアレルギー疾患 保健指導の手引き」を掲載~アレルギーポータル
2019年05月09日
保健師の役割拡大に向けた施策を 日本看護協会が厚労省へ要望書提出
2019年05月09日
【健やか21】「児童虐待が疑われる事案に係る緊急点検フォローアップ」の掲載について(文部科学省)
2019年05月08日
「高血圧治療ガイドライン2019」発表 保健師など多業種の参加で高血圧に対策
2019年05月08日
がんと就労を支援する「順天堂発・がん治療と就労の両立支援ガイド−Cancer and Work−」を公開 順天堂大学
2019年05月08日
毎日1時間のウォーキングが認知症の予防にも効果的 軽い運動でも脳の老化を減らせる
2019年05月08日
食事を「朝型」にすると体重が減少し血糖値も安定 夕食を就寝直前にとるのは危険
2019年05月08日
チーズなどの発酵乳製品に含まれる「βラクトリン」が中高年の記憶力を改善
2019年05月08日
「休み方改革」へるすあっぷ21 5月号
2019年04月26日
風しんの今年の累計患者数1000人突破、いまだ増加中
2019年04月25日
【健やか21】ダウン症のお子さんを持つ保護者のための手帳「+Happyしあわせのたね」を配布します(愛知県)
2019年04月24日
【PR】参加受付中!「伊藤園 健康フォーラム~お茶で人生100年時代を豊かに生きる知恵~」健康寿命延伸におけるお茶の役割とは?研究に基づく知見を紹介
2019年04月24日
健康寿命を2040年までに3年以上延伸 日本には健康寿命を延ばす余力がある 厚労省研究会が報告書
2019年04月24日
連休(GW)に「アルコール」を飲み過ぎないための7つの対策 「適量」でも高血圧と脳卒中のリスクは上昇
2019年04月24日
父親の赤ちゃんに対する「ボンディング障害」 産後のメンタルケアが重要と指摘 エコチル調査
2019年04月24日
生活習慣が夜型の子どもは虫歯のリスクが高い 夜型は肥満の原因にも
2019年04月24日
スマホ向けアプリで保険契約者の健康を増進 かんぽ生命のプロジェクト
2019年04月18日
【健やか21】全国一斉「あそびの日」キャンペーンの実施について(スポーツ庁)
2019年04月17日
厚労省「受診率向上施策ハンドブック」で受診率を上げる 強制ではなく自発的な行動に導く「ナッジ理論」とは
2019年04月17日
連休(GW)こそ健康管理に注意 食事・運動・体内時計の調整がポイント 8つの対策で連休を乗り切る
2019年04月17日
日本人のたばこ依存と関連する遺伝子を発見 心疾患、COPDなど11の病気の発症リスクと相関 理化学研究所
2019年04月17日
禁煙のメリットは体重増加のデメリットを上回る 糖尿病のコントロールも改善
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,121 人(2019年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶