オピニオン/保健指導あれこれ
健診機関での保健師活動 ~活動の場面が違っても保健師活動の基本は同じ~

No.4 保健師活動の発展のための組織化 ~なぜ、今、組織化なのか?~

(公財)神奈川県予防医学協会 健康創造室 相談課
飯塚 晶子
 継続教育の疑問からはじめた取り組み(当課の例 気づき)
 当課はNo.2で述べたように、企業の大小にかかわらず、すべての人がいきいきと働ける職場環境づくりや、働く人自身が健康を推進できるシステムを創造するように、支援しています。

 その中でも特に、産業医や産業保健師等の産業保健スタッフを配置していない中小規模事業場のすべての人々が、産業保健サービスを受けられるように、活動することを目指し、これまで質を確保する取組を実施してきました。(表1参照)そして、新卒者を採用する機会が増加したことをきっかけに数年前から、教育の方法についても、検討会を設けていました。

 しかし、人員減少に伴い、通常業務を実施することで精一杯となり、当課が目指していた保健師活動を先輩から後輩に継承する教育は限界になっていました。そのような状態が長く続けば看護組織としては、5年後10年後20年後には衰退する危険性があります。「なぜ、私たちの組織がこんなことになっているのか?人員を補充し、教育する時間があれば、目指す活動が継承されるのか?」と本当に悩みました。

 そんな状況のとき保健指導品質管理の技術顧問(外部の大学と契約)に相談し、「組織が求める人材像は何ですか?」と問いかけられたことで、人材像を明確にしていないことに気づかせていただきました。そして、組織として目指すことを実践するには、暗黙の伝統を継承することではなく、組織の理念を設定し、その理念を実現する人材を育成する仕組みにしていかなければ、組織としても発展しないし、組織の目的も達成されないということに気づき、組織化に取り組みはじめたところです。

表1 これまでの質を確保する取組

 組織化の取り組み
 日本看護協会が2006年に公表した「看護業務基準」の4看護実践の組織化の基準では「看護実践の組織化とは、看護職が看護実践を提供し、保証するためのシステムを構築することである。(中略)特に近年、対象者のQOL向上及び経営管理の視点から、効果性の高い看護実践の組織化、チーム医療の推進等が求められるようになったこと等に伴い、看護の質向上に寄与する看護実践の組織化はますます重要になっている。」1)と述べられており、その項目を抜粋し表2に示しました。その組織化は看護職の管理者によって行われるとされています。

 表2 4-1では、『継続的かつ一貫性のある看護を提供するためには看護の組織化が必要であり、その組織は理念に基づき運営される。』とあり、そこで、当課では看護管理者(担当部長)1名とその他の管理職(担当課長)2名で、この看護業務基準に沿って組織化を実施することを決め、まずは理念(表3)の再検討をしました。現在は看護管理について学び、並行して教育にも人材育成の考えを導入し、課の理念にそった教育方針を定め継続教育にも取り組み、看護組織として組織化をはじめているところです。

これから取り組む課題を表4に示します。この課題を解決するためには、まず、そのシステムをつくり、じっくりと育てていくことが必要であると考えていますが、そのシステムが機能するには、これから10年位かかるのではないかと予測しています。

表2 看護業務基準1)4看護実践の組織化の基準の項目抜粋

表3 再検討した健康創造室相談課 理念

表4 これから取り組む課題

 おわりに
 これまで、健診機関の保健師活動として、当会の例をご紹介させていただきました。最終話である今号で終結するまでに、1年以上かかってしまいました。現在、人員減少のさなか、中間管理職である私も実業務を行い、日常業務で精一杯の状況であることも関係していますが、本当の理由は当課の組織が混沌としていて、それを整理しているところだったからです。できる限り、現状をお届けしたいという思いから、それをどのように表現すると伝えられるのかと大変考えました。他機関の保健師からは、歴史や実績があることを時々好評価して頂くことがあり、大変恐縮しておりますが、現状はこのような課題があり、その改善に向かって必死に取り組んでいます。

 この体験を通して、いつの時代も、どんな機関でも「今のままでよい。ありのままでよい。」ことはなく、組織の「あるべき姿」を目指すことが必要であることを痛感しました。それは、保健師活動の基本である組織の課題解決で、担当している対象の集団の健康のために何をすべきかとPDCAをまわすのと同じように、私たちが所属している組織に対しても実態を把握し、自分たちの組織の理念にそってあるべき姿を思い描き、PDCAをまわすことではないでしょうか?

 同じ健診機関・労働衛生機関で、先行して取り組んでいらっしゃる機関もあり、参考にさせていただいておりますが、この記事をお読みいただいて、当会での現状を多くの機関の方々に共有していただくことでお互いの組織が発展し、ひいては健診機関全体の保健師活動が発展すればよいなぁというのが私の思いです。

 この記事を書かせていただくことで、このように考える機会をくださり、感謝しております。

引用・参考文献
1)社団法人日本看護協会「看護業務基準」(2006年度改訂版)
2)社団法人日本看護協会「看護にかかわる主要な用語解説」-概念的定義・歴史的変遷・社会的文脈-
3)原玲子著、「目標管理とリンクした看護職キャリア開発ラダーのつくり方・活かし方」、株)日本看護協会出版会、2015年1月31日、第1版第1刷

「健診・検診」に関するニュース

2017年08月23日
「過労死」の実態把握のための労働調査 なぜ過重労働は改善されないか
2017年08月23日
10月8日は、「糖をはかる日」講演会2017 参加者募集開始
2017年08月23日
大規模災害時の保健活動 「保健医療調整本部」を設置し連携強化
2017年08月22日
認知症の3分の1は予防できる 予防するための4つの生活スタイル
2017年08月22日
「褐色脂肪」を活性化する因子を特定 エネルギー消費を促しメタボに対策
2017年08月22日
健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター
2017年08月21日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル公開中「クーラー病」「痛風リスク」
2017年08月21日
9月は健康増進普及月間 ~生活習慣改善を啓発
2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!

最新ニュース

2017年08月23日
「過労死」の実態把握のための労働調査 なぜ過重労働は改善されないか
2017年08月23日
10月8日は、「糖をはかる日」講演会2017 参加者募集開始
2017年08月23日
大規模災害時の保健活動 「保健医療調整本部」を設置し連携強化
2017年08月22日
認知症の3分の1は予防できる 予防するための4つの生活スタイル
2017年08月22日
「褐色脂肪」を活性化する因子を特定 エネルギー消費を促しメタボに対策
2017年08月22日
健康食品で「肝障害」 黄疸・倦怠感などの症状が 国民生活センター
2017年08月21日
【健康啓発4コマ漫画】サンプル公開中「クーラー病」「痛風リスク」
2017年08月21日
9月は健康増進普及月間 ~生活習慣改善を啓発
2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶