オピニオン/保健指導あれこれ
企業で働く保健師のキャリアプランを考える ~攻めの保健師養成を目指して~

攻めの保健師 プロローグ

保健師(株式会社オフィス・アニバーサリー 、産業医事務所)
久保さやか

総合職を経て、産業保健師業に戻って感じた危機
「これは、マズイ・・・産業保健師が、いつなくなっても、おかしくない」

 私は、中小企業の産業保健師の業務と並行して、ビジネスマンを対象にマネジメントやリーダーシップについて教育する人材育成・組織開発の仕事をしています。

 産業保健師と、人材育成・組織開発の両方を兼業することは、珍しいですよね?

 はい、自分でも、そう思います。

 もちろん、看護学校を卒業した時には、講師をするなんて予想もしていませんでした。今のような働き方に至るまでに、20年の楽しくも辛い毎日でした。諸先輩からは、「まだまだ」と叱られてしまいそうですが、私の職業人生を大きく4つに分けてみました。

ファーストステージ 「毎日ドキドキ 大学病院で、看護師時代」
セカンドステージ 「色々やってみたけど、自分の限界を知る 大手小売業で産業保健師時代」
サードステージ 「サラリーマンとして、もまれまくる  製造小売業の総合職時代」
ファイナル(?)ステージ 「新たな自分に挑戦 産業保健師と人材育成・組織開発の道へ」

 これらの経歴は、オピニオンの中でこれから3回に渡ってご紹介しますが、まず、総合職を経て、久々の産業保健師業に戻ってみて思ったのは、

「これは、マズイ・・・産業保健師が、いつなくなっても、おかしくない」

 この一言に尽きます。

危惧が確信へ…

 自分の危惧を確かめるべく、何人かの産業保健師・産業保健師希望者にヒアリングをしてみましたが、この危惧は私の中で確信に近づいています。

「なかなか就職先が見つからない」
「非常勤や契約社員雇用が多い」
「給与が低い」

 といった、私が産業保健師に就職した時と変わらない雇用状況。いえ、むしろ非正規雇用や低賃金化が増え、ますます過酷になっている印象があります。

 そして、キャリアという視点では、

「身近なロールモデルがいない。他の保健師がどんな風に働いているか分からない」
「この先のキャリアプランがなんて、考えたことがない」
「勉強会には、積極的に参加しているけれど、なかなか人脈が出来ない」

 1人職場が多いこともあり、この先の職業人生の展望について、考えにくい環境にあります。

産業保健師はマネジメントやリーダーシップができている?

 これらを通して、自戒をこめて考えたのは「産業保健師は、マネジメントやリーダーシップということを学び、実践できているのか」という、疑問です。

「一般的な会社組織内での物事の進め方を理解しているのか」
「医療職としての価値の側面だけで、判断していないか」
「部署の中で、明確な目標は設定されているか。組織の一員として機能しているのか」
「マネジメントやリーダーシップスキルを学び、実践できる場はあるか」

 医療や健康に関する知識のみでは、組織は動きません。これは、総合職として人事部や役員秘書を経験し、人材教育・組織開発をする立場になったからこそ持てた視点だと思います。

キャリアや自身の価値を見直すきっかけにしてほしい

 このオピニオンを通し、保健師のキャリアに視点を置きながら「組織で他者を動かすリーダーシップを発揮し、産業保健師は、どんな価値を提供できるのか。」ということを、改めて問いたいと思っています。

 まずは、私が産業保健師からどんな道を歩んできたのか、次号よりご紹介し、皆さんのキャリアや産業保健師のリーダーシップ、提供できる価値を考えるきっかけとなって頂ければ嬉しいです。

「企業で働く保健師のキャリアプランを考える ~攻めの保健師養成を目指して~」もくじ

「産業保健」に関するニュース

2021年04月08日
新型コロナ情報サイト「こびナビ」を開設~日米の医師らが協力
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年04月05日
朝食は「1日でもっとも重要な食事」 朝8時30分までに食べると糖尿病リスクは低下 朝食を改善する4つの方法
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック
2021年04月05日
慢性腎臓病(CKD)の重症化を予防するために 看護師・栄養⼠による保健指導が戦略に 地域連携の強化が重要
2021年04月02日
【健やか21】子どもの事故防止プロジェクト・レポート「子育てを経た保護者の事故防止に対する意識の変化」の掲載について(消費者庁)
2021年03月30日
自分の身体能力を過信している高齢者は体力が低下しやすい コロナ禍でも体を動かし活発な生活を フレイル予防アプリも公開
2021年03月30日
運動をすると睡眠を改善できるのはなぜ? ⽇中に活発なウォーキングを1時間⾏うと効果的 睡眠時の脳波を調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶