オピニオン/保健指導あれこれ
働く女性と乳がん -がん治療と乳房再建のいま

No.4 乳房再建には多くの選択肢があります

セルポートクリニック横浜院長、 杏林大学形成外科非常勤講師
辻 直子

 さて、一般の患者は乳房再建についてどのくらい知っているのでしょうか?

 普通は、自分が乳がんになるなんて思ってもいませんから、ほとんどわからないのが実状でしょう。実際の患者への説明の前に伺うと、何となく、「シリコンを入れるときいたことがある」くらいの認識の方が多いですね。

 実際には乳房再建には多くの選択肢があります。

 それぞれに手術のやり方はもちろん手術回数や入院日数、できる傷の場所や大きさ、出来上がりの乳房の特徴など、様々な違いがありますので、しっかりと違いを理解して自分に一番合った方法を選択する必要があります。ここでは乳房切除(全摘)後の再建について、大まかに説明していきたいと思います。

 再建方法は大きく分けて2つ
 乳房を何で再建するかによって2つに分けられます。ひとつは自家組織再建です。自家組織とは自分の筋肉や脂肪などの組織のことで、一般的には腹部や背部の脂肪と筋肉とひとかたまりにして切り出して血管と共に移植する、皮弁移植法がこれにあたります。

 もう一つはシリコン乳房インプラントを用いた乳房再建です。乳房再建用に乳房の形をしたシリコンインプラントを胸に挿入する方法です。

 これら2つから選んでいくことになりますが、実際は皮弁とインプラントを両方組み合わせた再建方法があったり、皮弁ではない自家組織移植である脂肪注入なども皮弁移植やインプラントでの再建に併用されたり、またティッシュエキスパンダーを使う場合と使わずに再建する場合があったりと、その組み合わせは多数あります。

 まずは一つ一つの再建方法をじっくりと理解してから、色々な可能性を考えていきましょう。

 皮弁とは?
「皮弁」は、血流のある皮膚・皮下組織や深部組織を移動させる移植方法」のことを指します。

 一般の方はほとんどご存じないでしょうし、医療従事者でも形成外科や特殊な領域でないとあまりピンとこないかもしれません。

 簡単に言うと、自分のお肉をひとかたまりにして離れた場所に移動するやり方で、そのかたまり肉(牛肉みたいな表現ですね)を栄養する血管を一緒にもっていかなくてはなりません。 乳房再建で用いられるのは、腹直筋皮弁と広背筋皮弁が代表的なものです。作りたい乳房の大きさや今後の挙児希望の有無などで皮弁の採取部を選びます。

 腹直筋皮弁
 腹直筋皮弁の場合、下腹部の皮膚と脂肪を大きく採取してきます。

 遊離皮弁として移植する場合の皮弁の栄養血管は下腹壁動脈で、腹直筋~鼠蹊部まで血管を剥離して拳上し、胸部へ移植したら胸背動脈や内胸動脈へ血管吻合します。腹直筋へのダメージを避けるために穿通枝皮弁として拳上することもできます。

 この皮弁は皮切が大きく、血管の操作もやや煩雑なため手術時間が長くかかるのが難点で、8~10時間程度要します。

 さらに術後の安静も必要なため、入院は2~3週間かかることや術後も多少の運動制限が続くことから、手術が生活に与える影響は一番大きいと言えるでしょう。

 ただ、この皮弁ではボリュームが多くとれますので、大きな乳房でもたっぷりと再建でき、柔らかく揺れる乳房が再現できます。お腹の肉を取ってしまいますのでお腹が平らになるという副次的な利点もあります。

 広背筋皮弁
 広背筋皮弁は有茎皮弁で、腋窩部分の胸背動静脈を切離せずに皮弁移植できますので腹直筋に比べると手技も容易で、時間も3~5時間程度と短く済みます。

 術後も早期から歩行可能ですが入院期間はやはり2週間程度かかります。比較的負担の軽い皮弁ですが、大きなボリュームはないので、A~Bカップ程度のやや小さ目の乳房の再建に適しています。

 代表的な2つの皮弁をご紹介しましたが、共通して言えるのは、柔らかく温かい乳房が再建できること、再建後はメンテナンス不要であるという利点があることです。やはり苦労した分、乳房の満足度も高いと言えます。

 ただし入院期間が長いことや皮弁採取部に長い瘢痕が残ることは患者にとっても負担となりますのでこのあたりの差し引きで考える必要があります。最終的には人工物を体に入れるのが不安なので皮弁法にした、という話は良く聞かれますね。

 頑張って作って、あとは安心の自家組織―――というところでしょうか。

 皮弁法についてご説明しましたが、次回はもう一つの選択肢であるシリコンインプラントを用いた再建について、解説していきたいと思います。

「働く人のがん対策」に関するニュース

2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月19日
乳がんの新たな治療薬の開発に道 ホルモン療法の問題を回避できる可能性
2017年07月13日
大腸がんを人工知能(AI)で検査 見逃しやすいがんを98%の精度で発見
2017年07月06日
厚労省「データヘルス改革」の工程表を発表 2019年までにシステム構築
2017年07月06日
「人工知能」(AI)を保健分野に活用 6分野で開発、安全対策も 厚労省

最新ニュース

2017年08月18日
マシンガーZとのコラボで海外渡航者に麻しん感染予防を啓発
2017年08月16日
賞金3万円!「血糖値アップ・ダウン コンテスト」募集スタート!
2017年08月15日
★参加者募集中★第2回産業保健PC テーマ「保健指導の基本姿勢」
2017年08月10日
8割を超える事業場でストレスチェック制度を実施~厚労省調査
2017年08月10日
【健やか21】冊子「あなたと赤ちゃんの健康」無料配布  申込受付中
2017年08月09日
健康保険加入者の37%が肥満 脂質や血圧など複数のリスク 健保連調査
2017年08月09日
がん患者の家族が経験する葛藤の実態 がん患者支援に向けた調査結果
2017年08月09日
週3~4回の「飲酒」が糖尿病リスクを低下 アルコールは糖尿病に良い?
2017年08月09日
「味噌」に血圧の上昇を抑える効果 日本型の食事スタイルを再評価
2017年08月09日
受動喫煙により大動脈疾患リスクが2倍超に増加 家庭外の受動喫煙は深刻
2017年08月09日
ミカンのポリフェノールに緑内障の改善作用 酸化ストレスから網膜を保護
2017年08月04日
【健診・予防3分間ラーニング】サンプル動画3タイトル公開中~
2017年08月03日
【健やか21】渡航者向けの「麻しん」の予防啓発活動
2017年08月03日
2015年度の特定健診の実施率は50.1% 特定保健指導は17.5%で伸び悩み
2017年08月03日
【連載更新】課題解決のための取組み「ゆりかごタクシー」「ベビー防災」
2017年08月02日
「ウォーキングの格差」が世界規模で拡大 スマホで世界111ヵ国を調査
2017年08月02日
適量のアルコールでも脳には悪影響が 海馬の萎縮リスクが3倍以上に
2017年08月02日
糖尿病の医療費の節約志向が高まるアメリカ 5人に1人が受診を回避
2017年08月02日
犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性
2017年08月02日
日本の脳卒中の発症者は年間29万人 半分以上が死亡や介護が必要な状態に
2017年08月01日
「熱中症を防ぐ!」へるすあっぷ21 8月号
2017年07月28日
【健やか21】企業主導型保育事業(内閣府)/健康寿命をのばそう!アワード
2017年07月27日
【連載更新】 ワンコイン健診の挑戦(ケアプロ株式会社)
2017年07月26日
20歳から体重5kg増加は健康リスク 体重を増やさない10の方法
2017年07月26日
高齢者対象の「高血圧診療ガイドライン」 高齢者の降圧には注意が必要
2017年07月26日
がんサバイバーたちの「生きる力」を表現 がんと生きる、わたしの物語
2017年07月26日
糖尿病の最新全国ランキングを発表 ワーストは青森県 ベストは愛知県
2017年07月26日
都道府県の健康格差が拡大 寿命で3.1歳、健康寿命で2.7年の格差
2017年07月26日
日本人3,554人の全ゲノム情報を解読に成功 日本人のゲノム医療に期待
2017年07月26日
日常診療におけるバイオマーカーとしての尿中L-FABPの有用性と可能性
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,325 人(2017年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶