関連資料・リリース情報

2015年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

2015年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況
(厚生労働省/2017年7月31日)

厚生労働省は、2015年度の「特定健康診査・特定保健指導の実施状況」をとりまとめ公表した。

特定健康診査

○特定健康診査の実施率50.1%だった。前年度(2014年度 48.6%)と比べ、1.5ポイント向上した。

○特定健康診査の対象者数は約5,396万人(2014年度 約5,385万人)、受診者数は約2,706万人(2014年度 約2,616万人)。

特定保健指導

○特定保健指導の対象者数は約453万人(2014年度 約440万人)で、健診受診者に占める割合は16.7%(2014年度16.8%)。

○特定保健指導の終了者数は約79万人(2014年度 約78万人)で、保健指導対象者に占める割合は17.5%(2014年度 17.8%)と比べ0.3ポイント減少した。

※特定保健指導実施率の低下の要因としては、全国健康保険協会において、不審通信への対処のため、約1年間、協会けんぽのシステムのネットワーク接続を遮断したことにより、健診結果データをシステムに効率的に登録することができず、初回面接の件数が大きく落ち込んだことが影響しているという。

メタボリックシンドローム該当者と予備群の減少

○メタボリックシンドロームの該当者及び予備群は、2008年度比で2.74%減少。

2015年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

(厚生労働省/2017年7月31日)

[soshinsha]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2020年05月29日
「新型コロナウイルスの関連情報(地域保健・学校保健)」
2020年05月29日
「新型コロナウイルスの関連情報(産業保健)」
2020年05月01日
令和元年度11月「過重労働解消キャンペーン」の重点監督の実施結果を公表
2020年04月21日
「いのちのほっとライン@かながわ」LINE相談を開始
2020年04月15日
「緊急解説:人事が取り組む新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)対策」を掲載
2020年04月13日
「事業場におけるメンタルヘルス対策の取組事例集~いきいきと働きやすい職場づくりに向けて~」を公開
2020年03月20日
「体罰等によらない子育てのために~みんなで育児を支える社会に~」とりまとめ・ポスター等を公開
2020年03月19日
「不妊治療と仕事の両立に関するマニュアルとハンドブック」を作成
2020年03月13日
「糖代謝異常者における循環器病の診断・予防・治療に関するコンセンサスステートメント」を公開
2020年01月14日
2020年版「日本人の食事摂取基準」報告書

「健診・検診」に関するニュース

2020年05月29日
マタニティマーク公式サイトを開設 「妊産婦にやさしい環境づくり」推進へ
2020年05月29日
令和の時代にふさわしい食と健康のあり方 新たな時代の『食と健康』シンポジウム動画を公開
2020年05月27日
【新型コロナウイルス】マスク着用で熱中症リスクが高まるおそれ 熱中症を予防するための8ヵ条
2020年05月27日
「腸内細菌」が認知機能にも影響 認知症の患者の腸内では悪玉菌が多く善玉菌が少ない
2020年05月26日
保健指導の情報提供に大活躍!「健診・予防3分間ラーニング」をYouTubeにて公開
2020年05月26日
自宅での軽い運動で体重が減少 メンタルにも良い影響が 徒歩や自転車による通勤も効果的
2020年05月26日
高血圧や糖尿病を悪化させる原因は「睡眠障害」? 肥満でない人も睡眠時無呼吸に注意
2020年05月26日
「子宮頸がん」の意識調査 86%の女性が検診の必要性を感じている 20代女性の7割は受診経験なし
2020年05月21日
「健康診断・健康相談・ストレスチェックに潜む問題点 健康情報の管理と守秘義務」産業保健と看護 2020年3号
2020年05月19日
糖類の多い甘い飲み物を1日1杯飲むだけで、糖尿病や心臓病のリスクが上昇 低カロリー甘味料は効果的

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶