関連資料・リリース情報

2015年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

2015年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況
(厚生労働省/2017年7月31日)

厚生労働省は、2015年度の「特定健康診査・特定保健指導の実施状況」をとりまとめ公表した。

特定健康診査

○特定健康診査の実施率50.1%だった。前年度(2014年度 48.6%)と比べ、1.5ポイント向上した。

○特定健康診査の対象者数は約5,396万人(2014年度 約5,385万人)、受診者数は約2,706万人(2014年度 約2,616万人)。

特定保健指導

○特定保健指導の対象者数は約453万人(2014年度 約440万人)で、健診受診者に占める割合は16.7%(2014年度16.8%)。

○特定保健指導の終了者数は約79万人(2014年度 約78万人)で、保健指導対象者に占める割合は17.5%(2014年度 17.8%)と比べ0.3ポイント減少した。

※特定保健指導実施率の低下の要因としては、全国健康保険協会において、不審通信への対処のため、約1年間、協会けんぽのシステムのネットワーク接続を遮断したことにより、健診結果データをシステムに効率的に登録することができず、初回面接の件数が大きく落ち込んだことが影響しているという。

メタボリックシンドローム該当者と予備群の減少

○メタボリックシンドロームの該当者及び予備群は、2008年度比で2.74%減少。

2015年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況

(厚生労働省/2017年7月31日)

[soshinsha]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2019年08月13日
第5回これからの地域・職域連携推進の在り方に関する検討会 資料公開
2019年08月09日
令和元年度 健康増進普及月間の実施について
2019年07月12日
令和元年度「全国労働衛生週間」を10月に実施
2019年07月11日
平成30年度「過労死等の労災補償状況」を公表
2019年07月11日
平成30年版厚生労働白書を公表 第1部のテーマは「障害や病気などと向き合い、全ての人が活躍できる社会に」
2019年05月31日
「保健指導ミーティング実施報告書」を公開
2019年04月25日
「高血圧治療ガイドライン2019」を発行
2019年04月12日
受診率向上施策ハンドブック(第2版)を発行
2019年03月19日
2017年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況
2019年03月19日
平成29年度「新生児聴覚検査の実施状況等について」の調査結果を公表

「健診・検診」に関するニュース

2019年08月26日
肥満でなくてもカロリー制限は効果的 糖尿病や肥満の検査値が改善 まずは10%を減らしてみる
2019年08月26日
「不飽和脂肪酸」が肥満リスクを打ち消す 悪玉コレステロールを低下 脂肪とコレステロールをコントロール
2019年08月26日
より良い睡眠をとるための秘訣は「寝る1~2時間前の入浴」
2019年08月20日
米を中心にした食事はメリットが多い 食べ過ぎると糖尿病リスクが上昇
2019年08月20日
「ワークライフバランス」の改善の効果 生活満足度は女性より男性で改善 34ヵ国を比較
2019年08月20日
高脂肪の肉が「乳がん」リスクを上昇 代わりに低脂肪の鶏肉を食べるとリスクは減少
2019年08月20日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月20日
シロタ株を含む乳製品を摂取すると便秘リスクが低減 適度な運動が加わるとさらに効果的
2019年08月15日
働き方改革 「長時間労働」が脳卒中のリスクを上昇させる 産業医の7割が「改善を感じる」と回答
2019年08月15日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶