関連資料・リリース情報

2016年 国民健康・栄養調査の結果

2016年 国民健康・栄養調査の結果
(厚生労働省/2017年9月21日)

~体格及び生活習慣に関する状況は、依然として地域差あり~

○ポイント

糖尿病有病者と糖尿病予備群はいずれも約1,000万人と推計

・糖尿病が強く疑われる者(糖尿病有病者)、糖尿病の可能性を否定できない者(糖尿病予備群)はいずれも約1,000万人と推計。

・糖尿病予備群は、平成9年以降増加していたが、平成19年以降減少。

体格及び生活習慣に関する状況は、都道府県の上位群と下位群で有意な差

・体格(BMI)及び主な生活習慣の状況について、都道府県別に年齢調整を行い、高い方から低い方に4区分に分け、上位(上位25%)群と下位(下位25%)群の状況を比較した結果、BMI、野菜摂取量、食塩摂取量、歩数、現在習慣的に喫煙している者の割合(男性)で、それぞれ上位群と下位群の間に有意な差。(10頁:表3)

・平成24年調査と平成28年調査を比較したところ、都道府県の格差は、男性の野菜摂取量及び男女の食塩摂取量で縮小。

受動喫煙の機会は「飲食店」が最も高く4割超

・受動喫煙の機会を有する者の割合について場所別にみると、「飲食店」では42.2%と最も高く、次いで「遊技場」では34.4%、「職場」では30.9%。

高齢者の女性における低栄養傾向の者の割合は、この10年間で有意に増加

・65歳以上の高齢者の低栄養傾向(BMI≦20 kg/m2 )の割合は、男性12.8%、女性22.0%であり、この10年間でみると、女性では有意に増加。

(厚生労働省/2017年9月21日)

[soshinsha]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2020年12月21日
保健指導の効果的推進を図る「日本保健指導協会」が発足
2020年12月18日
「保健指導・健康教育に関する実態調査」の結果を公開
2020年12月03日
「新型コロナウイルスの関連情報(産業保健)」
2020年12月03日
「不妊に悩む方への特定治療支援事業 指定医療機関一覧」を公開
2020年11月24日
「新型コロナウイルスの関連情報(地域保健・学校保健)」
2020年11月05日
特設Webコンテンツ「睡眠の質を上げてカラダもココロも健やかに」を公開
2020年11月05日
「令和2年版 過労死等防止対策白書」を公開
2020年10月29日
2020年度の達成状況を発表「健康なまち・職場づくり宣言2020」
2020年10月29日
令和元年「国民健康・栄養調査」の結果を公開
2020年09月14日
健康ビッグデータから健康経営を可視化する新サービス「Carely Place」の提供を開始

「健診・検診」に関するニュース

2021年01月20日
【新連載】行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
2021年01月18日
【新型コロナ】ワクチンの利益とリスク 正しく評価し、接種の判断を 日本感染症学会が提言「ゼロリスクはありえない」
2021年01月18日
電解水素水が酸化ストレスと炎症を抑制する可能性 ストレス負荷に対する生体応答を調査
2021年01月15日
【新型コロナ】医療現場での感染リスクと予防効果を解明 医療者への感染を防ぐために 健診・保健指導にも応用
2021年01月15日
「パワハラ対策の法制化で会社はどう変わるか 産業保健スタッフとハラスメント」産業保健と看護 2021年1号
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
「性感染症」のセルフチェックができるスマホアプリを開発 感染の可能性があるときは医療機関の検索も 順天堂大学

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,382 人(2021年01月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶