関連資料・リリース情報

2016年 国民健康・栄養調査の結果

2016年 国民健康・栄養調査の結果
(厚生労働省/2017年9月21日)

~体格及び生活習慣に関する状況は、依然として地域差あり~

○ポイント

糖尿病有病者と糖尿病予備群はいずれも約1,000万人と推計

・糖尿病が強く疑われる者(糖尿病有病者)、糖尿病の可能性を否定できない者(糖尿病予備群)はいずれも約1,000万人と推計。

・糖尿病予備群は、平成9年以降増加していたが、平成19年以降減少。

体格及び生活習慣に関する状況は、都道府県の上位群と下位群で有意な差

・体格(BMI)及び主な生活習慣の状況について、都道府県別に年齢調整を行い、高い方から低い方に4区分に分け、上位(上位25%)群と下位(下位25%)群の状況を比較した結果、BMI、野菜摂取量、食塩摂取量、歩数、現在習慣的に喫煙している者の割合(男性)で、それぞれ上位群と下位群の間に有意な差。(10頁:表3)

・平成24年調査と平成28年調査を比較したところ、都道府県の格差は、男性の野菜摂取量及び男女の食塩摂取量で縮小。

受動喫煙の機会は「飲食店」が最も高く4割超

・受動喫煙の機会を有する者の割合について場所別にみると、「飲食店」では42.2%と最も高く、次いで「遊技場」では34.4%、「職場」では30.9%。

高齢者の女性における低栄養傾向の者の割合は、この10年間で有意に増加

・65歳以上の高齢者の低栄養傾向(BMI≦20 kg/m2 )の割合は、男性12.8%、女性22.0%であり、この10年間でみると、女性では有意に増加。

(厚生労働省/2017年9月21日)

[soshinsha]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2021年03月25日
絵文字でわかりやすい!「食育ピクトグラム」
2021年03月25日
「子どもの健康と発達をたばこから守る」報告書を公開
2021年03月23日
【専門家に聞く】肥満症3分間Q&A
2021年03月10日
特定健康診査・特定保健指導の円滑な実施に向けた手引き(第3.2版)
2020年12月21日
保健指導の効果的推進を図る「日本保健指導協会」が発足
2020年12月18日
「保健指導・健康教育に関する実態調査」の結果を公開
2020年12月03日
「新型コロナウイルスの関連情報(産業保健)」
2020年12月03日
「不妊に悩む方への特定治療支援事業 指定医療機関一覧」を公開
2020年11月24日
「新型コロナウイルスの関連情報(地域保健・学校保健)」
2020年11月05日
特設Webコンテンツ「睡眠の質を上げてカラダもココロも健やかに」を公開

「健診・検診」に関するニュース

2021年04月13日
肥満や糖尿病は母から子へとうけつがれる 妊娠中の運動は子の肥満予防に メカニズムを解明
2021年04月13日
「腸内環境」が高齢化すると生活習慣病に関連する代謝物が増える 「腸内細菌叢」を若く保ち加齢疾患のリスクを低下
2021年04月12日
【子宮頸がんを予防する日】予防ワクチンの接種を受ければ9割の感染を防げる 定期的な検診で女性の未来を守れる
2021年04月12日
【新型コロナ】新型コロナワクチンの副反応 発熱・頭痛・倦怠感は接種2回目に大幅上昇 年代・性別で差があり高齢者では低い 厚労省中間報告
2021年04月12日
【新型コロナ】感染防止と社会活動の両立を目指す新たなコンセプト「社会的PCR検査」 唾液PCR検査キットの個人向け提供も開始
2021年04月06日
玄米や麦ごはんなどの「全粒穀物」が心臓病や脳卒中のリスクを低下 「超加工食品」の食べ過ぎにも注意
2021年04月05日
朝食は「1日でもっとも重要な食事」 朝8時30分までに食べると糖尿病リスクは低下 朝食を改善する4つの方法
2021年04月05日
【新型コロナ】コロナ禍でメンタルヘルスが悪化 都市の個人主義的な生活スタイルが原因? 貧困も大きく影響
2021年04月05日
【新型コロナ】東京オリンピック開会式での感染は7つの対策で防ぐ 99%のリスクを低減 東京大学などがシミュレーション
2021年04月05日
近くの薬局で生活習慣病の検査ができる「ゆびさきセルフ測定室」 全国に拡大中 コロナ禍でも自分の体をチェック

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,678 人(2021年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶