関連資料・リリース情報

2017年「国民健康・栄養調査」の結果

2017年「国民健康・栄養調査」の結果
(厚生労働省/2018年9月11日)

~高齢者の健康づくりには、食事、身体活動に加えて、生活状況も踏まえた視点が重要~

 厚生労働省は9月11日、2017年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を公表した。

 2017年調査では、毎年実施している基本項目に加え、高齢者の健康・生活習慣の状況を重点項目とし、高齢者の筋肉量や生活の様子について初めて把握したという。

◎調査結果のポイント

高齢者の栄養状態は、食事、身体活動、外出状況等と関係

・65歳以上の低栄養傾向の者(BMI≦20 kg/m2)の割合は、男性12.5%、女性19.6%。

・四肢の筋肉量は、男女ともたんぱく質摂取量が多く、肉体労働の時間が長い者ほど有意に増加。

・外出していない男性の低栄養傾向の者の割合は、外出している者と比べて約20ポイント高い。

・「何でもかんで食べることができる」者の割合や、20歯以上歯を有する者の割合は、60歳代から大きく減少。

女性は20~50歳代でもやせ※が課題

・20~50歳代の女性のやせの者(BMI<18.5 kg/m2)の割合は、いずれの年齢階級も10%超であり、特に20歳代では21.7%。
※「健康日本21(第二次)」では、若年女性のやせは骨量減少、低出生体重児出産のリスク等との関連があることが示されている。

40歳代で睡眠の状況に課題

・1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は、男女とも40歳代で最も高く、それぞれ48.5%、52.4%。

・睡眠で休養が十分にとれていない者の割合は20.2%であり、平成21年からの推移でみると有意に増加し、年齢階級別にみると40歳代で最も高く30.9%。

受動喫煙の機会は「飲食店」が最も高く4割超

・受動喫煙の機会を有する者の割合について場所別にみると、「飲食店」では42.4%と最も高く、次いで「遊技場」では37.3%、「路上」では31.7%。

(厚生労働省/2018年9月11日)

[soshinsha]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2019年09月19日
産業保健職からの視点で「職域におけるがん検診マニュアル」 の効果的な運用を検討するワーキンググループ報告書
2019年09月04日
「日本健康会議2019」動画議事録を掲載
2019年08月13日
第5回これからの地域・職域連携推進の在り方に関する検討会 資料公開
2019年08月09日
令和元年度 健康増進普及月間の実施について
2019年07月12日
令和元年度「全国労働衛生週間」を10月に実施
2019年07月11日
平成30年度「過労死等の労災補償状況」を公表
2019年07月11日
平成30年版厚生労働白書を公表 第1部のテーマは「障害や病気などと向き合い、全ての人が活躍できる社会に」
2019年05月31日
「保健指導ミーティング実施報告書」を公開
2019年04月25日
「高血圧治療ガイドライン2019」を発行
2019年04月12日
受診率向上施策ハンドブック(第2版)を発行

「健診・検診」に関するニュース

2019年09月19日
見慣れたパンフレットにおさらば!⑵ 受診率向上に役立つ【健康メモ】一挙ご紹介
2019年09月18日
「低脂肪食」が女性の健康に大きく貢献 がんや糖尿病、心臓病のリスクが減少
2019年09月18日
遺伝性の脂質異常症「家族性高コレステロール血症」 若いうちからLDL-Cが上昇
2019年09月18日
厚労省が「食事摂取基準2020年版」の要点を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策
2019年09月18日
「減塩」はやはり必要 塩分の摂り過ぎが糖尿病のリスクを上昇
2019年09月12日
【PR】歩いて熊本地震の復興支援!ウォークビズキャンペーンで組合員の健康増進を
2019年09月11日
味覚の秋 「スローカロリー」なスイーツが登場 糖質をゆっくり吸収し、満足感も長持ち
2019年09月10日
毎日の家事が女性の寿命を延ばす 軽い身体活動を積み重ねると死亡リスクが低下
2019年09月10日
健康的な生活スタイルが糖尿病リスクを75%減少 生活改善の指導に大きな余地が
2019年09月10日
認知症患者を介護する家族は睡眠不足になりやすい 睡眠は保健指導で改善できる

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶