関連資料・リリース情報

2017年「国民健康・栄養調査」の結果

2017年「国民健康・栄養調査」の結果
(厚生労働省/2018年9月11日)

~高齢者の健康づくりには、食事、身体活動に加えて、生活状況も踏まえた視点が重要~

 厚生労働省は9月11日、2017年11月に実施した「国民健康・栄養調査」の結果を公表した。

 2017年調査では、毎年実施している基本項目に加え、高齢者の健康・生活習慣の状況を重点項目とし、高齢者の筋肉量や生活の様子について初めて把握したという。

◎調査結果のポイント

高齢者の栄養状態は、食事、身体活動、外出状況等と関係

・65歳以上の低栄養傾向の者(BMI≦20 kg/m2)の割合は、男性12.5%、女性19.6%。

・四肢の筋肉量は、男女ともたんぱく質摂取量が多く、肉体労働の時間が長い者ほど有意に増加。

・外出していない男性の低栄養傾向の者の割合は、外出している者と比べて約20ポイント高い。

・「何でもかんで食べることができる」者の割合や、20歯以上歯を有する者の割合は、60歳代から大きく減少。

女性は20~50歳代でもやせ※が課題

・20~50歳代の女性のやせの者(BMI<18.5 kg/m2)の割合は、いずれの年齢階級も10%超であり、特に20歳代では21.7%。
※「健康日本21(第二次)」では、若年女性のやせは骨量減少、低出生体重児出産のリスク等との関連があることが示されている。

40歳代で睡眠の状況に課題

・1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は、男女とも40歳代で最も高く、それぞれ48.5%、52.4%。

・睡眠で休養が十分にとれていない者の割合は20.2%であり、平成21年からの推移でみると有意に増加し、年齢階級別にみると40歳代で最も高く30.9%。

受動喫煙の機会は「飲食店」が最も高く4割超

・受動喫煙の機会を有する者の割合について場所別にみると、「飲食店」では42.4%と最も高く、次いで「遊技場」では37.3%、「路上」では31.7%。

(厚生労働省/2018年9月11日)

[soshinsha]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2019年07月12日
令和元年度「全国労働衛生週間」を10月に実施
2019年07月11日
平成30年度「過労死等の労災補償状況」を公表
2019年07月11日
平成30年版厚生労働白書を公表 第1部のテーマは「障害や病気などと向き合い、全ての人が活躍できる社会に」
2019年05月31日
「保健指導ミーティング実施報告書」を公開
2019年04月25日
「高血圧治療ガイドライン2019」を発行
2019年04月12日
受診率向上施策ハンドブック(第2版)を発行
2019年03月19日
2017年度 特定健康診査・特定保健指導の実施状況
2019年03月19日
平成29年度「新生児聴覚検査の実施状況等について」の調査結果を公表
2019年03月18日
「2018年度健康スコアリングの効果検証結果」を掲載
2019年03月13日
平成29年度地域保健・健康増進事業報告の概況

「健診・検診」に関するニュース

2019年07月17日
産官学連携で「糖尿病性腎症」に対策 AIでリスク要因を分析し保健事業に発展 大分県
2019年07月17日
産業医500人に聞いた「従業員のメンタル不調の原因」 1位は「上司との人間関係」
2019年07月17日
玄米への健康食としての期待が上昇 食べやすい新タイプの玄米も登場
2019年07月17日
コーヒーに脂肪燃焼を促す効果 体重減少や​​エネルギー消費の増加を促進
2019年07月17日
厚労省、国保保険者インセンティブ評価指標の変更案を通知
2019年07月11日
女性だけの病気ではない 「男性乳がん」孤立しがちな患者を支援
2019年07月09日
【認知症施策推進大綱】どんな具体策が盛り込まれたか? 認知症バリアフリー推進で「共生と予防」
2019年07月09日
運動が寿命を延ばす 中高年になってから運動をはじめても十分な効果が
2019年07月09日
高齢者の難聴は「外出活動制限」「心理的苦痛」「もの忘れ」を増やす 13万人強を調査
2019年07月09日
肥満が「聴力低下」のリスクを上昇させる 5万人の職域コホート研究「J-ECOH」で明らかに

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 8,441 人(2019年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶