関連資料・リリース情報

「平成29年度 医療費の動向」~概算医療費の年度集計結果~

「平成29年度 医療費の動向」~概算医療費の年度集計結果~
(厚生労働省/2018年9月21日)

 厚生労働省は9月21日、「平成29年度 医療費の動向」の結果を公表した。

 厚生労働省では毎月、医療費の動向を迅速に把握するために、医療機関からの診療報酬の請求に基づいて、医療保険・公費負担医療分の医療費を集計している。本結果は平成29年度分の集計結果となる。

◎集計結果のポイント

○ 平成29年度の医療費は42.2兆円となり、前年度に比べて約0.9兆円の増加となった。

○ 医療費の内訳を診療種類別にみると、入院17.0兆円(構成割合40.2%)、入院外14.4兆円(34.1%)、歯科2.9 兆円(6.9%)、調剤7.7兆円(18.3%) となっている。

○ 医療費の伸び率は+2.3%。診療種別にみると、入院+2.6%、入院外+1.6%、歯科+1.4%、調剤+2.9%となっている。

○ 1日当たり医療費の伸び率は+2.4%。診療種別にみると、入院+2.0%、入院外+2.1%、歯科+1.3%、調剤+1.8%となっている。

○ 医療機関を受診した延患者数に相当する受診延日数の伸び率は▲0.1%。診療種別にみると、入院+0.5%、入院外▲0.5%、歯科+0.1%となっている。

(厚生労働省/2018年9月21日)

[soshinsha]

「データヘルス計画」に関する資料・リリース

2020年12月28日
「よこはまウォーキングポイント事業」の効果を分析した結果を公表
2019年10月01日
「地域・職域連携推進ガイドライン」を公表
2019年09月05日
「社会人として働き始めてからの労働法」電子ファイル版を公開
2018年10月31日
健康管理の一元管理システム「Carely」に勤怠管理サービスが連携
2018年09月26日
平成29年度 健保組合決算見込の概要
2018年09月25日
「平成29年度 医療費の動向」~概算医療費の年度集計結果~
2018年08月16日
2018年度「レセプト・健診情報等を活用したデータヘルスの推進事業」採択組合一覧を公表
2018年08月14日
AIを活用した「健康経営」のためのリスク予測技術の開発およびサービスの検討開始について
2018年08月01日
500万人のヘルスケアデータを解析~「健康に関する解析データ」一斉公開(ドコモ・ヘルスケア)
2018年08月01日
第4回データヘルス改革推進本部 資料

「データヘルス計画」に関するニュース

2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月12日
「性感染症」のセルフチェックができるスマホアプリを開発 感染の可能性があるときは医療機関の検索も 順天堂大学
2021年01月12日
「乳がん」を早期発見するための画期的な検査を開発 女性3000人の「マイクロRNA」を測定 臨床試験を4道県で開始
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査3】男性の41%が「食習慣の改善ができない」 運動も38%が「関心がない」「やる気がない」
2020年11月02日
【2019年国民健康・栄養調査2】男性の38%、女性の41%が「睡眠時間が6時間未満」 喫煙率は10年間で最低を更新
2020年10月20日
「メタボ健診・特定保健指導」の課題が明らかに "制度の見直しが必要"と提言 7.5万人のデータを検証
2020年10月20日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
2020年10月05日
女性の月経周期や基礎体温は年齢により変化 高温期も年齢により変化 日本人女性31万人を調査
2020年08月11日
【新型コロナ】日本のCOVID-19による入院患者の死亡率は7.5% 欧米や中国に比べ大幅に低い 国立国際医療研究センター
2020年03月25日
健康診断でパーキンソン病・認知症のリスクが分かる 健診で早期発見・予防できる可能性が

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,382 人(2021年01月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶