ニュース

年末年始に食べ過ぎた分を1日45分の運動で解消する

 年末年始に休日が続くと、つい食べ過ぎてしまうという人が多い。そんな人に朗報だ。「休みの間も1日45分の活発な運動を続けていれば、食べ過ぎた分を取り戻すことができる」という研究が発表された。

 年末年始の休暇にはついて食べ過ぎてしまうという人が多い。久しぶりに再会した家族や友だちと、楽しい時間を過ごしたいと多くの人は考える。その場の雰囲気で、食べたり飲んだりしたくなることもあるだろう。

 そんな「ごちそうシーズン」を乗り切るためのシンプルな方法がある。それは「1日45分の活発な運動を毎日続けること」だ。

運動を続ければ体のエネルギー代謝は改善する
 英バース大学の研究者は、適度な運動を毎日続けていれば、血糖値の変動が安定して、代謝にも良い影響があらわれることを実験で確かめた。

 研究チームは、26人の平均年齢25歳の男性を対象に、通常の食事よりカロリーが50%多い食事を7日間続けてとってもらった。

 参加者を2つのグループに分け、1つのグループにはまったく運動をしないで、7日間を過ごしてもらった。もうひとつのグループには、1日45分のエアロバイクなどの活発な有酸素運動に取り組んでもらった。運動の強度は、最大酸素摂取量の70%程度になるように調整した。

 血糖値上昇のグラフであらわし、曲線の面積を求めることで血糖値の変化を調べたところ、運動に取り組んだグループは、血糖値の上昇が抑えられていることが判明した。

 「休日に食べ過ぎてしまっても、運動を続けていれば、たとえ体重が増えたとしても、体のエネルギー代謝は向上することが明らかになりました。運動はある程度まとまった時間を行うと効果的です。1日30分以上の運動を毎日続けることをお勧めします」と、バース大学のディラン トンプソン博士(運動科学)は話す。

 体重60kgの人が普通の速さでウォーキングを1時間行った場合、消費されるカロリーは約200kcal。運動中にエネルギー源として使われる糖と脂肪の割合は、運動の強度によって変化し、強度が低いと脂肪を使う割合が増え、強度が高いと糖を使う割合が増えるという。

 「もちろん食べ過ぎないことが理想的ですが、年末年始や帰省中なども運動を続けて、筋肉を減らさないことが、食べ過ぎに対する効果的な対策となります。もっとも多くカロリーを消費するのは筋肉です。運動をすることで、筋肉の量を落とさないことが大切です」と、トンプソン博士は述べている。

運動が遺伝子を活性化する 遺伝子のスイッチをオンに
 研究チームは、脂肪細胞内で遺伝子にどのような変化が起きているかを計測した。すると運動を続けた人では、体のエネルギー代謝に影響するとされるSREBP、FAS、GLUT4、PDK4、IRS2といったタンパク質の発現量が増え、遺伝子が活性化していることが判明した。

 細胞に含まれるDNAは、基本的にその塩基配列が変化することはないが、メチル基が遺伝子の一部に結合することで、配列を変えることなく遺伝子の活性・不活性がコントロールされる。

 つまり、特定の遺伝子の発現をコントロールするスイッチのようなものがあり、運動によってそのスイッチが入り、遺伝子の活性化につながるという。

 「休暇中に食べ過ぎや飲み過ぎが続いても、運動を続けていれば、体の代謝は向上することが明らかになりました。たとえ体重が増えたとしても、運動をしていれば、血糖値の変動にも良い影響があらわれます。ぜひ運動に取り組んだください」と、トンプソン博士は強調している。

Daily exercise can help ensure guilt-free Christmas(バース大学 2013年12月15日)

関連情報
肥満遺伝子をもっていても運動やスポーツで肥満を解消

[Terahata]

「運動」に関するニュース

2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
1月23日は、健康生活習慣『一無、二少、三多』の日です。 「全国生活習慣病予防月間2021」は2月1日よりスタートします!
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
冬の「ヒートショック」を防ぐ6つの対策 急激な温度変化は体にとって負担 血圧変動や脱水に注意
2021年01月12日
犬の散歩は糖尿病予防のための「運動」になる? 糖尿病の犬の飼い主は糖尿病リスクが高い
2021年01月12日
エビデンスに基づく保健指導の実現へ 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発
2021年01月05日
WHOが「世界の死因トップ10」を発表 心臓病が1位に 糖尿病と認知症も上位に 食事と運動で予防・改善
2021年01月04日
保健指導リソースガイド【1年間でもっとも読まれたニュース ベスト15】1位はあの記事
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,568 人(2021年03月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶