• トップページ
  • ニュース
  • 資料更新情報
  • 講習会・セミナー
  • 健診・検診
  • 特定保健指導
  • 産業保健
  • 地域保健
  • 学校保健
最新ニュース
特定保健指導の参加者は生活習慣病リスクが低下 メタボや肝機能も改善
2016.02.17
 特定保健指導に参加した人の方が、参加しなかった人に比べて、メタボリックシンドロームの該当者・予備群が減少し、腹囲や肥満の状況が改善した。さらに肝機能を示すASTやALTの検査値なども改善した――2012年度と2013年度の特定健診・保健指導の結果を比較した調査結果を健康保険組合連合会(健保連)が発表した。

 調査は、2012年度特定保健指導の対象となった11万9,239人を、▽特定保健指導参加者(修了者)2万3,088人と、▽非参加者(修了者を除く指導対象者)9万6,151人の2群に分け、2013年度の特定健診でメタボリックシンドロームや健診検査値などにどのような変化が得られたかを調べたもの。
特定保健指導の参加者では「積極的支援」を受けた割合が低下
 まず2013年度の保健指導レベルをみてみると、保健指導参加者の方が、非参加者よりも「情報提供(服薬あり)」と「積極的支援」の割合が低いことが分かった。特定保健指導は、対象者の生活習慣病リスクに応じて内容が変わり、よりリスクの高い人には「積極的支援」が行われる。2012年度に特定保健指導を受けた男性(40.09%)では、受けなかった男性(50.20%)に比べて、次年度に「積極的支援」を受けた割合が10ポイント低下した。
図 特定保健指導を受けた参加者では「積極的支援」を受けた割合が低下した
 次に2013年度のメタボリックシンドロームについてみると、特定保健指導の参加者の方が、非参加者よりも「メタボ該当者・予備群」の割合が減少することが分かった。メタボの該当者は参加者で21.75%だったのに対し、非参加者では30.03%で、10ポイントの差が出た。男女別でも同様の傾向がみられた。

 また、メタボの「非該当者」の割合は、特定保健指導の参加者では41.21%だったのに対し、非参加者では32.87%で、参加者の方が高くなった。
図 特定保健指導の参加者ではメタボリックシンドロームの該当者と予備群が減少した
 腹囲については、特定保健指導の参加者の方が、非参加者よりも改善した人の割合が多かった。全体では、改善した人の割合は、参加者では16.63%だったのに対し、被監査者では11.35%だった。この傾向は男女ともにみられた。
図 特定保健指導の参加者では腹囲が改善した人が多い
特定保健指導の参加者ではHDLコレステロール、ASTやALTがより改善
 さらに、2013年度の健診レベルをみると、各種の検査値は、参加者の方が、非参加者よりも改善したことも分かった。特に次の項目では改善の度合いが大きかった。

 ▽AST(肝機能):男性参加者では0.78U/L改善し、非参加者の0.48U/Lよりも0.3U/L高かった。同様に女性参加者でも0.46U/L改善し、非参加者の0.08U/Lよりも0.38U/L高かった。
図 特定保健指導に参加した人ではAST(肝機能)の改善の度合いが高かった
 ▽ALT(肝機能):男性参加者では2.43U/L改善し、非参加者の1.47U/L改善よりも0.96U/L高かった。同様に女性参加者でも0.77U/L改善し、非参加者の0.42U/Lよりも0.35U/L高かった。
図 特定保健指導に参加した人ではALT(肝機能)の改善の度合いが高かった
 それ以外の検査値については、HDLコレステロールやBMIで、特定保健指導の参加者で改善効果が高いことが示された。なお、HbA1c(血糖)については参加者・非参加者ともに目立った改善効果は示されなかったので、より長期的な調査分析結果を見る必要がありそうだ。

健康保険組合連合会(健保連)
(Terahata)
©2017 日本医療・健康情報研究所. 掲載記事・図表の無断転用を禁じます。

点線
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |
■ 最新ニュース一覧
▶ 過去の記事
 | 2017 | 2016 | 2015 | 2014 | 2013 | 2012 | 2011 | 2010 | 2009 | 2008 |