ニュース

大腸がんを人工知能(AI)で検査 見逃しやすいがんを98%の精度で発見

 国立がん研究センターとNECは、人工知能(AI)を用い、大腸がんおよび前がん病変(大腸腫瘍性ポリープ)を内視鏡検査時にリアルタイムに発見するシステムの開発に成功した。
内視鏡で見逃しやすい大腸がんもAIなら発見できる
 このリアルタイム内視鏡診断サポートシステムは、大腸の内視鏡検査時に撮影される画像で、大腸がんおよび前がん病変をリアルタイムに自動検知し、内視鏡医の病変の発見をサポートするというもの。
 開発したシステムは、画像解析に適した「ディープ・ラーニング(深層学習)」を活用したAI技術と、独自の高速処理アルゴリズム、画像処理に適した高度な画像処理装置(GPU)を用いて、1台のPCで動作するという。これにより臨床現場でリアルタイムに医師にフィードバックできるようになる。

 大腸の場合、がんは前がん病変であるポリープから発生することが明らかとなっており、人間ドックや大腸がん検診で発見された場合は、積極的に内視鏡的摘除が行われている。

 大腸腺腫性ポリープを内視鏡的に摘除することで、大腸がんの罹患率を76%~90%抑制し、死亡率を53%抑制できるという。

 このポリープを内視鏡検査時に見逃さないことが重要だが、肉眼での認識が困難な病変や発生部位、医師の技術格差により、24%が見逃されているという報告がある。

 また別の報告では、大腸内視鏡検査を受けていたにもかかわらず、後に大腸がんに至るケースが約6%あり、その原因は内視鏡検査時の見逃し(58%)、来院しない(20%)、新規発生(13%)、不十分な内視鏡治療による遺残(9%)が挙げられている。
98%の確率で早期がんを発見 内視鏡検査の質を向上
 大腸腫瘍性ポリープは、大腸がんの前がん病変であるため、内視鏡検査時に見つけ出し摘除することで大腸がんへの進行を抑えられる。

 ポリープは内視鏡医が肉眼で見つけられるが、サイズが小さい、形状が認識しにくいなどの場合は、見逃されることもある。

 病変の見逃しを改善し、前がん病変発見率を向上できれば、大腸がんの予防と早期発見を確実に行えるようになる。特に平坦な病変発見が困難な口側の大腸で効果が見込めるという。

 同システムでは、国立がん研究センター中央病院内視鏡科による所見が付けられた約5,000例の内視鏡画像を、NECのAI技術に学習させた。このAI技術を用いて新たな内視鏡画像を解析したところ、98%の確率で前がん病変としてのポリープと早期がんを発見できた。

 AIが人間の視覚をサポートすることにより、より多くの大腸腫瘍性ポリープを発見し、発見率が従来より向上することを期待できる。このポリープ発見率は大腸内視鏡検査の質を示すパラメーターのひとつとして知られており、内視鏡医の検査の質を向上させることもできる。

 大腸内視鏡検査の経験が浅い医師なども、肉眼で発見したポリープ以外に、AIが指し示す部位があればその部位をよく観察することができる。

 今後さらに、国立がん研究センター中央病院と研究所が連携し、肉眼での認識が困難な平坦・陥凹病変をAIに学習させシステムの精度を上げ、臨床試験を行い、日本だけでなく世界での実用化を目指すという。

国立がん研究センター
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年02月21日
タクシー乗務員に学ぶ糖尿病対策 「ちょっと糖尿病」は危険?
2018年02月21日
早食いほど肥満は増える 肥満予防に「ゆっくり食べる」ことが効果的
2018年02月21日
ヨーグルトを食べると心血管疾患のリスクが低下 女性では30%減少
2018年02月21日
「腸内細菌」が2型糖尿病や肥満などに影響 メカニズムを解明
2018年02月21日
「食べ物だ」と意識する前に脳は反応 脳が「食べよう、やめよう」と指令
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに

最新ニュース

2018年02月21日
タクシー乗務員に学ぶ糖尿病対策 「ちょっと糖尿病」は危険?
2018年02月21日
早食いほど肥満は増える 肥満予防に「ゆっくり食べる」ことが効果的
2018年02月21日
ヨーグルトを食べると心血管疾患のリスクが低下 女性では30%減少
2018年02月21日
「腸内細菌」が2型糖尿病や肥満などに影響 メカニズムを解明
2018年02月21日
「食べ物だ」と意識する前に脳は反応 脳が「食べよう、やめよう」と指令
2018年02月21日
【講演会参加者募集】" 実践!スローカロリー " ~上手な糖質活用のノウハウを教えます
2018年02月20日
健診・予防3分間ラーニングDVD 決算SALE実施中 ♪ ~健診待合室や健康教育・保健指導の情報提供に最適~
2018年02月19日
妊娠子育て期の女性に医師・管理栄養士伴走による遠隔指導研究を開始
2018年02月19日
【健やか21】約100名の女子大生・女子高生と"女性の健康"を考えるイベント
2018年02月15日
「たばこ規制」をどうする? 多方面で厚労省の法改正素案に反対の声
2018年02月15日
「足の冷え」「むくみ」は血管の老化が原因 足の動脈硬化を改善
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年02月15日
喫煙と飲酒が口腔・咽頭がんのリスクを上昇 たばこ、お酒でリスクは4倍に
2018年02月15日
日本発のバイオマーカー 尿中L-FABPを活用した腎疾患管理
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2018年02月11日
【健やか21】平成29年度「子ども予防接種週間」の実施について
2018年02月09日
花粉症予防アプリ「アレルサーチ」で発症要因解明と予防の啓もうを(順天堂大学)
2018年02月08日
「おにぎりダイエット」で体重が減少 ご飯と運動で腹囲は減らせる
2018年02月07日
いま知っておきたい「花粉症」対策 最新の治療で上手に乗り切ろう
2018年02月07日
気温差が大きいと「脳卒中」のリスクが上昇 季節の変わり目に注意
2018年02月07日
「時間栄養学」の新たな発見 食事のタンパク質が「体内時計」を調整
2018年02月07日
アルツハイマー病を簡単に検査できる技術を開発 わずか0.5ccの血液で判別
2018年02月06日
「働く女性の健康~今日的な課題への対応~」へるすあっぷ21 2月号
2018年02月05日
【健やか21】平成30年度「児童福祉週間」の標語が決定しました!
2018年02月05日
健康寿命日本一を目指す大分県、県民総ぐるみの健康づくりを軌道に
2018年01月31日
子宮頸がんワクチンの有効性を強調「理解と判断を」 厚労省がリーフレット
2018年01月31日
特定保健指導の効果を「ビッグデータ」で検証 3年後にメタボが31%減少
2018年01月31日
国立がん研究センターとヤフーが連携 検索で「がん情報サービス」を表示
2018年01月31日
楽しくできる「インターバル運動」で脳を活性化 体力が低下した人にも有用
2018年01月31日
大豆イソフラボンが「サルコペニア」を軽減 筋肉細胞の減少を抑える効果
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,852 人(2018年02月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶