ニュース

犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性

 犬を飼い定期的に運動させることは、飼い主の身体活動レベルの低下を防ぐ、効果的な方法となることが、英国の研究で明らかになった。犬を飼っている人は悪天候のときにも散歩をさせており、運動不足を防げる傾向がみられるという。
犬の散歩をする習慣のある人は運動量が多い
 英国のイーストアングリア大学食事・運動・リサーチセンターやケンブリッジ大学の研究チームは、49~91歳の男女3,123人を対象に、犬を飼っているかどうか、そして犬の散歩をするかどうかについて調査した。さらに、これらの参加者に活動量計を7日間装着してもらい、身体活動レベルを測定した。

 多くの人は日照時間の短い冬の時期や、天候不順があると、外出が妨げられることが知られる。そのため研究チームは、参加者の活動量データを、天候と照らし合わせ、さらに日の出と日没の時間を含めて検討を行った。

 解析した結果、犬の散歩を行う人はそうでない人に比べ、身体活動量が多く、さらに座業中心の時間も短い傾向があることが分かった。犬を飼っている人は平均で1日あたり30分間の散歩をしていたという。

 このことは予想されていた通りだったが、天候が身体活動にどの程度の影響を与えるかという点では、予想外の結果が出た。つまり、天候が悪くても、犬を飼っている人は身体活動量が、そうでない人に比べて多い傾向があることが分かった。

 さらに、日照時間が短く気温が低い冬にも、犬の散歩をする人たちは身体活動量の減少を防げていた。天候が悪い場合には、多くの人は座業中心の時間が増え、身体活動量が低下するが、犬を散歩させる習慣のある人は比較的その影響を受けにくいことが分かった。

 「犬を飼っている人はそうでない人に比べ、天候が悪く気温が低い冬にも、犬の散歩をしていることが分かりました。気温が上昇し晴れの日が多い夏にも、犬を飼っている人では、運動教室などによる介入でみられる以上に、運動量が増える傾向がみられました」と、イーストアングリア大学医学部のアンディ ジョーンズ教授は言う。
犬を散歩させることで身体活動量を増やせる(イーストアングリア大学)
犬を飼うことで運動不足を防げる可能性
 一般に、身体活動量は加齢とともに低下する傾向がある。年齢を重ねても身体活動量を維持するのに役立つ効果的な介入については、十分な研究が行われていない。

 誰もがペットを飼えるわけではないので、全ての人に犬を世話することを奨励するわけではないにしても、身体活動を促進するという側面からみると、犬を飼うことで大きなアドバンテージを得られる可能性がある。運動量を増やすことを支援するプログラムに、犬を飼い散歩させるという新しい方向性を加えることが考えられるという。

 運動プログラムによる保健指導では通常、自己目的なベネフィットに焦点をあてている。つまり、運動をすることで健康になれるという目的があるから、サポートを行うのが一般的だ。

 「しかし、犬の散歩は自己目的というよりはむしろ、パートナーとなる動物の欲求に影響されています。自身の欲求以外のものを媒介として身体活動が促進できることは、強力な動機付けとなる可能性があります。このことには、運動プログラムを作成するときに新たな手法となるかもしれません」と、ジョーンズ教授は指摘している。

Dog walking could be key to ensuring activity in later life(イーストアングリア大学 2017年7月25日)
Dog ownership supports the maintenance of physical activity during poor weather in older English adults: cross-sectional results from the EPIC Norfolk cohort(Journal of Epidemiology and Community Health 2017年7月24日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に
2018年07月10日
高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表
2018年06月05日
【連載更新】「今日は〇〇の日」「○○週間」を活用していますか?
2018年05月29日
【リーフレット配布ご協力お願い】外見ケアに悩んでいる方へ「みなとアピアランスサポート相談室」
2018年03月28日
「糖尿病予備群向けの重症化予防プログラム」を開始 日本生命
2018年03月19日
東京の糖尿病療養指導を担う「東京CDE」と「東京CDS」 新年度の活動
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります

最新ニュース

2018年07月20日
【応募受付中】「パパコト」アンバサダー募集中!
2018年07月20日
【健やか21】避難所生活で健康に過ごすための注意点(厚労省)
2018年07月18日
高血圧に特化した「治療アプリ」を開発 介入の難しい生活習慣改善を支援
2018年07月18日
脳卒中は暑い夏に増える 日常生活の注意点と脳卒中予防10ヵ条
2018年07月18日
ワカメに食後血糖値の上昇を抑制する効果 白飯のGI値を低下
2018年07月18日
世界の8.5億人が「腎臓病」 腎臓病の恐ろしさを知らない人が大半
2018年07月18日
「入浴」に健康増進のプラス効果 週5回以上の入浴が心血管を保護
2018年07月18日
高血圧・糖尿病が「認知症」を加速させる 女性の腎臓病はリスクが高い
2018年07月17日
【新連載】「産業看護職のための地域保健との連携マニュアル」のご紹介
2018年07月17日
農林水産省が官民協働の「Let's!和ごはんプロジェクト」を開始
2018年07月13日
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール
2018年07月13日
街のみんなで子育てを! そんな想いを伝えてみませんか?
2018年07月13日
過労死等の労災補償状況を公表 -裁量労働制対象者の決定件数も
2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇
2018年07月11日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2017年度版)
2018年07月11日
【連載更新】中年期の健康運動の考え方~ありたい体と心を創る~
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に
2018年07月10日
高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表
2018年07月10日
多用な暮らしに対応した食育の推進を~平成29年度食育白書
2018年07月10日
ママとパパが一緒に読める、育児学級テキストの決定版「子育ち支援テキスト」(書籍)
2018年07月06日
【健やか21】キャンペーンサイト『SNS被害 気づいて!SNS出会いにひそむワナ』(内閣府)
2018年07月05日
【メンバー募集】保健指導スタッフみんなで"創る"「HRG Labo」始動!
2018年07月04日
日本腎臓病協会が設立「腎臓病の克服を目指す」 成人の8人に1人がCKD
2018年07月04日
厚労省「健康寿命をのばそう!アワード 第7回 <母子保健分野>」の応募受付を開始
2018年07月03日
「ベジファースト」で肥満・メタボ対策 東京・足立区の取り組みが奏功
2018年07月03日
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を
2018年07月03日
メタボや高血糖の原因は「恒常性維持機構」の異常 新たな治療法を開発
2018年07月01日
「どう防ぐ?どう対応する?職場のパワハラ」へるすあっぷ21 7月号
2018年06月29日
【健やか21】危害・危険情報「ジャンプ式折りたたみ傘でのけが」(東京都)
2018年06月29日
食卓から始めるお母さんと赤ちゃんの健康!「妊娠中に食べたいもの控えたいもの」(指導箋)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,349 人(2018年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶