ニュース

犬の散歩は運動になるか? 運動不足を解消するのに効果的である可能性

 犬を飼い定期的に運動させることは、飼い主の身体活動レベルの低下を防ぐ、効果的な方法となることが、英国の研究で明らかになった。犬を飼っている人は悪天候のときにも散歩をさせており、運動不足を防げる傾向がみられるという。
犬の散歩をする習慣のある人は運動量が多い
 英国のイーストアングリア大学食事・運動・リサーチセンターやケンブリッジ大学の研究チームは、49~91歳の男女3,123人を対象に、犬を飼っているかどうか、そして犬の散歩をするかどうかについて調査した。さらに、これらの参加者に活動量計を7日間装着してもらい、身体活動レベルを測定した。

 多くの人は日照時間の短い冬の時期や、天候不順があると、外出が妨げられることが知られる。そのため研究チームは、参加者の活動量データを、天候と照らし合わせ、さらに日の出と日没の時間を含めて検討を行った。

 解析した結果、犬の散歩を行う人はそうでない人に比べ、身体活動量が多く、さらに座業中心の時間も短い傾向があることが分かった。犬を飼っている人は平均で1日あたり30分間の散歩をしていたという。

 このことは予想されていた通りだったが、天候が身体活動にどの程度の影響を与えるかという点では、予想外の結果が出た。つまり、天候が悪くても、犬を飼っている人は身体活動量が、そうでない人に比べて多い傾向があることが分かった。

 さらに、日照時間が短く気温が低い冬にも、犬の散歩をする人たちは身体活動量の減少を防げていた。天候が悪い場合には、多くの人は座業中心の時間が増え、身体活動量が低下するが、犬を散歩させる習慣のある人は比較的その影響を受けにくいことが分かった。

 「犬を飼っている人はそうでない人に比べ、天候が悪く気温が低い冬にも、犬の散歩をしていることが分かりました。気温が上昇し晴れの日が多い夏にも、犬を飼っている人では、運動教室などによる介入でみられる以上に、運動量が増える傾向がみられました」と、イーストアングリア大学医学部のアンディ ジョーンズ教授は言う。
犬を散歩させることで身体活動量を増やせる(イーストアングリア大学)
犬を飼うことで運動不足を防げる可能性
 一般に、身体活動量は加齢とともに低下する傾向がある。年齢を重ねても身体活動量を維持するのに役立つ効果的な介入については、十分な研究が行われていない。

 誰もがペットを飼えるわけではないので、全ての人に犬を世話することを奨励するわけではないにしても、身体活動を促進するという側面からみると、犬を飼うことで大きなアドバンテージを得られる可能性がある。運動量を増やすことを支援するプログラムに、犬を飼い散歩させるという新しい方向性を加えることが考えられるという。

 運動プログラムによる保健指導では通常、自己目的なベネフィットに焦点をあてている。つまり、運動をすることで健康になれるという目的があるから、サポートを行うのが一般的だ。

 「しかし、犬の散歩は自己目的というよりはむしろ、パートナーとなる動物の欲求に影響されています。自身の欲求以外のものを媒介として身体活動が促進できることは、強力な動機付けとなる可能性があります。このことには、運動プログラムを作成するときに新たな手法となるかもしれません」と、ジョーンズ教授は指摘している。

Dog walking could be key to ensuring activity in later life(イーストアングリア大学 2017年7月25日)
Dog ownership supports the maintenance of physical activity during poor weather in older English adults: cross-sectional results from the EPIC Norfolk cohort(Journal of Epidemiology and Community Health 2017年7月24日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります
2017年11月24日
【30名限定】すろかろアンバサダー第1期の募集をスタートします!
2017年10月23日
10代でも"スマホ老眼"が増加?―養護教諭対象のアンケートで明らかに
2017年10月02日
【専門職向け】プルーン健康啓発サンプル・資料の受付開始しました
2017年09月21日
高齢者の事故 注意を呼び掛けるだけでは不十分 消費者庁が報告
2017年09月20日
座り続ける生活で死亡リスクは上昇 「30分ごとに体を動かそう」
2017年09月20日
糖尿病は「治せる」病気? 体重コントロールで発症前の体に戻す
2017年09月20日
「肥満」と「うつ病」のダブルパンチ 体重コントロールは脳にも良い

最新ニュース

2018年02月19日
妊娠子育て期の女性に医師・管理栄養士伴走による遠隔指導研究を開始
2018年02月19日
【健やか21】約100名の女子大生・女子高生と"女性の健康"を考えるイベント
2018年02月15日
「たばこ規制」をどうする? 多方面で厚労省の法改正素案に反対の声
2018年02月15日
「足の冷え」「むくみ」は血管の老化が原因 足の動脈硬化を改善
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年02月15日
喫煙と飲酒が口腔・咽頭がんのリスクを上昇 たばこ、お酒でリスクは4倍に
2018年02月15日
日本発のバイオマーカー 尿中L-FABPを活用した腎疾患管理
2018年02月14日
【全国生活習慣病予防月間講演会レポート】「生活習慣病」と「がん」その予防に共通するキーワードは?
2018年02月11日
【健やか21】平成29年度「子ども予防接種週間」の実施について
2018年02月09日
花粉症予防アプリ「アレルサーチ」で発症要因解明と予防の啓もうを(順天堂大学)
2018年02月08日
「おにぎりダイエット」で体重が減少 ご飯と運動で腹囲は減らせる
2018年02月07日
いま知っておきたい「花粉症」対策 最新の治療で上手に乗り切ろう
2018年02月07日
気温差が大きいと「脳卒中」のリスクが上昇 季節の変わり目に注意
2018年02月07日
「時間栄養学」の新たな発見 食事のタンパク質が「体内時計」を調整
2018年02月07日
アルツハイマー病を簡単に検査できる技術を開発 わずか0.5ccの血液で判別
2018年02月06日
「働く女性の健康~今日的な課題への対応~」へるすあっぷ21 2月号
2018年02月05日
【健やか21】平成30年度「児童福祉週間」の標語が決定しました!
2018年02月05日
健康寿命日本一を目指す大分県、県民総ぐるみの健康づくりを軌道に
2018年01月31日
子宮頸がんワクチンの有効性を強調「理解と判断を」 厚労省がリーフレット
2018年01月31日
特定保健指導の効果を「ビッグデータ」で検証 3年後にメタボが31%減少
2018年01月31日
国立がん研究センターとヤフーが連携 検索で「がん情報サービス」を表示
2018年01月31日
楽しくできる「インターバル運動」で脳を活性化 体力が低下した人にも有用
2018年01月31日
大豆イソフラボンが「サルコペニア」を軽減 筋肉細胞の減少を抑える効果
2018年01月29日
【健やか21】 自治体・企業・NPO「子育て支援連携事業」全国会議開催
2018年01月29日
糖尿病予備群にIoT活用による健康改善の介入研究を開始~国立国際医療研究センターなど
2018年01月26日
野菜から食べて30回噛む~長野市「ベジライフ宣言」で生活習慣病予防
2018年01月25日
自殺予防を地域で強化 自治体向け「自殺対策計画」ガイドライン策定
2018年01月25日
妊娠期に魚を食べた女性で「抑うつ」が減少 DHAとEPAは女性に有用
2018年01月25日
「男のストレス」ががんリスクを高める 肝臓がんは33%上昇
2018年01月25日
乳がんの死亡率が半分に減少 専門家は「乳がん検診」の重要さを強調
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 6,852 人(2018年02月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶