ニュース

がん経験者の年収は20%減少 医療費と生活費が心配 サポートが必要

 働いているときにがんを発症した人は、休職したり仕事量を抑えたりした影響で、年収が20%減少していることが、ライフネット生命保険の調査で分かった。医療費や生活費などの支払いに困る人も多く、がんとの闘病による影響は深刻だ。

 調査は、ライフネット生命保険がNPO法人キャンサーネットジャパンの協力を得て、インターネットで6月に実施。全国のがん経験者の男女572人が回答した。
「再発や転移」の不安が大きい 相談先にも困っている
 がん罹患時に不安に感じたことの多い項目として、「再発や転移」(82%)、「仕事」(58%)、「家族への負担」(55%)、「治療費」(55%)、「生活への制限」(48%)が上位に挙げられた。未婚で子どものいない女性では「恋愛や結婚」(53%)、「がん治療による妊孕性(妊娠する力)低下」(40%)を挙げる人も多かった。

 がん罹患後の生活で困っていることは、男性では「食生活への配慮」(53%)、「治療や体調の相談」(46%)、「医療情報の取得」(35%)、女性では「治療や体調の相談」(43%)、「外見ケア」(43%)、「買い物」(39%)が多かった。

 生活全般において、がんを経験した女性が求めるサポートサービスとしては、「がんについて勉強した方やサバイバーさんによる家事・買い物サポートなどがあればいいと思います」(40代)、「薬の副作用による味覚異常や食欲不振により、料理が苦痛な時も。買い物や食事の準備の際、気軽に使えるサービスがあると良い」(40代)、「投与日に子ども(当時乳幼児)が急病の場合、預かってくれるところがないことで、自分が投与可能な状態であっても投与延期となることがある」(30代)、「がん患者向けの本格的な就労支援サービスがほしい」(20代)、「通院費や検査費がかなり負担でした。収入に応じた援助があればと思いました」(20代)、「外見ケアを個人的にレクチャーしてくれる場所がほしい」(50代)といった声が聞かれた。
平均年収は20%のマイナス 3分の1以上が休職
 がん罹患前後の収入差が小さくないことも分かった。平均年収は、がんになったことで415万円から332万円に減り、20%のマイナス。回答者のうち、収入が減ったのは319人で、全体の56%だった。

 収入の減少幅をみると、「無収入になった」が18%でもっとも多く、「1割以上2割未満」と「2割以上3割未満」がともに15%、「5割以上6割未満」が14%の順。収入が半分以下になった人が全体の47%を占めた。

 がんの罹患時の職業別に罹患前後の収入減少率をみると、「派遣社員(非正規)」がマイナス39%、「パート・アルバイト(非正規)」がマイナス29%、「自営業・自由業」がマイナス23%、「契約社員(非正規)」がマイナス22%、「正社員」がマイナス18%だった。

 複数回答で減った理由を尋ねたところ「休職」(35%)がもっとも多く、次いで「業務量を抑えた」(33%)、「退職」(25%)、「転職」(17%)と続く。
経済面では半数以上が医療費と生活費で困っている
 がん治療と就業の両立について困ったこととして「進行がんだったので、慌てて退職してしまった。ちゃんと調べて色々相談してから、先の事を考えれば良かった」(40 代・女性)、「転職し、パート社員になって収入が減りました。体力も落ち労働時間が減ったためです」(30代・女性)、「職場復帰をして2年ほど勤務したが、やはり残業や仕事量など病気になる前と変わらない業務量のため、転職することにしました」(40代・女性)といった声が聞かれた。

 収入減少後に経済面で困ったことは「医療費(入院費・手術費・薬代など)」(53%)、「本人や家族の生活費」(52%)が過半数を占め、「住居費(家賃・ローン)」と「子供の教育費」がともに25%だった。子どものいる家庭では43%が「教育費」に困っている。「習い事や進学を断念させてしまった」という家庭も。

 経済的に困っていることとして具体的には「高額療養費制度を使っていても、月をまたげば、費用負担は大きかった」(40代・女性)、「抗がん剤治療も高くてできなかった。治療できない」(50代・女性)、「子どもたちの進学でお金がいるのに治療に使ってしまうことに、とても罪悪感を感じる」(40代・女性)、「休職中であり収入が傷病手当金のみのため、住宅ローンのボーナス月返済に困った」(50代・男性)とコメントしており、医療費の負担が重いことが窺える結果になった。
がん患者が「働きやすい環境づくり」が必要
 がん罹患後の公的制度の利用状況は、「高額療養費制度の利用」は92%に上ったが、「医療費控除(確定申告時)」58%にとどまった。「傷病手当金」は37%だった。公的制度での金銭面の充足度は「足りない」が49%とほぼ半数だった。

 企業のがん経験者への治療と仕事の両立支援については、罹患時の勤務先で「サポート制度自体がなかった」(43%)がもっとも多く、仮に制度があっても「使えない」雰囲気があるという回答が61%を占めた。

 がん経験者が求める「働きやすい環境づくり」への改善や工夫としては、「がん患者だからということを理由に不利益・不自然な取扱いを受けることのないよう、がんは誰でも罹りうるものだということを前提とした意識・制度の改善が必要」(20代・女性)、「外見からはわからない痛みや辛さがあることを知ること」(20代・女性)、「誰がいつ罹患しても困らない仕事のやり方、配置換え、休職期間の見直しなどがあればうれしい」(30代・女性)、「通院時間の確保や通勤による体力消耗回避のため、フレックスタイムや在宅ワークの導入」(30代・女性)といった声が聞かれた。

ライフネット生命
キャンサーネットジャパン
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年11月20日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明 便秘以外にも応用
2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月13日
11月14日は世界糖尿病デー ウォーキングで世界につながろう 糖尿病の半分以上を予防できる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月12日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験で実証
2019年11月06日
【申込開始】あらゆる世代・分野の健康づくりをサポート 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2020年版」 
2019年11月06日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月06日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月06日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,160 人(2020年10月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶