ニュース

10分間のウォーキングでも効果は大きい 「アクティブ10」を開始

 英国政府は、1日10分間のウォーキングを促すキャンペーン「アクティブ 10」を開始した。たった10分間のウォーキングであっても、習慣として続ければ体に大きな恩恵がもたらされるという。
たった10分間のウォーキングが大きな違いを生む
 たった10分間のウォーキングであっても、毎日続ければ、長い間に大きな差を生む。英国公衆衛生庁(PHE)は、10分間の活発なウォーキングを習慣化することを促すキャンペーン「アクティブ 10」を開始した。

 英国では10人に4人が1日に10分も歩いておらず、極度な運動不足の状態にある。交通手段が発達し、坐ったまま過ごす時間が増えた影響で、英国人は20年間で平均24km、歩く距離が短くなったという。

 「運動ガイドラインでは、1日に30分、週に150分の活発な運動をすることを勧めています。歩数にすると1日に1万歩のウォーキングをしなければなりません。これは理想的な目標ですが、毎日忙しく過ごしている多くの人にとって実行するのは難しいでしょう」と、オックスフォード大学のミューア グレイ教授(プライマリケア)は言う。

 「そんな場合でも、たった1日10分間のウォーキングであっても、毎日続ければ心臓や肺、血管に良い影響をもたらし、運動不足の人にとって大きな恩恵をもたらすことが分かりました」と、グレイ教授は指摘する。

 英国公衆衛生庁の研究によると、週に150分間の適度な運動を行うことで、2型糖尿病のリスクを40%減らせる。発症リスクは、心臓血管疾患では35%、認知症では30%、がんの一部では20%、それぞれ減少できると試算している。

 運動時間が週に150分に満たない場合でも、運動のもたらす恩恵は、まったくしない場合に比べ大きい。1日に10分以上のウォーキングをすることで、早期死亡のリスクを15%減少できることが示されている。
1日に10分間のウォーキング 専用アプリを無料で配信
 英国公衆衛生庁が配信している無料のアプリ「アクティブ 10」を使うと、スマートフォンの歩数計機能を利用し、1日に10分間のウォーキングを行っているかをチェックできる。

 英国のシェフィールド大学や国立スポーツ・運動医学センターなどが共同で制作したこのアプリは、8月下旬に配信が始められ、1ヵ月足らずで10万人以上がダウンロードした。

 運動のためのスマートフォン向けアプリはすでに多数が利用されているが、「アクティブ 10」は「運動習慣のない人が無理なく運動を続けること」を促すよう設計されているのが特徴だ。

 忙しい毎日に高強度の運動をまとまった時間行うのは難しいという人は多く、既存のフィットネスアプリに抵抗感を抱くという人も多い。そこで「アクティブ 10」は、「運動の高い目標を掲げて、それを達成するのを促す」のではなく、「1日10分のウォーキングというシンプルな目標を掲げて、それを習慣化することから始め、徐々に目標を引き上げてく」ことを想定して作られてある。

 健康を勝ち取るための方法はシンプルだ。家の近所や勤め先の周りを、10分間だけ、ふだんより少しだけ速く活発にウォーキングするだけで良い。

 「これは運動をしたことがないという人にとっても高くないハードルです。このアプリに慣れてきたら、運動の強度と歩数を増やしていくこともできます。運動が苦手という人も、今日から運動に取り組んで欲しいと思います」と、シェフィールド大学のロブ コープランド教授(運動・健康学)は言う。
アクティブ 10

アクティブ 10(英国公衆衛生庁)
6 million adults do not do a monthly brisk 10 minute walk(英国公衆衛生庁 2017年8月24日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に
2018年07月10日
高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表
2018年06月05日
【連載更新】「今日は〇〇の日」「○○週間」を活用していますか?
2018年05月29日
【リーフレット配布ご協力お願い】外見ケアに悩んでいる方へ「みなとアピアランスサポート相談室」
2018年03月28日
「糖尿病予備群向けの重症化予防プログラム」を開始 日本生命
2018年03月19日
東京の糖尿病療養指導を担う「東京CDE」と「東京CDS」 新年度の活動
2018年02月15日
人工知能(AI)で「胃がん」を早期発見 98%の精度で「熟練医に匹敵」
2018年01月05日
[ 2/7 市民公開講演会参加者募集中!] 全国生活習慣病予防月間2018
2017年12月13日
「糖尿病のクリスマスプレゼント」実施中 豪華商品と現金が当たります

最新ニュース

2018年07月13日
【健やか21】平成30年度 家族や地域の大切さに関する作品コンクール
2018年07月13日
街のみんなで子育てを! そんな想いを伝えてみませんか?
2018年07月13日
過労死等の労災補償状況を公表 -裁量労働制対象者の決定件数も
2018年07月12日
運転中にたばこを吸うと交通事故による死亡リスクが1.5倍超に上昇
2018年07月11日
健診・検診/保健指導実施機関 集計結果と解説(2017年度版)
2018年07月11日
【連載更新】中年期の健康運動の考え方~ありたい体と心を創る~
2018年07月10日
「熱中症」と「エコノミークラス症候群」を予防する方法 被災地で緊急課題に
2018年07月10日
高血圧・メタボは要注意 腎臓学会が「CKD診療ガイドライン2018」を発表
2018年07月10日
多用な暮らしに対応した食育の推進を~平成29年度食育白書
2018年07月10日
ママとパパが一緒に読める、育児学級テキストの決定版「子育ち支援テキスト」(書籍)
2018年07月06日
【健やか21】キャンペーンサイト『SNS被害 気づいて!SNS出会いにひそむワナ』(内閣府)
2018年07月05日
【メンバー募集】保健指導スタッフみんなで"創る"「HRG Labo」始動!
2018年07月04日
日本腎臓病協会が設立「腎臓病の克服を目指す」 成人の8人に1人がCKD
2018年07月04日
厚労省「健康寿命をのばそう!アワード 第7回 <母子保健分野>」の応募受付を開始
2018年07月03日
「ベジファースト」で肥満・メタボ対策 東京・足立区の取り組みが奏功
2018年07月03日
子育て中の親のスマホ依存が子どもに悪影響 スマホを置いて対話を
2018年07月03日
メタボや高血糖の原因は「恒常性維持機構」の異常 新たな治療法を開発
2018年07月01日
「どう防ぐ?どう対応する?職場のパワハラ」へるすあっぷ21 7月号
2018年06月29日
【健やか21】危害・危険情報「ジャンプ式折りたたみ傘でのけが」(東京都)
2018年06月29日
食卓から始めるお母さんと赤ちゃんの健康!「妊娠中に食べたいもの控えたいもの」(指導箋)
2018年06月28日
「こどもとおとなのワクチンサイト」を開設~日本プライマリ・ケア連合学会
2018年06月27日
「グループ運動」は継続するのに効果的 「プラス・テン」で運動促進
2018年06月27日
「超加工食品」がメタボ・糖尿病・がんのリスクを高める 保健指導にも影響
2018年06月27日
2018年「高齢社会白書」 全世代型社会保障とエイジレス社会の実現へ
2018年06月27日
乳がん患者の不安や恐怖を緩和 乳がんサバイバーを支援するアプリを開発
2018年06月27日
作りおきに「食中毒」リスク 冷蔵庫保管でも「においで判断」はNG
2018年06月27日
ブドウ種子エキスが閉経女性の「肥満」を予防 腸内の「デブ菌」を抑制
2018年06月27日
「もーりーのどっちが低糖質!?クイズ」を公開 糖とカロリーのお役立ちTips
2018年06月26日
第1回目健康レシピコンテスト「プルーン食べ合わせ」結果発表!
2018年06月26日
「血糖トレンドを活用した、自己管理能力を高めるための患者教育」を公開 糖尿病リソースガイド
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 7,349 人(2018年07月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 保健師 44%
  • 看護師 20%
  • 管理栄養士・栄養士 22%
  • その他 14%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶