ニュース

糖尿病治療に「IoT」を活用 スマホで治療を改善 【参加者を募集中】

 糖尿病患者2,000人を対象にした、これまでにない大規模な研究を、国立国際医療研究センター糖尿病研究センターなどが実施している。スマートフォンアプリ「七福神」を活用し、「IoT」によって糖尿病患者の行動変容をはかる。
IoTを活用して無理なく生活改善
 糖尿病患者が血糖コントロールを改善するためには、体重管理や運動の習慣化を行うことが重要だ。

 医師や保健指導者は、診療や保健指導を通して、自己管理のノウハウを提供し、動機づけを患者に行っている。

 しかし、生活習慣病スタイルを変えていくのは患者自身だ。糖尿病患者が治療に対するモチベーションを維持し、治療からの脱落を防ぐために、これまでの医療機関からの一方通行の情報伝達だけでは十分ではない。

 「PRISM-J」は、糖尿病患者が「IoT」を活用して、無理なく生活改善に取り組みながら、血糖コントロールと生活の質(QOL)を改善できる手法を検証する研究。今後の糖尿病治療のあり方に大きな変革をもたらす可能性のある取り組みとして注目されている。

 研究には無料で参加できる。「IoT」を支援に利用することで、糖尿病患者の行動が変え、血糖コントロールを改善できると期待されている。
IoTで1人ひとりに適合した治療を実現
 研究の正式名称は「IoT活用による糖尿病重症化予防法の開発を目指した研究(PRISM-J)-2型糖尿病患者におけるIoT活用の行動変容を介する血糖改善効果の検証-」。

 「IoT」(アイオーティー)とは、身の回りの機械がインターネットを通じてつながることで実現する新たなサービスや技術のこと。

 今回の研究では、身近にあるスマートフォンのアプリケーションと、活動量計・体重体組成計・血圧計などのデバイスを組み合わせて使用する。研究には自由に参加でき、デバイスは無償で提供される。

 活動量計・体重体組成計・血圧計などのデバイスやアプリの使い方については、スタッフが分かりやすく教えてくれるので、初心者や高齢の人でも無理なく研究に参加することができる。
「七福神」が糖尿病の重症化予防を助ける
 研究では具体的に、スマートフォンアプリを日常的に使用している2型糖尿病患者2,000人を研究対象にし、そのうち1,000人の患者に「七福神アプリ」を使用してもらう。研究を1年間行い、HbA1cの変化を比較する。

 さらに、介入群は、「七福神アプリ」により日々の健康情報にもとづいたメッセージを受けることで、血糖コントロールの改善効果を検証する。

 「七福神アプリ」とは、あいち健康の森健康科学総合センター(津下一代センター長)が経済産業省の「IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業」の結果にもとづき、バージョンアップして開発したスマートフォン専用アプリケーション。

 まず患者は、自分のスマートフォンに、「七福神アプリ」に加えて、測定機器のデータを連動する専用アプリをダウンロードする。患者には通信機能のある血圧計と体重体組成計、活動量計が無償で提供される。専用アプリでこれらの機器を登録し、測定データを無線で転送・記録できるようにする。
無理なく治療を継続 七福神が励ましてくれる
 測定データは「七福神アプリ」に連動する。アプリでは、患者が食事や運動をよりよく自己管理できるようにするために、七福神のキャラクターが測定データをもとに励ましのメッセージを呼びかける。

 週2回の応援メッセージを表示するほか、4週間ごとに測定値の平均と目標値との差分などをまとめたサマリーも表示する。測定しない日が続くと、アラートを通知し、脱落を防止する。

 「七福神」のそれぞれのキャラクターには担当があり、測定値や記録により褒めたり喜んだり、時に悲しんだりする。たとえば働き者の恵比寿は歩数の管理、少しお腹の出た布袋尊は体重管理など、測定状況に応じて表情などを変えながらコメントする。
身近なスマホを使った自己管理 医療者にもメリットが
 参加者はスマートフォンを使って、日々の健康情報をセルフモニタリングする。アプリは使い勝手が良く、初心者でも使いやすいように工夫されている。メッセージを定期的に受信することで、自然に糖尿病の人の行動の変化を促し、HbA1cを改善する効果が期待されている。

 週2回届く七福神からメッセージは多彩だ。頑張って効果が出れば「がんばっておられて、うれしゅうございます」と褒めてくれるし、運動を少しさぼった時は「もう少し動かんと体力が落ちるぞ」と激励してくれる。

 毎日の健康管理に伴走してくれるので、楽しみながら続けられる仕掛けになっている。実証研究では、アプリを利用した群では、3ヵ月後、6ヵ月後までのHbA1cの変化量が有意に改善した。

 「七福神アプリ」のデータは、専用クラウドにも転送され、医師や保健指導者が遠隔で患者の様子を確認することもできる。

 医師は提供された健康データや指導者用サマリーレポートにより、診察日と診察日の間の健康状態、生活態度を簡便に把握することができるようになる。
新たな保健指導の方法を開発
 特定健診・保健指導の調査によると、特定健診で受診を勧められても、病院に行かない人の割合は約50%(2,790万人)に上る。積極的に治療を受ける患者の割合は低く、早期発見・早期治療が十分に実施されていない。

 糖尿病の人の生活背景を把握するために人手や時間を必要とするため、多くの医療機関で常に行えるわけではない。そこでIoTを活用することで、糖尿病患者の重症化を防げる可能性がある。

 「健診データとウェアラブル端末から得られた活動量や体重、血圧などの数値や、スマートフォンのアプリから受け取るメッセージによって、糖尿病の方の行動の変化やHbA1cなどの改善を得られるかを検証します。研究で得られたデータを新たな保健指導の方法の開発に活用するなど、データとして広く活用する手法も検討します」と、国立国際医療研究センター糖尿病研究センター長の植木浩二郎氏は言う。

各地で「PRISM-J」の説明会を開催  説明会が全国各地で開催され、「PRISM-J」の参加方法などが詳しく説明されている。参加しようか迷っている人には、説明会で研究担当者が相談に対応する。説明会に参加するためには、事前の申込みが必要だ。  8月の開催については、2日(木)にTKP東京駅日本橋カンファレンスセンターで、6日(月)にTKP札幌ホワイトビルカンファレンスセンターで、7日(火)に三菱総合研究所で、20日(月)にTKP仙台カンファレンスセンターで、21日(火)にTKP浜松アクトタワーカンファレンスセンターで、23日(木)にTKP東京駅日本橋カンファレンスセンターで、27日(月)にTKP熊本カンファレンスセンターで、28日(火)にTKPガーデンシティPREMIUM博多駅前で、それぞれ開催される。

 「PRISM-J」説明会の今後の日程は、下記ページで詳しく紹介されている。

 説明会が全国各地で開催され、参加方法などが詳しく説明されている。
IoTの活用が行動を変えるきっかけに
 この臨床研究「IoT活用による糖尿病重症化予防法の開発を目指した研究(PRISM-J)~2型糖尿病患者におけるIoT活用の行動変容と血糖改善効果の検証~」は、国立国際医療研究センターが日本医療研究開発機構(AMED)の2017年度「IoT等活用生活習慣病行動変容研究事業」の採択を受け、実施されている。

 日常行動を変えるために、IoTを役立てる試みははじまったばかりだ。成功すれば、IoTの活用が行動を変えるきっかけになり、糖尿病治療を良好に続けられ、糖尿病合併症を防ぐための大きな手助けとなるだろう。

 研究方法や参加条件など、研究についての詳細な情報が公開されている。
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2019年11月20日
なぜ漢方便秘薬は効くのか 腸の水分分泌メカニズムを解明 便秘以外にも応用
2019年11月13日
女性が妊娠中に味噌汁を飲むと子供の睡眠不足が減る 親の腸内細菌叢は子供に受け継がれる
2019年11月13日
11月14日は世界糖尿病デー ウォーキングで世界につながろう 糖尿病の半分以上を予防できる
2019年11月12日
がん患者の食事の悩みを解消するサイトを公開 料理教室と連携しレシピを作成 国立がん研究センター
2019年11月12日
インフルエンザシーズン到来にそなえて 感染前の最後の砦「のどバリア」を高める習慣とは
2019年11月12日
認知症の原因は酸化ストレス 新開発の抗酸化サプリメントで認知症を予防 岡山大が臨床試験で実証
2019年11月06日
【申込開始】あらゆる世代・分野の健康づくりをサポート 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2020年版」 
2019年11月06日
肥満やメタボに対策し「フレイル」を予防 心身の活力低下を防ぐ3つの条件とは
2019年11月06日
腸内細菌が内臓脂肪に影響 内臓脂肪の少ない人に多い菌が判明 健診のビッグデータを分析
2019年11月06日
妊娠中の長時間労働や夜勤が健康リスクに 全国の約10万人の女性を調査 エコチル調査
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 9,332 人(2020年04月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶